FGO

2部5章

2部5章後編『星間都市山脈オリュンポス』の感想・解説

FGO2部5章星間都市山脈オリュンポスで◯節の進行度◯で何が起こったかをまとめています。(スクショ取り忘れた時とかあのシーンどこだっけ?ってなった時に便利)
FGO2部

異星の神の正体と目的についての考察

セイバーウォーズ2(以下SW2)のストーリーから異星の神の正体と目的について考察した記事です。 異星の神の使徒の人選、異星の神と空想樹の関係についても触れています。
2部5章

2部5章星間都市山脈オリュンポスの予習と考察

3月下旬〜4月に2部5章星間都市山脈オリュンポスが配信される可能性を見越しての予習と考察です。 ⇒4月予定でした〜。 コロナ収束してなくても配信延期にならなかったよかったね(?)
FGOアニメ

『Fate/Grand Order 絶対魔獣戦線バビロニア』第20話「絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ」感想・解説

第20話「絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ」はティアマトが生み出した十一の子供、ビーストのネガスキル、幼年期の終わりについてです。
FGOアニメ

『Fate/Grand Order 絶対魔獣戦線バビロニア』第19話「絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ」感想・解説

第19話「絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ」はキングゥが天の鎖でティアマトの体を縛り付け、冥界に落とされたところでついにティアマトに『死』の概念を付与するために冠位サーヴァントである山の翁が現れました。
2部5章

神代における『循環』の理と西暦以降の『消費』の理について

神代は『循環』の理で西暦は『消費』の理で回っていたといわれていますが、 神代(循環)=円環的時間、西暦(消費)=直線的時間に置き換えることができるのではないかという考察をしていきます。
1.5部

続・ルチフェロなりしサタンの正体について考察する

前回ルチフェロなりしサタンについての考察記事を上げましたが、後で書き忘れていたことや気付いたことがあったので以下に書いておきます。今後新しい発見があった時はこの記事をプラッシュアップしていきます。
FGOアニメ

『Fate/Grand Order 絶対魔獣戦線バビロニア』第18話「原初の星、見上げる空」感想・解説

第18話「原初の星、見上げる空」は牛若丸オルタとの対決、対にティアマトとの本格対決…という回でした。神代との決別3段階『衰退』『決別』『契機』、西暦以降の魔力について書いていきます。
1.5部

ルチフェロなりしサタンの正体について考察する

1.5部「英霊剣豪七番勝負」で妖術師とキャスター・リンボが崇拝していたルチフェロなりしサタンとは一体何者なのか、ルシファーとサタンはなぜ同一視されるようになったのか?サタンの目的とは…?ルチフェロなりしサタンの正体について考察していきます。
FGOアニメ

『Fate/Grand Order 絶対魔獣戦線バビロニア』第17話「会議は踊る」感想・解説

第17話「会議は踊る」はついにティアマトを倒したかと思ったらそれは頭脳体で、本体が海中から上がってきてしまいます。『死』の概念を持たず、生命のある場所では絶対に死なないティアマトを倒すには、冥界の力が必要…という話でした。