陰陽道

【年表】安倍晴明の時代より前の陰陽師たちの活動記録

陰陽師が登場するまで

継体天皇七年(513)

6月 五経博士が派遣されてくる

継体天皇七年(513)6月、百済から五経博士として段楊爾(だんように)が日本に派遣されてきた。(『日本書紀』)

継体天皇十年(516)

9月 五経博士の交代

継体天皇十年(516)9月、新しく派遣されてきた五経博士の漢高安茂(あやのこうあんも)が段楊爾と交代した。(『日本書紀』)

欽明天皇十四年(553)

6月 百済に医博士・易博士・暦博士らの交代を要請

欽明天皇十四年(553)6月、朝廷は百済に対し医博士・易博士・暦博士らの交代と、卜書・暦本や諸々の薬物を送るよう要請した。(『日本書紀』)

欽明天皇十五年(554)

2月 諸々の博士が来日

欽明天皇十五年(554)2月、五経博士の固徳馬丁安(ことくめちょうあん)の後任として王柳貴が派遣されてきた。さらに、易博士施徳王道良・暦博士固徳王保孫・医博士奈率王有陵陀・採薬師施徳潘量豊・同固徳丁有陀らも来日した。(『日本書紀』)

推古十年(602)

10月 百済僧が諸々の学習書を持ってくる

推古十年(602)10月、百済僧観勒が来日し、暦本・天文地理書・遁甲方術書を持ってきた。朝廷は書生を選抜し、これらの書を学ばせた。暦本は陽胡史玉陳(やこのふひとたまふる)、天文地理書・遁甲方術書は大伴村主高聡、その他の書は山背臣日立が学んだ。

活動年表

天武天皇四年(675)

この年、天武天皇が天体観測を行うための占星台を建てた。天皇は天文・遁甲に通じていた。天皇が大海人皇子であった頃、壬申の乱において黒雲が流れてきたときに自ら式占を行った。占いの結果は、皇子の勝利を示していた。(『日本書紀』-天武天皇)

陰陽寮などが天武天皇に珍宝を献上する

天武天皇四年(675)1月1日、陰陽寮は外薬寮(後の典薬寮)などとともに薬や珍宝を天武天皇に献上した。(『日本書紀』)

天武天皇が占星台を建てる

天武天皇四年(675)1月5日、天武天皇は初めて占星台を建てた。天体を観測し、吉凶を占うための施設である。(『日本書紀』)

天武天皇十三年(684)

陰陽師が都を造営する地を占う

天武天皇十三年(684)2月28日、陰陽師(詳細不明)は浄広肆広瀬王・大伴安麻呂・判官・録事・工匠らとともに畿内に遣わされ、都を造営するのに適した場所を視察して占った。(『日本書紀』)

朱鳥元年(686)

1月13日 陰陽師が食事と禄を賜る

朱鳥元年(686)1月13日、陰陽師・博士・医師など合わせて二十余人が食べ物と禄を賜った。(『日本書紀』)

6月2日 陰陽師が爵位を授かる

朱鳥元年(686)6月2日、陰陽師・工匠・侍医・大唐(中国)の学生と1~2人の官人、合計34人が爵位を授かった。(『日本書紀』)

大宝元年(701)

大宝律令制定により陰陽寮が発足

大宝元年(701)、大宝律令が制定され、陰陽寮が発足した。

こちらもCHECK

陰陽寮の仕事内容と人員構成

陰陽寮とは、中国から伝わった天文や暦、陰陽五行を用いて吉凶を占う役所である。大宝元年(701)に大宝律令が制定されたことにより、唐の太史局(暦・天文・漏刻を取り扱う)と太卜署(卜占・方術を取り扱う)の ...

