源平合戦

no image

平安時代

十月宣旨

2021/9/18    ,

寿永二年(1183)10月14日、後に寿永二年十月宣旨と呼ばれる宣旨が発布された。 この宣旨は東海道・東山道・北陸道の三道の治安を安定させるため、源頼朝に国衙在庁を指揮する権限を与えるというものであっ ...

平安時代

南都焼討

2021/8/29    

近江国の反乱情勢が平氏にとって好転していき、最大の反平氏勢力は多くの悪僧がいて兵士すら組織している興福寺にほかならなかった。 南都焼討 南都興福寺の衆徒が蜂起 12月、南都興福寺の衆徒が蜂起した。源氏 ...

no image

平安時代

福原遷都

2021/8/19    

治承四年(1180)6月2日早朝、平清盛は安徳天皇をはじめ高倉上皇と後白河院、藤原基通とともに福原へ向かった。 これは福原にある平氏一門の別邸に天皇たちが移動し、それから福原の南方に隣接する和田に新都 ...

平安時代

壇ノ浦の戦い

2021/9/1    

壇ノ浦の戦い 追い詰められた平氏 平氏一門は讃岐国塩飽荘まで逃れたが、源義経の攻撃を受けて安芸国厳島に逃れたという噂が流れた。(『玉葉』3月16日条) 翌日には平氏が備前国小島、伊予国”五ヶ島”に移っ ...

平安時代

屋島の戦い

2021/8/31    

4月29日、源頼朝は使節として中原親能を上洛させ、土肥実平・梶原景時へは兵船を整えて、6月海上の天候が穏やかな時期に合戦を行うよう命じた。 平氏の拠点となっていた屋島の陥落により、平氏は制海権を失い最 ...

平安時代

一ノ谷の戦い

2021/6/6    

寿永三年(1184)1月21日、平氏追討の方針を話し合うために院御所評定が開かれたが、三種の神器が平氏の手元にある以上、神器の返還を優先すべきだという主張も多かった。評定の結果、26日に朝廷は頼朝へ平 ...

平安時代

鵯越の逆落とし

2021/6/6    

鵯越ひよどりごえは兵庫県神戸市須磨区の鉄拐てっかい山にあるにある山路である。 合戦の経過 鵯越に至った背景 三草山の戦いに勝利した義経は一万騎の軍勢を二手に分けた。三千騎の指揮を土肥実平に取らせて山陽 ...

© 2021 源氏画報 Powered by AFFINGER5