文学 資料室

続古事談 安倍晴明と賀茂光栄 現代語訳 巻第五 一三(一三三)

続古事談ぞくこじだん』は鎌倉時代初期の説話集。

内容

まだ世間に名を輝かせる前、大舎人だった晴明は笠を被って勢多橋へ歩いていった。

慈光は晴明を見て、陰陽道を究め達人となる者だと悟り、そのことを彼に伝えた。
晴明は陰陽師具コウのもとへ弟子入りを志願したが、断られてしまった。

また、晴明が賀茂保憲のもとを訪ねると、保憲は晴明の才能を見抜いて弟子に迎えた。

晴明は術法には長けていたが、勉学においてはそれほどでもなかったという。

晴明が保憲の子光栄みつよしと議論をしていて「保憲は生前、光栄を私より上に立たせることはなかった」と晴明が言うと、
「愛弟子と実の子とでは、違うのですよ」と光栄が言った。

晴明が「保憲は陰陽道にまつわる数多の書物を私に教えてくれたが、そなたには伝えなかった。これがその証だ」と言うと、光栄も
「それらの書物は、私の手元にあります。それから、父は私に暦道を教えてくれました」と言い返した。

晴碧花園 - にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

安倍晴明を大河ドラマに
安倍晴明関係の年表
安倍晴明関係の説話一覧
安倍晴明ゆかりの地
陰陽師たちの活動記録
Twitterをフォローする
平安時代について知る
TOPページに戻る
購読する
follow us in feedly rss
SNSで共有する