続きを見る

養老五年(721)

1月27日 陰陽に詳しい大津連首らが褒賞を授かる

養老五年(721)1月27日、以下の詔があった。

「文人と武士は、国家の重んずるところである。医術・卜筮・方術は昔も今も貴ばれる。百官の中で学業を深く修し、模範とすべき者には特別に褒賞を与え後生を励ましたい」。
これによって、様々な分野において優れた者が褒賞を授かった。その中には、陰陽に詳しい従五位上大津連首・従五位下津守連通・王仲文・角兄麻呂(ろくのえまろ)・正六位上余秦勝・志我閉連阿弥陀もいた。(『続日本紀』)

天平二年(730)

3月27日 陰陽などの学業において弟子を取らせる

天平二年(730)3月27日、太政官が以下のように申し上げた。

「大学の生徒の中には、年月を経ても学業を習うことに浅く、広く伝えていない者がおります。まことに家が貧しくて学資を出せないのであれば、学問を好んでも志を遂げることはできません。聡明で学業に優れた者を十人以下五人以上選び、もっぱら学問に精進させ、後に続く者たちへの善い誘いにしたいと思います。よって、夏・冬の衣服ならびに食料を支給していただけないでしょうか。
また陰陽・医術及び七曜・頒暦などは国家において重要な学問です。これらの学問が廃れたり、欠けたりするようなことがあってはなりません。ただ、諸博士を見ると高齢で老衰しております。もし教授しなければ、おそらく学業は絶えてしまうでしょう。そこで、吉田連宜・大津連首・御立連清道・難波連吉成・山口忌寸田主・私部首石村・志斐連三田次ら七人にそれぞれ弟子を取り、学業を習わせたいと思います。その際の衣服・食料は大学生に准じて支給します。生徒の人数は、陰陽・医術を各三人、七曜・頒暦を各二人とします」。

天平四年(732)

8月17日 道ごとに陰陽師が配置される

天平四年(732)8月17日、従四位上多治比真人広成を遣唐大使とした。従五位下中臣朝臣名代を副使とした。判官四人・録事四人。正三位藤原朝臣房前を東海・東山二道の節度使とした。従三位多治比真人県守と山陰道の節度使とした。従三位藤原朝臣宇合を西海道の節度使とした。道ごとに判官四人・主典四人・医師一人・陰陽師一人を配置した。(『続日本紀』)

天平九年(737)

12月23日 高麦太が陰陽頭兼陰陽師に任じられる

天平九年(737)12月23日、外従五位下高麦太(こうのばくた)が陰陽頭兼陰陽師に任じられた。(『続日本紀』)

天平十年(738)

5月24日 高麦太が伊勢大神宮に派遣される

天平十年(738)5月24日、右大臣正三位橘宿禰諸兄と神祇伯従四位下中臣朝臣名代、右少弁従五位下紀朝臣宇美、陰陽頭外従五位下高麦太を遣わし、神宝を伊勢大神宮に奉らせた。(『続日本紀』)

天平勝宝元年(749)

8月10日 別公広麻呂が陰陽頭に任じられる

天平勝宝元年(749)8月10日、従五位下別公広麻呂(わけのきみひろまろ)が陰陽頭に任じられた。(『続日本紀』)

天平宝字元年(757)

8月23日 陰陽寮などが田を支給される

天平宝字元年(757)8月23日、孝謙天皇は次のように勅した。「(前略)また、天文・陰陽・暦算・医針などの学問は国家にとって重要なものである。そこで、それぞれの部門に公廨田(くげでん)を設け、諸々の学生の供給に用いることにする。大学寮は三十町、雅楽寮は十町、陰陽寮は十町、内薬司は八町、典薬寮は十町。」。(『続日本紀』)

11月9日 陰陽寮学生の教科書が定められる

天平宝字元年(757)11月9日、孝謙天皇によって陰陽寮などの学生の教科書が定められた。天文生は『天官書』『漢書天文志』『晋書天文志』『三色簿算』『韓楊要集』。陰陽生は『周易』『新撰陰陽書』『黄帝金匱(こうていきんき)』『五行大義』。暦算生は『漢書律暦志』『晋書律暦志』『大衍暦議』『九章』『六章』『周髀』『定天論』。

また、それぞれの学生は官職に任じられたら、支給された公廨田の稲の一年分を師に贈ることが定められた。このように師を尊ぶことによって、学問が末永く受け継がれると考えられたからである。(『続日本紀』)

天平宝字二年(758)

6月4日 太宰府の陰陽師が百済姓を賜る

天平宝字二年(758)6月4日、太宰府の陰陽師で従六位下余益人(あぐりのますひと)ら四人が百済朝臣の姓を賜った。(『続日本紀』)

