鎌倉時代

曽我兄弟の仇討ち

『吾妻鏡』の記録

富士の夜襲

建久四年(1193)五月二十八日、子の刻に故伊東次郎祐親法師の孫の曽我十郎祐成・同五郎時致が富士野にある神野の旅館に押しかけ、工藤左衛門尉祐経を殺害した。

また、備前国住人で吉備津宮の王藤内という者も祐経とともに殺害された。
王藤内は平家の家人瀬尾太郎兼保に味方したために囚人として召し置かれていたが、祐経を介して誤りはないと陳謝したので、本領を返してもらい帰路に着いていた。ところが、やはり祐経の志に報いようと思って戻ってきたので、同じ宿で祐経と酒を飲んで談笑していたところを襲われたのである。

この時、祐経・王藤内の相手をしていた遊女らが悲鳴を上げ、曽我兄弟が父の敵を打ったと大声で叫んだので、大騒動となった。
祐成は新田四郎忠常によって討ち取られた。時致は頼朝に襲いかかったが、左近将監大友能直が押し留めた。この間に小舎人童五郎丸が時致を搦め捕った。
時致の身柄は大見小平次に預けられ、事態は収まった。和田義盛梶原景時が祐経の死骸を検視した。

時致、尋問を受ける

建久四年(1193)年五月二十九日、辰の刻に曽我五郎時致が御前の庭に召し出された。
頼朝が狩野介宗茂と新開荒次郎実重を通じて夜襲の理由を尋問したところ、時致が怒ってこう言った。
「祖父伊東祐親法師が殺害された後子孫が零落したので、(頼朝の)側に行くことは許されないとはいえ、最後の所存を申すについては直接言上したい。早く退け」
頼朝は思うところがあり、事情を直接時致に聞いた。時致は言った。
「工藤祐経を討つことは父の死骸の恥をすすぐためであり、ついに私の鬱憤の志を果たせました。(曽我)祐成は九歳から、時致は七歳から常に復讐の思いを抱き、片時も忘れたことはありません。そしてついに仇討ちを果たしました。
次に御前に参りましたことについては、祐経がただ(頼朝の)ご寵愛を受けていたからというだけではなく、祖父祐親が(頼朝の)御勘気を受けておりました。あれこれと恨みがありましたので、(頼朝に)拝謁を遂げた上で自害するためでした」

これを聞いた人々は、皆感嘆した。
次に、新田忠常が祐成の首を持参した。時致に見せたところ、間違いないということだった。
頼朝は時致を許すべきかためらったが、祐経の息子犬房丸(後の祐時)が泣いて訴えたので、時致の身柄を渡した。
犬房丸は鎮西中太という男にそのまま梟首させたという。

この兄弟は、祐親の嫡子河津三郎祐泰の息子である。
祐泰は安元二年(1176)十月頃に伊豆の奥の狩場で思いがけず矢に当たって命を落としたが、これは祐経の仕業であった。
この時祐成は五歳、時致は三歳だった。
二人は成人した後で祐経のしわざだと知り、宿意を遂げたのである。

また、曽我兄弟は最後に書状を母に送っていた。
そこには、幼い時から父祐泰の敵を討ちたいと思っていた内容がすべて書かれていた。頼朝は涙を拭いながらこれを読み、末永く文庫に納め置いたという。

曽我兄弟の狼藉が世間に知れ渡りたくさんの人々が馳せ参ったので、諸国は騒然となった。

祐成らの勇敢な姿に感動した頼朝は、彼らの継父曽我太郎祐信に兄弟の菩提を弔うよう命じた。

髭切・膝丸の再会

『平家物語』剣巻では、建久四年(1193)五月二十八日の夜、曽我兄弟が工藤祐経を討ち取った刀こそ源義経が箱根権現に寄進した膝丸であった。
その後、膝丸は頼朝のもとに召し上げられた。

髭切・膝丸の二つの名剣は源満仲が八幡大菩薩から賜った源氏重代の刀であるから、一度離れ離れになっても巡り巡って鎌倉殿の元に返ってきたのは誠にめでたいことであった。

曽我兄弟ゆかりの地

曽我神社

箱根神社の境内にある。
鎌倉時代、箱根権現の稚児であった弟・時致と兄・祐成の霊を鎮めるために立てられた祠が起源となり、江戸時代に小田原城主・稲葉正則によって造営された。
宝物殿には曽我兄弟ゆかりの宝剣である赤木柄短刀、微塵丸、薄緑丸が収蔵されている。

5月28日には、兄弟が工藤祐経の館を目指す様子を再現した傘焼神事が行われる。

☎0460-83-7123(箱根神社)
住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80−1 箱根神社境内
休業日:無休
営業時間:拝観自由
入場料:無料

(俗称)曽我兄弟の墓

永仁三年(1295)に建てられた元箱根の精進池周辺にある元箱根石仏群のひとつ。
高さ約2.5メートルの五輪塔で、左側の2基が曽我兄弟のものである。
右側の1基は兄の恋人であった虎御前のものといわれている。

住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根115
営業時間:自由

正眼寺

境内には曽我兄弟の菩提供養のために建てられた曽我堂がある。
堂内に二体の地蔵菩薩が祀られている。
江戸時代に曽我兄弟を題材とした歌舞伎が流行すると、地蔵菩薩像は曽我兄弟の化粧地蔵と呼ばれるようになり、信仰を集めた。

☎0460-85-5638
住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本562
休業日:無休
営業時間:8:00〜16:00
入場料:無料

-鎌倉時代

© 2021 Studio Yamimin Powered by AFFINGER5