陰陽道 平安時代

【安倍晴明を大河ドラマに!】晴明伝奇―令和の安倍晴明物語

シン晴明伝

安倍晴明をNHK大河ドラマに!《晴明伝奇(The Journey of Seimei)》は安倍晴明が生きていたとされる時代に起こったできごと(歴史的事実)をもとに晴明伝説を加え、一代記の物語にした新しい安倍晴明伝説です。全50話。

安倍晴明は、現在放送中の2024年大河ドラマ『光る君へ』にも出演しています。

さらに、安倍晴明は、NHK大河ドラマの主人公になってほしい歴史上の人物にもランクインしています!

概要

安倍晴明は仙人白雪に出逢って陰陽道を志し、人間界に堕ちた白雪を梨花と名付け夫婦となり、試練を終えて真神・碧霞元君となった梨花と再会を果たす。果たして晴明はこの愛を成就できるのだろうか?

日文名晴明伝奇
外文名The Journey of Seimei
作品類型古装/神話/愛情
話数50話

あらすじ

安倍晴明は、強大な力をもつ妖怪と戦った仙狐と人間の間に生まれた。ある日、晴明はいじめられていた亀を救ったことによって白雪という仙人の少女に出逢う。白雪は晴明に修行を積んで偉い神様になるのが夢だと語り、二人は竜宮で束の間の楽しいひとときを過ごす。陰陽師を志した晴明は賀茂保憲の弟子となり、陰陽寮で働き始める。

それから長い年月が過ぎて、晴明は傷だらけの女性が倒れているのを発見する。実は、彼女は人間界に落ちてきた白雪だったのだが、晴明はそのことを知らない。晴明は記憶を失っていた白雪を梨花と名付け、共に暮らし始める。梨花との出逢いによって晴明はたくさんの人々と関わり、念願の天文生になることができた。やがて晴明と梨花は契りを結んで子供が生まれるが、自分の正体を知った梨花は平安京を災いから救うために夫と子供を残して天上に還ってしまう。

晴明は梨花を取り戻すために三界を巡り、長い時を経て二人は再会する。しかし、梨花は人間界での試練を経て碧霞元君と呼ばれる上神になっており、忘川の水を飲んだことによって晴明と過ごした記憶が封じられていた。晴明はかつての妻と再び縁を結ぶことができるのだろうか?

『晴明伝奇』は、安倍晴明と碧霞元君の複雑な運命の絡み合いを書いた物語である。

EP01(晴明と白雪が出逢い、晴明が陰陽師になることを誓う)EP26(晴明と保憲が霊剣を修復し、白雪が忘川の水を飲む)
EP02(晴明が賀茂保憲の弟子になり、白雪が仙狐の統括を任される)EP27(保憲が甲子革令を奏上し、晴明は再び竜宮を訪れる)
EP03(承平・天慶の乱が起こり、造暦の論争が繰り広げられる)EP28(憲平親王を重病から救うため、晴明は泰山府君に出逢う)
EP04(兵乱が鎮圧され、保憲が暦本の制作に携わる)EP29(冷泉天皇の御代が始まり、藤原実頼が名ばかりの関白を嘆く)
EP05(晴明が倒れていた白雪を助け、梨花と名付ける)EP30(源高明が左遷され、円融天皇が即位する)
EP06(晴明と梨花の新しい生活が始まる)EP31(晴明がかつての妻を再会し、神仙だったことを知る)
EP07(晴明と梨花が泰山府君の存在を知る)EP32(晴明が源高明の祟りを奏上し、藤原兼通が円融天皇に関白を要求する)
EP08()EP33(晴明と保憲が大乗院を点地し、保憲が異例の従四位に叙される)
EP09(天変地異が頻繁に起こり、保憲が藤原忠平の重病を予知する)EP34(都で失踪者が相次ぎ、渡辺綱が鬼の腕を切り落とす)
EP10()EP35(源頼光が土蜘蛛を倒し、碧霞元君が晴明出生の秘密を知る)
EP11(藤原忠平の病が治り、梨花は晴明の正体を疑う)EP36(藤原兼通が最後の除目を行い、晴明が占事略决を執筆する)
EP12(村上天皇が即位し、晴明が吉志舞を奉納する)EP37(晴明が道満を弟子に迎え入れ、碧霞元君が新任の冥官に逢う)
EP13(都で疫病が流行し、泰山府君の法によって天皇の病を治す)EP38(晴明が花山天皇の出家を察知し、吉昌が天文博士に任じられる)
EP14()EP39(晴明が泰山府君の名を広めることを約束する)
EP15()EP40(晴明が泰山府君祭を行い、陰陽寮の祭祀に加える)
EP16(皇子憲平が誕生し、再び造暦の論争が起こる)EP41(暴風雨が巻き起こり、晴明が鬼の仕業だと占う)
EP17()EP42(藤原定子が入内し、源頼光が酒呑童子を倒す)
EP18()EP43(羅城門の鬼神が疫病を引き起こし、渡辺綱が鬼神と対峙する)
EP19()EP44(長徳の変が起こり、道満が藤原道長を呪詛する)
EP20(晴明と梨花が比翼連理の契りを交わし、結ばれる)EP45(晴明が園城寺の師弟のために泰山府君祭を行う)
EP21(梨花が懐妊し、賀茂保憲が新暦の伝来を請う)EP46(晴明が道長呪詛の犯人を探す)
EP22(日延が符天暦を持ち帰り、梨花が子育てに奮闘する)EP47(晴明の追儺に人々が呼応し、賀茂光栄が暦道伝授の勅命を受ける)
EP23(梨花が自分の正体を知り、晴明が凶兆を目撃する)EP48(晴明が道満を播磨国へ流し、碧霞元君が兄を人間界に落とす)
EP24(天変や疫病が多発し、梨花が晴明との別れを決意する)EP49(白面金毛との対決)
EP25(梨花が命と引き換えに災いを鎮め、天上に還る)EP50 (最終回)

