哲学

2部5章

神代における『循環』の理と西暦以降の『消費』の理について

神代は『循環』の理で西暦は『消費』の理で回っていたといわれていますが、 神代(循環)=円環的時間、西暦(消費)=直線的時間に置き換えることができるのではないかという考察をしていきます。