8月1日 暦算生・天文生・陰陽生などで二十五歳以上の者に加階

天平宝字二年(758)8月1日、大学生・医針生・暦算生・天文生・陰陽生で二十五歳以上の者に位一階を授けることになった。(『続日本紀』)

8月25日 陰陽寮を大史局と改める

天平宝字二年(758)8月25日、淳仁天皇は次のように勅した。

「(前略)陰陽寮は陰陽・暦・天文など国家の重要なことを担い、大事を記録する。ゆえに、大史局と改める」。

11月26日 優秀な陰陽寮の生徒らが褒美を賜る

天平宝字二年(758)11月26日、内外の諸司で主典以上の者を朝堂院に召集し、饗宴を行った。主典以上と番上及び学生など六千六百七十余人にそれぞれの身分に応じた布・綿を与えた。明経・文章・明法・音・算・医・針・陰陽・天文・暦を深く学んでいる者など五十七人に絹糸を賜った。(『続日本紀』)

神護景雲元年(767)

8月16日 陰陽寮の叙位

神護景雲元年(767)8月16日、陰陽寮の員外助従五位下紀朝臣益麻呂が正五位下に叙された。
陰陽寮の允正六位上山上朝臣船主が従五位下に叙された。(神護景雲二年に初めて朝臣姓を賜っているが、位記に従ってこれを書く)
陰陽寮の員外允正六位以上の日下部連虫麻呂、陰陽寮の大属の百済公秋麻呂、天文博士の国見連今虫らが外従五位下に叙された。(『続日本紀』)

8月29日 紀益麻呂が陰陽頭、弓削薩摩が陰陽助に任じられる

神護景雲元年(767)8月29日、正六位下紀朝臣益麻呂が陰陽頭に任じられた。
従五位下の弓削宿禰薩摩が陰陽助に任じられた。(『続日本紀』)

9月16日 大津連大浦の天文・陰陽などの書が国の所有物となる

神護景雲元年(767)9月16日、日向国員外介従四位上の大津連大浦が解任となった。彼の持っていた天文・陰陽などの書を没収し、国の所有物とした。(『続日本紀』)

神護景雲三年(769)

8月19日 陰陽寮の叙位

神護景雲三年(769)8月19日、従五位下山上朝臣船主が陰陽助に任じられた。
外従五位下百済公秋麻呂が陰陽允に任じられた。(『続日本紀』)

宝亀元年(770)

2月15日 紀益麻呂が伯耆介を兼任

宝亀元年(770)2月15日、陰陽頭正五位下の紀朝臣益麻呂が伯耆介を兼任することになった。(『続日本紀』)

宝亀二年(771)

7月23日 大津連大浦が陰陽頭に任じられる

宝亀二年(771)7月23日、従四位上の大津連大浦が陰陽頭に任じられた。(『続日本紀』)

11月24日 陰陽・天文・暦算に通じている者が絹糸を賜る

宝亀二年(771)11月24日、親王以下五位以上の官人はそれぞれの身分に応じて絹糸を賜った。また、明経博士・文章博士・音博士・明法・算術・医術・陰陽・天文・暦術・貨殖・恪勤・工巧・武術に通じている者、合わせて五十五人が絹糸を賜った。(『続日本紀』)

宝亀三年(772)

4月20日 山上朝臣船主が甲斐掾を兼任する

宝亀三年(772)4月20日、陰陽助従五位下の山上朝臣船主が甲斐掾を兼任することになった。(『続日本紀』)

宝亀五年(774)

3月5日 大津連大浦が安芸守を兼任する

宝亀五年(774)3月5日、陰陽頭従四位上大津連大浦が安芸守を兼任することになった。(『続日本紀』)

宝亀六年(775)