大河ドラマとして放送可能か?

大河ドラマの選定基準(暫定)

  • 日本史上の有名人物 → ○
  • 年間約50話分放送できるだけの史実(エピソード)がある → ◯(創作すればある)
  • 全国的な知名度がある → ○
  • 活動が国内複数箇所に及ぶ → ○(安倍晴明ゆかりの地参照)

本編

各話あらすじ

【済】EP01 星に願いを(晴明と白雪が出逢い、晴明が陰陽師になることを誓う)

安倍晴明は九尾狐族の皇女と人間の男の間に生まれた。しかし、晴明は母の正体が人間ではないことを未だ知らない。晴明が生まれて何年か後に母は突然姿を消した。
延長八年(930)三月、都では疫病が流行していた。晴明の父益材もまた疫病に罹ってしまった。晴明は父の病の平癒を祈願するために住吉大社に参詣する。

白雪は泰山府君が泰山の聖なる石から生み出した小仙女で、父神・泰山府君と兄・炳霊帝君のもと冥界の鄷都で大切に育てられた。
白雪は師匠の玄天上帝とともに竜宮へ行かなければならなかった。上帝は天帝から分かたれた魂の一つで、修行のため輪廻転生を繰り返した結果疲弊した。力が回復していない上帝は人の姿になることができないため、真体の亀になっていた。上帝の霊力の修復を終えて、白雪は上帝を竜宮に返しに行くことになった。白雪と上帝は方術で作った巨大な泡に包まれながら海底を渡っていく。ところが、海中で魚の群れに襲われて白雪は上帝とはぐれてしまう。上帝は陸に魚から逃れて陸に上がったものの、そこへ子どもたちが集まってきていじめられてしまう。

上帝が意地悪な子どもたちに見つかっていじめられているところへ晴明が通りかかって上帝を助けるが、その代わりに晴明が子どもたちにいじめられてしまう。上帝は方術を使って雷雨を降らせ、いじめっ子たちは驚いてその場から逃げ去った。しかし、そのせいで晴明もびしょ濡れになってしまった。白雪は慌てて晴明と玄天上帝のところへ駆け寄り、晴明に礼を言って体を拭いた。白雪は、晴明の怪我を治療し上帝を助けてくれたお礼をするために彼を竜宮へ連れて行く。晴明が目を開けると、立派な宮殿がそびえ立っていた。地面には金銀の砂が散りばめられており、楼閣は七宝で飾られていた。晴明は白雪に手を引かれながら城内をゆっくりと進んでいく。城の四方には、四季を象徴する宮殿が建っていた。東方は春、南方は夏、西方は秋、北方には冬の景色が広がっていた。東海竜王は白雪と晴明を出迎え、思いがけない神仙と人間の出逢いに驚き喜ぶ。上帝の誕辰の祝宴が催され、晴明と白雪は竜宮の侍女たちからもてなされる。宴席で、白雪は晴明に自分の夢は修行を積んで真の神になることだと話す。人間界に危険が迫ると神々は天上の星となってその兆候を示し、それは陰陽道という学問として知られているのだという。そして人間もまた属星という自分の運命を司る星を持っており、生まれたときに定められるという。白雪は晴明の人相を見て、陰陽道を究め達人になる者だと話す。しばらくして白雪は門限があるため家に帰らなければならなくなった。晴明は、白雪はとても厳しい家庭に生まれたのだと思った。宴会に出されたごちそうは多すぎて、晴明は食べきることができなかった。白雪は立派な重箱を持ってきて、食べ物を詰めた。その重箱の表面には、白い花の細工が施されていた。

晴明は東海竜王に別れの挨拶をして竜宮城を後にする。晴明は再び泡のようなものに包まれたかと思うと、眠気に襲われてそのまま眠りについてしまう。目覚めた晴明は、浜辺の小さな船の上に乗っていた。一瞬、晴明は夢を見ていたのかと思ったが、立ち上がろうとしたときに何かに触れた。それは白雪から受け取った重箱で、晴明は夢ではなかったのだとわかった。晴明は急いで家に帰ったが間に合わず、益材は疫病で亡くなってしまった。父も母も失い、晴明は天涯孤独の身となってしまう。父が亡くなったことにより、晴明は家人たちを放さなければならなくなった。晴明は一人で重箱のご馳走を食べながら、白雪に言われたことを思い出していた。

