コヤンスカヤとは何者なのか改めて整理する

スポンサーリンク
FGO2部

2部5章前編アトランティスで超人オリオンが冠位サーヴァントであったことが判明したため、オリュンポスにはビーストが顕現する可能性があります。
今回はオリュンポスにいるビースト候補として最有力候補のコヤンスカヤについて、今まで出てきた情報をまとめました。

先に言ってしまうと、コヤンスカヤは玉藻の前が修行によって得た尻尾を切り離したことによって生まれたアルターエゴ(タマモナイン)の一人・敏腕秘書タマモヴィッチです。

スポンサーリンク

コヤンスカヤがビーストだと言われる理由

『単独顕現』スキルを持っている

『単独顕現』というのは、ギルガメッシュも言っていたように本来であればビーストしか持っていないスキルです。
マーリンは自力で単独顕現を取得しましたが、マテリアルでもビーストしか持ち得ないスキルだと書かれています。

彼がサーヴァントとしてマスターに仕えるのは個人的な欲望の発散、ありていにいえば趣味である。彼はその趣味を実現させるため、ある特殊クラス(ビースト)しか持ち得ないこのスキルを自力で獲得し、サーヴァントとして召喚されるフリをしている。

FGO material Ⅳ より

フォウくんのことを”フォー君”と呼んでいた

2部序章でコヤンスカヤはフォウくんを「昔はどうたったか知らないけど、今じゃただの小動物」と言ったり、”フォー君”と呼んでいましたが、これはフォウ君がビーストⅣだったことを知っているからではないかと思われます。
また、フォウ君の”再学習”についても言及があったので、ビーストと関係があるのではないかと言われています。
ちなみにアトランティス時点でフォウくんはまだ”再学習”を終えておらず、獣としての力はまだ蘇っていません。

カイニスから『愛玩』のケモノと呼ばれている

2部2章においてコヤンスカヤはカイニスから”『愛玩』のケモノ”と呼ばれていました。
今までに判明している人類悪の理『憐憫』『回帰』『快楽(の中の『愛欲』)』『比較』のように『愛玩』も漢字二文字であることから、人類悪の理である可能性が高いです。

今の段階で判明していないビーストⅤ〜Ⅶの中でⅥはLが黙示録の獣、Rは大淫婦バビロンで枠が埋まっています。また、ラスボス的存在と思われる”終局の獣”ビーストⅦでもなさそうなので、消去法でⅤの理が『愛玩』ではないかと思われます。
『愛玩』がビーストⅢのように大我と小我で分かれているのか(『快楽』の中の『愛欲』のような)は現時点では不明です。

超人オリオンが魔性・猛獣特攻スキルを持っている

実はグランドアーチャーだった超人オリオンのスキル1『獣性の豪腕』は〔猛獣と魔性〕特攻状態を付与する効果があります。
コヤンスカヤは猛獣(巨大な狐)で魔性(妖怪)なのでオリオンの特攻が入ります。

また、オリオンは狩人ですがコヤンスカヤの大元の玉藻は破魔の矢を受けて退治されています。
なので二重の意味で特攻が入るわけです。

玉藻の前の大元・金色白面が人類悪

玉藻の前の大元である金色白面「ただそこにあるだけの人類悪」を自称しています。
金色白面とは

  • 九つの尾の神霊
  • 太陽を擬神化したもの
  • やさぐれた天照大神

ただ、玉藻が九尾になっても金色白面の姿になるわけではないので、コヤンスカヤが”新しい九尾”になっても金色白面そのものになるわけではなさそうです。

玉藻のアルターエゴ・タマモナインとは

タマモナインとは、修行によって九尾となった玉藻が元の一尾状態に戻るために切り離した八本の尾がそれぞれに自我を持ち英霊となったものです。

それぞれの国で主義主張、フェチズムと弱点属性・有利属性は違いますが、貴様ら市民に選択の自由はない!
我々は宣言する!徹底した管理のもと、おもしろおかしく毎日を演出すると!

Fate/EXTRA CCC キャスターED より

大元の玉藻を含めて”タマモナイン”なので、実際には玉藻のアルターエゴは8人しかいません。

今のところタマモナインは8人中6人の詳細が判明しています。

  • 高級品嗜好のタマモグッチ
  • マイホーム至上主義のタマモデルモ
  • 野生の獣タマモキャット
  • 敏腕美人秘書タマモヴィッチ
  • お姫様日和なタマモノヒメ
  • 不思議ちゃんタマモアリア

コヤンスカヤの真名はタマモヴィッチ・コヤンスカヤなので、タマモナインの敏腕美人秘書タマモヴィッチにあたります。

タマモナインは虚数空間と関わりがある

タマモナインは、玉藻が尾を虚数空間に落とすことによって切り離されています。

……実は、その。
ご主人さまを取り戻すためには、九尾になる必要があってですね?
レベルアップを重ね、厳しい仙人修行もサクッと終え、私は九尾状態に。
その甲斐あってムーンセルを征服しました。
したのですが……そこで私は問題に気づいたのです。
”この尾っぽ、どうしよっかなー?”と!
ですが時既に遅し。ご主人さまと再会した事でそれぞれの尾が権利を主張しだしまして。
私はそっと尾を切り離し、虚数空間にたたき落としました。
ですが、それがいけなかったのでしょう。
それはボスになって帰ってきた。
それが彼女たちー人呼んでアルターエゴ・タマモナインです!