5月17日 大津連大浦 卒去

宝亀六年(775)5月17日、従四位上陰陽頭兼安芸守大津連大浦が卒去した。大浦は、代々陰陽道を習う家系に生まれた。藤原仲麻呂は大浦に絶大な信頼を寄せ、事の吉凶を問うていた。大浦は仲麻呂が叛逆の謀に関わっていると知り、災いが自分の身に降りかかることを恐れて朝廷に密告した。程なくして、仲麻呂は反乱を起こした。その年(天平宝字八年)に大浦は従四位に叙され、宿禰の姓を賜り兵部大輔兼美作守に任じられた。ところが、天平神護元年、大浦は和気王の一味とされて宿禰の姓を取り上げられ、日向守に左遷された。さらに現職を解かれ、日向国に留め置かれた。宝亀の初めに罪を許され入京し、陰陽頭に任じられ、にわかに安芸守も兼任することになった。官職に就いたまま卒去した。(『続日本紀』)

宝亀七年(776)

3月6日 山上朝臣船主が天文博士を兼任する

宝亀七年(776)3月6日、陰陽頭従五位上山上朝臣船主が天文博士を兼任することになった。(『続日本紀』)

宝亀十一年(780)

3月17日 山上朝臣船主が甲斐守を兼任する

宝亀七年(780)3月17日、陰陽頭天文博士従五位上山上朝臣船主が甲斐守を兼任することになった。(『続日本紀』)

天応元年(781)

11月18日 陰陽に秀でた者が絹糸を賜る

天応元年(781)11月18日、明経・紀伝・陰陽・医家などの分野に秀でた者たちがそれぞれ絹糸を賜った。(『続日本紀』)

延暦元年(782)

2月7日 紀朝臣本が陰陽頭に任じられる

延暦元年(782)2月7日、従五位下の紀朝臣本が陰陽頭に任じられた。(『続日本紀』)

7月29日 陰陽寮が神祇官とともに災害や異変について占う

延暦元年(782)7月29日、右大臣以下、参議以上がともに奏上した。

「この頃、災害や異変が頻繁に発生し、妖しい兆候も見られています。よって亀甲と筮竹による占いを命じ、その由を占わせました。神祇官と陰陽寮がそれぞれ言上したことには『通常の国家の祭祀では恒例により幣帛を奉りますが、今の天下は喪に服しており吉凶が入り混じっております。そのため、伊勢大神及び諸神社は皆悉く祟りを為すのです』ということです。もし凶を除き吉に就かなければ、天皇はご病気になってしまうでしょう。」

8月9日 紀朝臣本らが光仁天皇の山陵を占う

延暦元年(782)8月9日、治部卿従四位上壱志濃王、左中弁従四位下紀朝臣古佐美、治部大輔従五位上藤原朝臣黒麻呂、主税頭従五位下栄井宿禰道形、陰陽頭従五位下紀朝臣本、大外記外従五位下朝原忌寸道永らと、六位以下の官人で陰陽を理解している者、合わせて十三人が大和国に遣わされ、光仁天皇の山陵とする地を視察して占った。(『続日本記』)

9月9日 栄井宿禰蓑麻呂が陰陽頭に任じられる

延暦元年(782)9月9日、正五位下栄井宿禰蓑麻呂が陰陽頭に任じられた。(『続日本紀』)

延暦二年(783)

延暦二年(783)1月4日、陰陽頭正五位下栄井宿禰蓑麻呂は今年で八十歳になる。天皇は詔を出して、絁(あしぎぬ)・麻布・米・塩を蓑麻呂に賜った。蓑麻呂は四書五経に通じており、清廉で慎み深い性格だと知られていたので、後輩の者たちに尊敬されていた。それゆえ、こうして褒美があったのである。(『続日本紀』)

延暦三年(784)

5月16日 陰陽助船田口らが遷都の地を占う

延暦三年(784)5月16日、勅によって中納言正三位藤原朝臣小黒麻呂、従三位藤原朝臣種継、左大弁従三位佐伯宿禰今毛人、参議近衛中将正四位上紀朝臣船守、参議神祇伯従四位上大中臣朝臣子老、右衛士督正四位上坂上大忌寸苅田麻呂、衛門督従四位上佐伯宿禰久良麻呂、陰陽助外従五位下船連田口らが山背国に遣わされ、乙訓群長岡村の地を視察して遷都に適した場所を占った。(『続日本紀』)

延暦四年(785)

1月15日 高橋朝臣御坂が陰陽頭に任じられる

延暦四年(785)1月15日、従五位下高橋朝臣御坂が陰陽頭に任じられた。(『続日本紀』)