【済】EP02 弟子入り志願(晴明が賀茂保憲の弟子となり、清涼殿に雷が落ちる)

晴明は、かつて祖先の阿倍仲麻呂が吉備真備から譲り受けた金烏玉兎集を箱から出して手に取った。この書は、かつて唐土の伯道上人が天地陰陽の理を究めようと修行をしていたときに文殊菩薩から託されたもので、悟りを開いた伯道上人は金烏玉兎集を唐王朝に献上した。その後、吉備真備が遣唐使として唐に渡った。真備は鬼と化した阿倍仲麻呂の力を借りてさまざまな試練を突破し、皇帝から金烏玉兎集を賜った。帰朝した真備は仲麻呂に恩義を感じ、彼の子孫を探して金烏玉兎集を譲り渡したのであった。晴明が金烏玉兎集を開いて見ると、それは陰陽道の絵本のような内容で、陰陽道のさまざまな神々の伝説が描かれたお伽話のような本だった。晴明は、幼少の頃に母がよく読み聞かせてくれたことを思い出した。晴明は、現在の陰陽寮で最高責任者である陰陽頭が賀茂忠行だということを突き止めて、忠行を探す。ある晩、忠行と保憲が下京の辺りへ出かけていくのを見た晴明は、忠行の車の後ろを歩いて付いていった。しばらくして、晴明は車に走り寄って忠行を起こし、鬼がこちらに向かってきていると伝えた。驚いた忠行は保憲とともに車を降り、従者たちを連れて物陰に身を隠してなんとかその場をやり過ごした。晴明たちが車のあった場所に戻ると、鬼が歩いていたかのような足跡や馬の足跡がたくさんあった。忠行は晴明が特別な力を持っているのではないかと疑う。度重なる晴明の熱い弟子入り志願に忠行は観念し、晴明に陰陽師が占いで使う道具を渡す。忠行は晴明に、三ヶ月後に弟子にふさわしいか試験を行うから、それまでに勉強してくるようにと言ってその場を後にした。

泰山府君は死者を裁くので忙しく、兄の炳霊帝君が父神の代わりに白雪の面倒を見ている。この頃は帝君が泰山府君の後を継ぐと思われていた。そんな中、白雪は泰山府君から青丘の九尾狐族の統括を任される。九尾狐族は陰陽の術に長けており、優秀な者は天界の日華宮と月華宮で天帝に仕える。人間の生死を司る陰陽道の神の娘が管理するに適した一族なのだという。九尾狐族とは別に、青丘出身ではない狐は野狐という野良の狐に分類され、人間に害を及ぼす悪狐になる可能性を秘めている。かつて天と地が分かたれたときの大気の一部が邪悪な陰気と混ざり合い、一匹の狐が生まれた。狐は、長い年月を経て白面金毛九尾の狐という魔尊に変じた。白面金毛は万遍奇異の術によって美女に化け、殷王朝の紂王や天竺の班足太子を誘惑して暴虐の限りを尽くし、国を傾けた。天竺で正体を見破られた白面金毛は東の方へ飛び去り、若藻という名の娘に化けて遣唐使吉備真備が帰朝する船に乗って日本へ渡った。青丘の皇女も日本へ潜入して九尾の狐と戦い、これを封印することに成功したが、封印の際に白面金毛が放った最後の攻撃によって修為を失い、地上に落とされる。傷ついた皇女は人間の男に介抱され、二人は恋に落ちる。長らく皇女が帰ってこないことを案じた九尾狐族たちは彼女を探し回り、とうとう日本の平安京にいることを突き止めた。皇女は青丘に連れ戻され、人間界での辛い別れを思い出さないよう記憶を封じられたのであった。しかし九尾狐族たちは、皇女と人間の男の間に男子が生まれていたことまでは知らなかったのであった。泰山府君曰く、白面金毛はそれぞれの国で人間の負の感情を吸収して力が増大していた。人間界の運命を管理する司命は若藻が日本にもたらす災いについて気がかりだった。唐土では太公望が、天竺では耆婆が九尾の狐を追放したが、日本で若藻に対峙できる素質をもつ者はいないと思われていた。封印はいつか解けてしまうため、白面金毛の討伐軍が結成され、白雪が主導することになった。

六月になって、天変や怪異が多発した。夏だというのに大雪が降り、人々は不吉だと噂した。諸々の現象について陰陽寮が占ったところ、兵革・失火の兆しがみられた。内裏で鬼を見たという者もいた。ある日、突然空が曇って大雨が降り、激しい風が吹いてきた。清涼殿の柱に突然雷が落ちた。大地が裂けてしまうかのような雷鳴であった。醍醐天皇とその臣下たちは身を震わせ魂が消えるような思いであった。藤原清貫の衣に落雷の炎が燃え移り、転げ回っても火は消えず、胸を焼かれて落命した。平希世は顔が焼けて柱の下に倒れた。美努忠包は鬢が焼けた。安曇宗仁らも体を焼かれて落命した。藤原忠平もその場にいたが、少しも怪我はなかった。この事件は菅原道真の祟りだと考えられた。その後も天変が頻発し、巨大な流星が見えた。その異変は、大きな喪事がある兆しであった。この頃から醍醐天皇は咳病を患った。天皇を病から救うために、神社へ幣を捧げたり加持祈祷が行われた。それでも病は治らず、とうとう醍醐天皇から寛明親王へ譲位が行なわれ、天皇は崩御された。
晴明は、賀茂家の弟子にふさわしいか試験を受けることを許される。その試験は射覆といって、易占によって箱の中身を当てるものだった。晴明が箱をじっと見ているうちに、彼の体内に半分だけ流れている狐族の力が解放され、晴明の瞳が黄色く輝き出した。それを見た忠行は、晴明はただ者ではないと考える。忠行は晴明の実力を認め、息子の保憲の補佐を頼み、身寄りのない晴明を案じて賀茂家に住み込みで陰陽道を学ばせることに決める。忠行は晴明を連れて家に帰り、保憲をはじめとした家の者たちに事情を説明した。保憲は最初は驚いたが、晴明を弟子として受け入れる。