Fate/EXTRA CCC キャスターED より

実は、今までに登場したビーストたちは皆この虚数空間との関わりがあります。

ビーストⅠのゲーティアは宝具『戴冠の時きたれり、其はすべてを始めるもの(アルス・パウリナ)』によって、虚数空間に時間神殿をつくりました。

第二宝具。時間神殿ソロモン。『FateGO』第一部ラストステージ。
魔力に変換された人類史を集め、たばねる空間。
通常の時間流とは隔絶した虚数空間に存在する。

FGO material Ⅳ より

ビーストⅡのティアマトは、生態系が確立されてから不要物として虚数空間に追放されていました。

生命を生み出す土壌として使われたが、地球の環境が落ち着き、生態系が確立されてからは不要なものとして虚数世界(裏側の世界。並行世界ですらない、生命のない虚数空間)に追放された”母なる海”とする。

FGO material Ⅳ より

ビーストⅢ/Rの殺生院キアラがいたCCC世界(月の裏側)は虚数空間でした。

キアラは数多ある並行世界から最も優れた自分を見つけ出し、融合。
CCC世界の虚数事象をFGO世界に持ち込み、自らの体をSE.RA.PHにし、サーヴァントたちを栄養源にする事で成長。

FGO material Ⅴ より

悪性情報ー人類、ひいては知的生命体にとって害にしかならないものーとカテゴライズされたデータをひたすら飲み込む虚数空間である。

Fate/EXTRA material 『月の裏側』より

また、ビーストⅢ/Lのカーマ/マーラの依代となった桜は虚数魔術を扱うことができました。

なので、虚数空間にたたき落とされたタマモナインもまたビーストになる可能性があります。
(あくまでも”可能性”なので、虚数空間に関係があるからといってビーストになるとは限りません)

傾国モードになると一人称が「妾」になる!?

2部4章でコヤンスカヤの一人称が「妾」になったくだりがありましたが、

たかだかサーヴァント一騎でを潰そうなどと、怒りを通り越して悲しくなるわ。
傾国モードの時の玉藻(FGOでは見られませんが)も一人称が「妾」になります。
の許しなく口を挟むとは何事か。我が主が目覚めた祝いの日でなければその舌、ちぎった後に豚にでも食わせているぞ?
また、金色白面の一人称も「妾」です。
はただそこにあるだけの人類悪。神とはそこにあるだけの時勢、現象じゃ。
なので、ビーストとして顕現したら所謂「傾国モード」的な口調になると思われます。

コヤンスカヤの人類愛

弱者を踏みにじるのが人類愛の一部

人間嫌いを自称しているコヤンスカヤですが、2部1章でラスプーチンが彼女の人類愛について言及しています。

アレはある意味、人類を愛している。弱者を追い詰め、あざ笑い、踏みにじるのはその一環だ。
また、玉藻の傾国モードというのが
私は傾国の美姫。
国あらばこれを荒らし、民あらばこれを弄ぶ。その本性には抗えませぬ故。
ここでカイニスから言われていた『愛玩』ですが、
大切にしてかわいがること。また、おもちゃにして慰みとすること。
なので、人類を弄ぶ=『愛玩』の理になると思われます。

ギリシャ異聞帯では伝承に左右されずに尾を出せる

コヤンスカヤの目的はオリジナルに引っ張られない「新しい九尾(ケモノ)」になることです。
始皇帝から”妲己”と呼ばれたことや、インドではオリジナルに近づいてしまうので尾を出せないという発言からも、コヤンスカヤの大元である玉藻は中国では妲己、インドでは華陽夫人に化けていたので伝承と関わりのある場所で尾を出せないのだと考えられます。
なので「新しい九尾」としてタマモナインの枠から外れた獣になりたいのだろうと思います。
(中国では妲己の他に夏王朝の末喜、周王朝の褒姒にも化けている)

一方、ギリシャ異聞帯は玉藻の伝承とは無関係なので、オリジナルに引っ張られずに尾を出せるわけです。
ギリシャ異聞帯におけるコヤンスカヤはオリュンポスでポリスの監視をしていますが、オリュンポスで新しい九尾になるのかもしれません。

ギリシャの神性と融合して新しい九尾になるのか、新しい九尾として顕現したら天照大神とは無関係になるのかは不明です。

ちなみにロシア異聞帯で活動していたNFFとは「Nine Fox Foundation」の略で「Nine Fox」=「九尾の狐」となります。