延暦五年(786)

12月 路三野真人石守が父の姓について言上

延暦五年(786)12月(日付不明)、陰陽助正六位路三野真人石守は「我が父馬養には姓に『路』の字がありません。しかし今、石守だけに路の字が付いております。これを除いてください」と言上した。天皇はこれを許可した。(『続日本紀』)

延暦九年(790)

3月26日 藤原朝臣菅嗣が陰陽頭を兼任する

延暦九年(790)3月26日、左京大夫従四位下藤原朝臣菅嗣が陰陽頭を兼任することになった。(『続日本紀』)

延暦十年(791)

7月4日 藤原朝臣刷雄が陰陽頭に任じられる

延暦十年(791)7月4日、従五位上藤原朝臣刷雄が陰陽頭に任じられた。(『続日本紀』)

陰陽師が僧侶とともに崇道天皇の山陵を鎮謝

延暦十九年(800)、陰陽師(詳細不明)は僧侶たちとともに淡路国にある崇道天皇の山陵を鎮める儀式を行った。(『類聚国史』)

承和九年(842)

6月5日 陰陽寮が怪異について占う

承和九年(842)6月5日戊辰、仁明天皇は次のように勅した。
「まず陰陽寮に物の怪について占わせたところ、疫気があると奏上してきた。使者を伊勢大神宮へ遣わして奉幣し、災いを祓うための祈祷をさせるように」。(『続日本後紀』)

承和十年(843)

5月3日 陰陽寮が天変に謝す

承和十年(843)5月1日己丑、太陽に光がなく、終日回復しなかった。雲でもなく霧でもない黒い気が天に広がった。午後になって時々太陽が見えたが、日光の色は黄みのかかった赤色であった。(『続日本後紀』)

同年5月3日辛卯、陰陽寮は神祇官とともに先日の天変を謝した。この日の午の刻、太陽が明るくはっきりと見えるようになった。(『続日本後紀』)

承和十四年(847)

1月12日 陰陽頭を故のままとする

承和十四年(847)1月12日己酉、従五位下藤原朝臣並藤を兼加賀守に任じ、陰陽頭は故とした。(『続日本後紀』)

承和十五年(848)

6月10日 陰陽寮が今秋の雨について奏上する

承和十五年(848)6月10日丁酉、仁明天皇は次のように勅した。
「陰陽寮が申して言ったことには、今年の秋は雨による被害があるという。もし予防しなければ、年穀が損害を受けるだろう。五畿七道の諸国に命じて明神に奉幣し、雨の被害を防ぐように」。(『続日本後紀』)

嘉祥二年(849)

2月25日 陰陽寮が疫病と洪水について奏上する

嘉祥二年(849)2月25日庚戌、陰陽寮が言上したことには「今年は疫病が流行するおそれがあり、また四、五月には洪水があります」という。仁明天皇は次のように勅した。
「年来、疫病に感染した人は往々にして早死している。それを防ぐためには神仏の威光が頼りであり、その救済は仏教の力に期する。五畿七道の諸国に命じて名神に奉幣し、併せて国分二寺及び定額寺において七日間に渡り、昼は経を転読し、夜は観音を拝むように。法のように修行すれば、必ずや感応があるだろう」。(『続日本後紀』)

仁寿三年(853)

12月8日 陰陽寮が害気を鎮めることについて奏言する

仁寿三年(853)12月8日、陰陽寮は「諸国郡及び国分二寺において、陰陽書法に基づき毎年害気を鎮めましょう」と天皇に申し上げ、承認された。(『日本文徳天皇実録』)

滋岳川人が祭礼を行う

貞観元年(859)8月、外従五位下陰陽権助兼陰陽博士滋岳川人らを遣わして、大和国吉野郡高山において祭礼を修させた。董仲舒祭法によると、虫が五穀を害しているときに清潔な場所で害虫駆除の祭礼を行うので、このことをおこなった。(『日本三代実録』)

貞観元年(859)

11月1日 御暦奏

貞観元年(859)11月1日、陰陽寮が来年の御暦ならびに頒暦を進め奉った。天皇はお出ましにならなかったので、内侍所に託して奏上した。(『日本三代実録』)