【済】EP03 承平・天慶の乱(東西で兵乱が起こり、造暦の論争が繰り広げられる)

晴明が元服を迎えた。忠行は「晴明」という字にはどちらも「日」と「月」が入っているから、陰陽道を志す者にふさわしい名だと言う。晴明は忠行の推薦で陰陽寮に入ったものの、代々陰陽家の生まれではないため雑用係から始めることになる。この時代の陰陽寮は代々陰陽寮の家系に生まれた者を優先的に生徒として登用することが定められていた。陰陽道の技術を習得するのは簡単なことではないからだ。

承平八年(938)四月、都で突然空に雲が集まってきて昼か夜かわからないほど暗くなった。人々が不安になっていると大地がおびただしく揺れて、京中の民家や神社仏閣に至るまで多くの建物が破損した。巳の刻に始まったこの大地震は申の刻になっても止むことなく、その場にいた人々はみな奈落の底に引き落とされると泣き叫んだ。その場から逃げようとする者もいたが、地面がひどく揺れているためまともに歩くことができず、そのまま倒れて気を失った。そこへ、巨大な蛟のような怪物が二体現れて雲中から火炎を吐き出し、闇夜は白昼のごとく明るくなった。約一時間後、怪物は雷鳴のような鳴き声を上げ、東西に飛び去った。怪物を見た人々は恐怖に震え、肝を冷やした。それだけではなく、その日から毎晩のように彗星が現れた。朝廷は、これはただごとではないと陰陽寮にこの天変地異の吉凶を占うよう命じた。陰陽寮が占った結果、大地震は兵革の兆しとされた。朝廷は諸社に命じて、ありとあらゆる祈祷をさせた。地震を鎮めるために改元が行なわれた。だが、その後も地震はおさまらず、暴風や洪水などありとあらゆる災害に見舞われた。朝廷の貴族たちは、桓武天皇の後裔である将門と藤原氏の血を受け継ぐ純友が結託して都を滅ぼそうとしているのではないかと噂しあった。その後も将門・純友追悼の祈祷や神社への奉幣が行なわれた。
秋になって、陰陽寮の暦博士大春日弘範と権暦博士葛木茂経が翌年の暦本について論争を繰り広げた。弘範は今年十二月の晦日を癸卯と定め、翌年の正月朔日を甲辰とした。一方、茂経は十二月の晦日を壬寅と定め、翌年の正月朔日を癸卯とした。弘範の主張では翌年の正月に日蝕があり、正見するだろうという予測だったが、茂経は月在陽暦に基づけば正月に日蝕の正見はないという。暦本が定まらなかったので、陰陽寮は御暦奏を延期することにした。しかし、数日後に陰陽寮は朝廷から御暦を奏上しなかったことについて過失を責められた。朝廷側は造暦の議論が行われたときに葛木茂経の暦本を採用すると宣旨を下したと言って、陰陽寮は始末書を提出することになってしまう。結局のところ、陰陽寮は例年より一ヶ月遅れて御暦を奏上することになってしまった。十二月の夜、月蝕が起こった。藤原実頼がその様子を見ていたところ、葛木茂経が提出した勘文と全く同じだった。ほんの少しの差異もなかった。朝廷は茂経を賢い有識者だと讃えた。

長きに渡る修行を経て、白雪の修為は増大していた。白面金毛の魂が平安京に在るという知らせが届いたが、詳しい場所はわからない。日本では東西で兵乱が起こり天変地異が絶えないため、白面金毛が復活して災いを起こそうとしていると考える者もいた。その時になって、白雪は昔日本の浜辺で出逢った少年のことを思い出した。

天慶二年(939)三月、平将門らの謀反が報告された。賀茂忠行は藤原忠平に召され、東西の兵乱を鎮める方法はないか問われる。忠行は白衣観音法を提案する。忠平は、その修法の効験が見られれば特に褒賞を与えると約束する。

【済】EP04 天下安寧(天下に平和が訪れ、保憲が暦本の制作を命じられる)

