鎌倉時代

【源平合戦】山木兼隆館襲撃

【前回までのあらすじ】源頼政の敗北により、諸国に源氏追討令が下された。
頼朝は逆に平氏を追討しようと考え、諸国の源氏たちに手紙を出して呼び寄せることにした。
頼朝のもとに続々と御家人が集まってきた……。

山木兼隆を襲撃する

山木兼隆とは

山木(平)兼隆は元検非違使尉で、平氏重代の家人平信兼の子である。
治承三年(1179)父との関係が悪化したことによって検非違使を剥奪され、伊豆国・山木郷に配流された。
しかし治承四年(1180)6月、源頼政の死後、平時忠が頼政の知行国だった伊豆国の新たな知行国主となり、6月29日、伊豆守に平時兼が補任された。
平清盛の権威を借りて周囲の群郷に威光を振りかざすようになっていた。

イメージ画像

頼朝は平氏を討つため、まず兼隆を攻め滅ぼすことにした。

しかし、兼隆の居所は険しい場所にあり、人や馬の往来が大変な場所であったため、実情を探るために兼ねてから派遣していた藤原邦通を兼隆の館に向かわせた。
邦通は酒を交わし流行り歌を歌ったのを気に入った兼高は、邦通を数日間滞在させた。
これによって、邦通は兼隆館の至るところを絵に描くことができた。
その絵図は、まるでその場にいるかのように描かれていたという。

治承四年(1180)8月4日、邦通が帰ってきた。
頼朝は北条時政を人気のない場所へ招き、その絵図を置いて、軍勢が攻めてくる道や進軍上の注意点を指示した。

兼隆襲撃の日程を決める

治承四年(1180)8月6日、藤原邦通と佐伯昌長を呼んで卜筮が行われた。
占いの結果、8月17日の寅卯の刻を兼隆攻めの日時に決めた。

その後、頼朝に命を捧げる覚悟のある勇士を一人ずつ順番に部屋に呼び、「今まで口に出して言わなかったが、お前だけが頼りなのだ」と激励の言葉をかけた。
勇士たちはみな自分だけが頼朝に期待されていると喜び、勇敢に戦おうという気持ちになった。

激励の理由

家門の草創という大事な時期に、武士たちの心をひとつにするために考えてのことであった。
(しかし、重要なことは時政以外には知らされていなかった。)

頼朝に呼び出された武士たち
  1. 工藤茂光
  2. 土肥実平
  3. 岡崎義実
  4. 宇佐美助茂
  5. 天野遠景
  6. 佐々木盛綱
  7. 加藤景廉

治承四年(1180)8月12日、頼朝は来たるべき兼隆追討に向けて、岡崎義実・義忠に17日以前に土肥実平と共に参上するよう命じた。

佐々木定綱・渋谷重国の遅延

治承四年(1180)8月13日、定綱が一旦帰国することになった。
頼朝は引き止めたが、定綱が甲冑を付けて参上するというので帰国を認め、襲撃前日までには必ず戻ってくるよう命じた。

しかし、前日の16日になっても定綱は参上しなかった。
人数が少ないので、兼隆追討を延期しようかためらった。
18日は幼い頃から正観音を安置して殺生をやめているので、今になってこれに反することはできない。
19日は事が露見してしまう。
頼朝は重国と定綱に合戦の秘密を打ち明けたことを後悔した。

17日の未の刻になって、佐々木定綱・経高・盛綱・高綱の四兄弟が参上した。
定綱と経高は疲れた馬に乗っていて、盛綱と高綱は徒歩で来た。
洪水で遅れてしまったということだった。
頼朝は涙を浮かべながら「汝らが遅れたために今朝の合戦をすることができなかった。この遺恨は大きい」と言った。

山木兼隆の雑色を捕らえ、合戦を始める

兼隆の雑色は嫁が北条館の下女であったため夜な夜な通ってきたが、勇士たちが集まっているのを見て不審に思ってしまうと考えたので、安達盛長に仕える童子に捕らえさせた。
明日を待ってはいけないと考えた頼朝は、速やかに山木館に突撃するよう命じた。

時政は「三島社の神事のために多くの人々が来ているので、人通りの多い牛鍬大路ではなく蛭嶋通りを経由してはどうか」と提案した。
しかし、頼朝は「その通りだが、大事を始めるのに裏道を使うことはできない。それに、蛭嶋通りでは騎馬で行くことができない。だから、大道を使いなさい」と言った。

堤信遠を討伐

頼朝の軍勢は肥田原に到着した。
時政は馬を止めて定綱に「山木の北の方にいる堤信遠は兼隆の後見で優れた勇士である。兼隆と同時に誅しておかなければ、後々の煩いとなるだろう。佐々木兄弟は信遠を襲撃するように」と命じた。

佐々木兄弟は信遠の邸宅の後ろに回り込み、経高が前庭に出て矢を放った。
これが、平氏を討伐する源家の最初の一矢だったという。
定綱と経高は信遠を討ち取った後、時政の軍勢に加わった。

山木兼隆を討伐

その頃、頼朝は館の縁側に出て合戦の行く末を案じていた。
火を放った煙を確認させるために御廐の舎人・江太新平太を木の上に登らせたが、煙が見えなかったので、加藤景廉かげかど・佐々木盛綱・堀親家ちかいえらを呼んで合戦に加わるよう命じた。
頼朝は自ら薙刀を景廉に与え、兼隆の首を討ち取って帰るよう命じた。

三人は蛭嶋通りの堤を走って山木館に討ち入り、ついに兼隆を討ち取った。
館に火を放ち、全て燃えてしまった頃には朝になっていた。

帰ってきた武士たちは館の庭に集まり、頼朝は縁側で兼隆とその郎従の首をご覧になった。

参考資料

 

  • 上杉 和彦「源頼朝と鎌倉幕府」新日本出版社、2003年
  • リスト2
  • リスト3
  • この記事を書いた人

やみみん

FGOの考察ブログです。 妄想9割、真面目な考察が1割なので基本当たりません。 Twitter→ @yamimiin

-鎌倉時代
-

© 2021 源氏画報 Powered by AFFINGER5