貞観九年(867)

1月26日 陰陽寮が鬼気祭の実施を奏言

貞観九年(867)1月26日、神祇官と陰陽寮は「天下に疫病の憂いがあります。よって、五畿七道の諸国において仁王般若経を転読し、鬼気祭を修しましょう」と申し上げた。(『日本三代実録』)

仁和四年(888)

12月25日 陰陽寮が官田を支給される

仁和四年(888)戊子、山城国・河内国・摂津国の三国の官田五十七町余を陰陽寮の官人以下諸生以上の月料として支給することになった。(『類聚三代格』)

仁和五年/寛平元年(889)

5月28日 陰陽寮が石清水八幡宮の怪異を占う

寛平元年(889)5月28日戊午、石清水八幡宮が自然に震動した。神祇官と陰陽寮が占筮して言ったことには「大病の慎みがあります」という。(『扶桑略記』)

寛平三年(891)

7月20日 常陸国史生と停めて陰陽師を置く

寛平三年(891)7月20日丁卯、常陸国の史生一員を停めて陰陽師を配置した。(『類聚三代格』)

寛平十年/昌泰元年(898)

5月1日 陰陽寮が干ばつを占う

昌泰元年(898)5月1日己巳、陰陽寮は神祇官とともに雨がふらないことについて御卜を行った。また、七社において名僧に金剛般若経を読経させ、甘雨を祈った。(『扶桑略記』)
右大将菅原道真朝臣を遣わして仰ったことには「国土に久しく雨が降っていない。陰陽寮と神祇官をめして御卜を奉仕させるように」と。(『祈雨記』)

延喜二年(902)

6月17日 陰陽寮が五龍祭を行う

延喜二年(902)6月17日辛卯、左大臣以下が陣に就き、祈雨により山陵使を定めた。また、祈雨により陰陽寮を召して今日から明日まで乾の方角において五龍祭を勤めさせることを仰せ下した。(『扶桑略記』)

延喜六年(906)

8月7日 陰陽寮が牛の怪異を占う

延喜六年(906)8月7日戊子、紀伊国が言上したことには「去る4月18日、牝牛が出産しました。体に黒い斑があり、一つの頭に二つの顔が相分かれていました。左の顔は短く、右の顔は長くなっていました」と。陰陽寮が怪異を勘申した。(『日本紀略』)

延喜十年(910)

7月1日 陰陽寮が異物を占う

延喜十年(910)7月1日戊子、大和国が言上したことには「6月21日の午の刻頃、郡院の西路の河辺に異物が棄てられていました。その形は子牛のような体の人間で、二つの耳がありませんでした」という。陰陽寮にこれを占わせた。(『日本紀略』)

延喜十五年(915)

6月24日 陰陽寮が五龍祭を行う

延喜十五年(915)6月24日癸丑、神泉苑において五日間に渡り阿闍梨観賢など僧二十口が請雨経法を修した。また、陰陽寮が甘雨を祈るために五龍祭を行った。(『日本紀略』)

8月17日 陰陽寮が鳥の怪異を占う

延喜十五年(915)8月17日乙巳、右中弁藤良基が外記を召して仰って言ったことには「昨日、鳥が時奏の杭をくわえて抜いた。陰陽寮に占わせるように」と。(『扶桑略記』)

延喜十七年(917)

12月17日 陰陽寮の漏刻の水が凍る

延喜十七年(917)12月17日壬戌、陰陽寮は時刻が変わったことを申さなかった。漏刻の水が凍結していたことによる。(『日本紀略』)

延喜二十年(920)

10月28日 陰陽寮が御卜を行う

延喜二十年(920)10月28日丙戌、承明門の東脇に納められている御匙辛櫃が三度振動した。そこで、陰陽寮に御卜を行なわせた。(『扶桑略記』)

晴碧花園 - にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

安倍晴明を大河ドラマに
安倍晴明関係の年表
安倍晴明関係の説話一覧
安倍晴明ゆかりの地
陰陽師たちの活動記録
Twitterをフォローする
平安時代について知る
TOPページに戻る
購読する
follow us in feedly rss
SNSで共有する