新年を迎えたが、東西の兵乱によって頻りに急な報せがあったため、元日の節会や公事は中止となった。貴族たちは、今まで滞りなく行ってきた公事が尽く途絶えたことを嘆き悲しんだ。朝廷は追捕凶賊使を任命し、東西へ派遣する。宮中でも国家鎮護のための諸々の修法が行なわれ、諸寺では将門・純友調伏のための祈祷が行なわれた。賀茂忠行は東西の兵乱を鎮めるために藤原師輔へ白衣観音法を修するよう奏上する。師輔は寛静僧正に命じてこの法を修させた。

二月、平将門が討ち取られた。将門の妻子や従類は彼方此方に散らばった。ある者は不本意ながらも出家し、ある者は裕福な家や身分の高い貴族に取り入った。中には山林に逃げ隠れた者もいたが食糧がなかったので餓死し、その屍は狼に食われたという。三月、将門討伐の論功行賞が行なわれた。藤原忠平は忠行の薦めた白衣観音法の効験があったのだと考え、忠行は藤原氏に重用されるようになる。さらに、天慶四年(941)六月、藤原純友も討ち取られた。

天慶四年(941)七月、賀茂保憲は暦生の身でありながら暦博士大春日弘範とともに翌年の御暦及び頒暦を作成することになった。保憲は、ここ数年に渡り弘範と権暦博士の葛木茂経が暦本の作成を巡って度々論争を繰り広げているのを目にしてきた。保憲の抜擢は、葛木氏との衝突を避けたい大春日氏の考えによるものだった。
同年八月、日蔵上人が参内し、神託があったことを奏上した。日蔵が道賢上人という名前であった頃、彼は世の中に災難が絶えないことを憂えて金峯山の山奥に籠もり修行していた。だが、暑さによって道賢は脱水症状を起こし倒れてしまう。気が付くと、道賢は金峯山の洞窟の外に立っており、辺りを見回していると蔵王菩薩を名乗る僧が近づいてきた。蔵王菩薩は長寿を望む道賢に改名を勧めた。そこへ光り輝くものが大群を率いて現れ、蔵王菩薩は道賢に太政天神が来たと告げた。太政天神は道賢を自身の居城へ連れて行き、かつて自分は菅原道真であったこと、生前の恨みを忘れられないことを話した。だが、道真を真摯に信仰する者がいたならば、天下の安寧を願う道賢の心に応えるという。太政天神の言葉を聞き終えた道賢は金峯山に戻り、蔵王菩薩によって地獄に連れて行かれた。道賢は地獄で延喜帝(醍醐天皇)とその廷臣が責め苦を受けている光景を目撃した。延喜帝から救済の願いを承ったところで、道賢は目を覚ました。道賢は日蔵と名を改めた。せっかく東西の乱が収まったと思いきや、今度は道真の怨霊が襲ってくるのかと人々は恐怖におののいた。道真を鎮めるための祈祷が行われた。そして同年11月、御暦奏の日になった。しかし、朱雀天皇はお出ましにならなかったので内侍所に託して奏上した。

参考:阿娑縛抄/師守記/貞信公記抄/符宣抄/日蔵夢記/本朝世紀

【済】EP05 春雨を帯びる梨の花(晴明が天上から落ちてきた白雪を救出する)

獄卒たちが泰山府君に白雪の姿が見えないと報告してきた。泰山府君は白雪が人間界に落ちたことに気づいた。白雪が日本の平安京にいることから、泰山府君は自分の知らない間に白雪が平安京の人間と縁を繋いでいたのかと不思議に思った。修行のために敢えて迎えに行かぬよう獄卒たちに命じた。

天慶五年(942)三月、天変地異が頻繁に起こった。以前、日蔵が金峯山で倒れたときに太政天神と化した菅原道真が大災害を起こして都を滅ぼすと予言していたことから、人々は天神とその眷属が襲ってくるのではないかと不安になる。晴明が天文観測をしていると、空から星のように光り輝くものが地上に落下していくのが見えた。天変の起こったのは、北山の方角だった。晴明が大急ぎで走っていくと、一人の少女が傷だらけで倒れていた。晴明が声をかけても返事はなく、どうやら少女は意識を失っているようだった。群盗と思しき者たちの声が聞こえてきたので、晴明は少女を抱きかかえながら走って忠行の家に連れて帰り、体の血を拭き取って忠行らとともに彼女を介抱する。医師に診せたところ、少女は血だらけで倒れていたものの外傷はなく、内蔵にも問題ないというので、晴明たちは不思議に思った。真っ白な装束に包まれた彼女は光り輝くような容貌で、さながら承平・天慶の乱を鎮めた白衣観音かと思える程だった。何者かによって山中に捨てられたのだとしたら、惜しいことをしたものだと思われる程だった。晴明の話を聞いて、忠行は国家に危機が迫っていると星の精が人の形をとって現れると本で見たことがあると話す。数日後に少女は意識を取り戻すが、一切の記憶を思い出せなかった。晴明は梨花に以前どこかで出逢ったような気がしていたが、記憶喪失状態の彼女に尋ねてもどうしようもないので、心にしまっておいた。晴明は彼女が梨の花の髪飾りを付けていたことから梨花と名付け、本当の名前を思い出すまでその名前でいるように伝えた。忠行は正体不明の少女を自分の娘として迎え入れることにして、晴明を梨花の教育係に指名する。こうして梨花は、賀茂家の娘として生きていくことになる。
梨花が着ていた白装束の血は水で洗っても取ることができず、そのままでいるわけにもいかなかったので適当な着物に着替えた。梨花は自分で着る物を縫えるようになりたいと言って、女房に裁縫を教わり始める。
梨花は過去を思い出すために、晴明とともに北の山へ向かう。女性は外出するとき顔を隠さなければならないので、梨花は笠をかぶって出かけた。しかし、何も思い出せなかった。
忠行は梨花に、恐ろしい天神が配下を率いて都を襲撃してくる噂が流れていたところに天変があり、美しい娘に出会えたと喜ぶ。忠行には息子はいたものの、娘は一人もいなかったのだ。梨花が天神とはどのような人か尋ねると、かつて朝廷から左遷された菅原道真が怨霊と化した存在なのだという。

晴明は梨花に暦に沿って生活すべきことを説明し、沐浴をする日や髪を梳く日などを教える。そして、余っていた具注暦を梨花に渡し、忘れても思い出せるからと一日の出来事を書き記しておくように言った。晴明から見て、梨花は都での生活を全く知らなかったか、あるいは忘れていたようだったので、賀茂家に代々伝わる都での生活規則をまとめた本を渡して読ませることにした。一ヶ月後、部屋の中で梨花がうずくまっていたのを見て晴明がどうしたのか聞こうとすると、着物の下から血が滴っているのが見えた。晴明は梨花を抱きかかえて寝台の上に横たわらせ、忠行と保憲を呼ぶ。果たしてそれは月の障りであった。初めてのことで晴明は動揺する。人間の身になって初めての痛みにより、梨花は再び寝込んでしまう。
晴明は忠行から、梨花に詩歌や管弦など貴族の娘に求められる一般的な教養を教え込むように頼まれる。賀茂家の屋敷には笛や琵琶はなく、琴だけがあった。陰陽寮の学生は在学中に楽器の演奏を行ってはならないと法で定められていたからだ。ただ、琴の演奏だけは認められていた。そこで、晴明は梨花に琴を渡した。梨花が琴に触れると、昔自分が仙人のような風貌の人々とともに管弦の遊びをしている光景が思い出された。

梨花は、晴明と保憲は陰陽寮の官人で、晴明は若くして両親を亡くしたので賀茂家に住み込みで保憲の弟子になったことを知る。梨花は、自分を助けてくれた晴明たちに恩を返したいと考える。

【済】EP06 新しい生活(晴明と梨花の新しい生活が始まる)

梨花が賀茂家に来て二ヶ月が経ったが、一向に記憶が戻る様子はない。都の女性に倣って外に出ることはなかったが、部屋で琴を弾いたり裁縫をしているうちに自然と一日が過ぎていくので苦ではなかった。元気になった梨花は、陰陽師になって晴明たちと一緒に陰陽寮で働きたいと言う。しかし、陰陽寮をはじめ朝廷の官人は男性しかなれないと知って不満を漏らす。四月、東西の兵乱を平定したことを祝って賀茂社行幸と石清水臨時祭が行われることになった。陰陽寮は祭を行う日を選んだ。賀茂忠行は安倍晴明に、ずっと家に籠もっているのもよくないので梨花を連れて祭を見に行ってはどうかと提案する。女性は人前に顔を晒してはいけないので、梨花は笠を被って出かけることになった。賀茂祭には貴族だけではなく庶民も見物することができた。晴明たちは石清水臨時祭で行列を見物した。虫の垂れ衣の間から覗く梨花の容貌は、仙女と見紛うほどの美しさであった。
梨花は、自分がもし庶民の子だった場合のことを考えて不安を覚え、今の生活を気に入っている彼女は記憶を失う前の自分について深く考えないことにした。

翌日、忠行の家に貴族の従者を名乗る男が手紙を届けに来た。晴明が梨花から渡された手紙を見ると、手紙の主は大蔵省で事務仕事などをしている身分の低い役人だった。せっかく拾った玉のように美しい姫君を下級官人に差し出してもいいのか家族会議が開かれる。晴明は梨花の気持ちを尊重しようとするが、保憲は梨花の記憶がいつ戻るかわからないのだから、しばらくは様子を見るべきだと言う。忠行は、梨花は身分の高い貴族にこそふさわしいと思っていた。晴明は梨花にこの国の人々は手紙に和歌を書いて恋愛のやり取りをするのだと説明した。梨花は、面識もない人と手紙のやり取りをするのは怖いと言う。次の日、男の従者が手紙の返事を催促しにやって来た。晴明と梨花が出会って初めての庚申の日になった。晴明は梨花に、人間の体内には三尸の虫が潜んでおり、庚申の日になるとその虫が人間の体内から飛び出し司命神に罪状を密告するので、この日は寝てはならないのだと説明する。梨花は司命という名前に聞き覚えがある気がした。梨花は貴族の生活に順応するために和歌を覚えたいと言う。晴明は忠行が人からもらったという古今和歌集を持ってきて一晩中梨花に和歌を教えた。夜が明けて、部屋から晴明と梨花が二人で出てきたのを目撃した保憲は晴明を問い詰めるが、晴明は男女の交わりが禁じられている庚申の日に梨花に何かするわけがないと言う。

【済】EP07 赤山明神の加護(晴明と梨花が泰山府君の存在を知る)

七夕の季節になった。晴明は初めて自分の口から梨花に陰陽師を目指したきっかけについて語る。七夕には、牛郎織女の伝説がある。織女が地上で水浴びをしている間に牛郎が羽衣を隠したので、織女は帰れなくなってしまった。牛郎は自分と暮らしてくれるならいつか羽衣を返してやると言って、二人の共同生活が始まった。数年後、牛郎と織女は二人の子供を設けるが、天界に帰ってこない織女に天帝が激怒し、天兵を送り込んで強引に織女を連れて帰ってしまったのだ。牛郎は子供を連れて織女を追いかけるも、大きな川によって隔てられてしまったのだった。晴明は、自分なら羽衣を隠さず織女を天に帰してやると言う。

秋になって、女房から都の姫君は一家の繁栄を願って神社や寺に参詣するのだと聞いた梨花は、晴明とともに都の諸所にある社寺を巡る。晴明と梨花は延暦寺を訪れようとしたが、女人禁制のため梨花は登山を断られてしまう。晴明がなぜ女人禁制なのか尋ねると、女は穢れた存在だからだという。梨花は、女性が山に入ることで山が穢れるならば、山には鳥や獣の雌が棲んでいるのだから、その考えに従えばこの山はすでに穢れていると反論する。しかし、結局登山は認められなかった。そこで仕方なく、山の麓にある赤山禅院を詣でることになった。この寺院は、かつて遣唐使船に乗って唐に渡った慈覚大師円仁が赤山明神の加護に感謝し、日本に戻ったら明神を祀ると誓ったのが始まりである。円仁は存命中に寺院の建立は果たせなかったものの、その遺命が弟子の安慧に受け継がれて赤山禅院として創建された。そしてその赤山明神は、唐では泰山府君と呼ばれているのだという。その名前を聞いて、梨花はどこかで聞いた覚えがあると言う。寺院の周りには紅葉が咲き乱れ、色鮮やかな景色が広がっていた。梨花は赤山禅院を気に入って、毎年参詣すると誓う。その日の夜、梨花は仙境のような場所にいる夢を見た。

藤原兼通は妹安子に仕えている本院侍従に歌を贈って実家を問うたが、本院侍従は熱意があるならば自分で調べるよう返す。兼通は、どこまでも尋ねていくという強い思いを伝えた。

EP08 初めての宮仕え(梨花が宮仕えを勧められ、晴明が初めての出仕に付き添う)

賀茂忠行は藤原忠平の太政大臣大饗に招かれた。例年行なわれていた日は物忌に当たっていたので御斎会の期間と重なり、魚類はなく精進料理が出された。宴席で、忠行は忠平から孫の伊尹らを紹介される。忠行は、今年の上巳の祓を息子の保憲に担当させてほしいと頼む。
七草粥を作るために安倍晴明と梨花は若菜を摘みに出かける。

梨花が賀茂家に引き取られてから一年が経過した。晴明は梨花に以前の記憶を思い出せたか聞くが、梨花は相変わらず何も思い出せない。梨花はそれなりに都の生活に順応できるようになっていた。しかし梨花は、一日のほとんどを家に引きこもって生活しているだけで何の役に立ってもいない現状に不満を抱いていた。ある日、梨花は覚えたての漢詩を女房たちに披露していた。それを聞いた保憲は、あまり知識をひけらかすとそれをよく思わない人もいるし、最悪の場合いじめられてしまうから、常に謙虚でいることを心がけるよう忠告する。
賀茂忠行は保憲に息子が生まれたことを話す。文章家の娘との間に生まれた子で、保憲は自分より二十歳以上年の離れた弟ができたことに驚く。忠行もこの年になって子を持つとは思わなかったという。
方違のために忠行の家を訪れた忠平は、忠行に娘がいたことに驚く。忠行は、忠平から梨花の宮仕えを勧められる。忠行は梨花に、都の姫君は皆進んで宮仕えに出て働き、中には良縁に恵まれる人もいるのだという。忠平は、自分の息子に仕えてみないかと勧める。梨花もまた、貴族の愛人になるよりは女房として働いた方が健全だと考え、これを受け入れる。その日の夜、梨花は女房が主人の寵愛を受けて召人と呼ばれる愛人になることもあると知る。梨花は女房の誘いを受けたことを後悔した。初めての出仕の日になったが、梨花の姿が見当たらなかった。晴明が探し回っていると、梨花が物陰に隠れているのを見つけた。よく見ると、梨花は体をぶるぶる震わせていた。心配になった晴明が理由を聞くと、梨花は召人になるのが怖いと不安を吐露した。晴明は、無理に宮仕えをする必要はないというが、自分を救ってくれた人たちに恩返しをすると決めた梨花は覚悟を決める。晴明は震える梨花の手を握って出仕に付き添う。

三月、上巳の祓の季節がやってきた。この日は陰陽師が河原で貴族の穢れを祓うことになっているが、陰陽寮の人数ではすべての貴族に対応することができない。

五月、干ばつが続いていたので朝廷は諸々の神社で雨を祈る読経を修させた。陰陽寮もまた、五龍祭を奉仕することになった。

参考:九条殿記/北山抄

EP09 未定

天慶七年(944)、成明親王が皇太子になる。秋になって大風と暴雨があり、諸司の官舎や京中の建物が破損・顛倒した。激しい雨によって川の水が溢れた。その後、晴明は皆既月食を目撃する。忠行曰く、皆既月食は貴人に憂い事がある兆しだという。陰陽寮が災害の吉凶を占った結果、兵革・疾疫の兆しであった。だが、保憲はこれに付け加え、貴人が重病を患う兆しだと奏上する。それから間もなくして、藤原忠平は重病になり諸寺において加持祈祷が行われた。

EP10 美しい式神

年が明けて、藤原安子を従五位上に叙すことが決まった。先例のないことだったが、成明親王の愛情が盛んなために叙位を行うことになった。藤原忠平の病は未だ癒えておらず、毎年二月に行われる大原野祭で束帯を着用することができなかった。一ヶ月後、忠平の病はさらに悪化して除目を行うことができなくなった。藤原師尹が忠平を心配して訪ねてきた。師尹によると、朱雀天皇は除目を行うために藤原仲平を召させたが、仲平は病を称して参内しないという。しかし、忠平もまた体調が悪く参内するに堪えなかった。翌日、忠平は師尹に付き添われてなんとか参内したものの、除目の議において一言も発することができなかった。晴明は梨花から忠平が重病を患っていることを知らされるが、医学の知識がない彼はどうすることもできない。晴明の手元には、かつて病から父を救うために竜王から賜った霊符が残っていた。賀茂忠行は弟子の晴明ならば忠平の病を除くことができると奏上する。晴明には忠行や保憲のような一般的な陰陽師が従えている従者がいなかったので、梨花が晴明の従者の代わりを務めることになった。こうして晴明たちは小一条邸で病に臥せっている忠平のもとを訪ねた。梨花の風変わりな姿を見た人々は、あれが陰陽師の使役する式神ではないかと噂する。

参考:本朝世紀/大鏡

EP11 

EP12 仙楽の調べ(村上天皇が即位し、晴明が吉志舞を奉納する)

天慶九年(946)四月、村上天皇が即位し、藤原安子が女御に定められた。晴明と梨花は、重明親王に頼まれて南の山に物の怪がいないか調べに行く。緋色の衣を着た大柄の男が歩いていくのを頻繁に見かけるというのである。晴明が占ったところ銅の器の精によるものであった。親王が晴明の占った場所を深く掘ると銅の器が出てきた。それ以降親王が男を見かけることはなくなったが、念のため山を見てきてほしいというのだ。晴明と梨花は調査の途中で山賊に襲われ、追い詰められた末に晴明は梨花を抱きかかえながら崖から落ちてしまう。しかし崖から落ちる途中で晴明の身体から九つの尾が現れて下敷きになったので、事なきを得た。その後すぐに尾は消えたので晴明は自分の身に起きた異変に気付かず、神仏の加護でもあったのだろうかと考える。

村上天皇の即位に伴い、晴明は大嘗会で吉志舞を奉納しなければならなくなった。神功皇后が新羅征伐から凱旋した後の大嘗会において安倍氏の祖先が奉納し、以後、代々安倍氏の当主が行ってきたものだったが、父益材が急な病でで亡くなったため晴明は舞を伝授されておらず、どのように踊ればいいのか分からなかった。そこで、新しく舞を考えることになった。

参考:践祚部類鈔/貞信公記抄/今昔物語集

EP13 泰山府君の法(都で疫病が流行し、泰山府君の法によって天皇の病を治す)

天暦元年(947)の春、近江国比良天満宮の禰宜良種が菅原道真の託宣があったことを奏上した。良種には七歳になる息子がいたが、突然息子の様子がおかしくなったかと思うと「私は菅原道真の化身・太政威徳天である。北野に松の木を植え、天満大自在天神として祀ってほしい」と告げ、たちまち正気に戻ったという。そこで、朝廷は道真を祀るための神社を造営することになった。人づてに話を聞いた梨花は、人間にとって夢はそんなに大事なものなのかと言う。晴明は、夢は時に神仏からの大事なお告げであったり、重要な意味をもつことがあるのだという。

除目が行われて藤原実頼が左大臣になり、藤原師輔が右大臣に任じられた。

都で疱瘡の病が流行り始めたが、朝廷は疫病が自分たちに及ぶことはないだろうと楽観視していた。しかし、皆既月食が起こり、天文家たちが貴人に憂い事のある兆しだと奏上する。その報告を受けて初めて、貴族にも疫病が及ぶのではないかと危惧され始める。このところ穢に触れることも多かったので、朝廷は僧たちに加持祈祷を行わせ、陰陽寮には疱瘡の流行を鎮めるために建礼門前において鬼気祭を行わせた。多くの若い男女が疫病にかかり、とうとう村上天皇も罹患してしまう。梨花が金烏玉兎集をめくっていると、ふと”泰山府君”の四文字が目に入り、気になった梨花はその頁を読んでみた。そこには、鬼王が疫神である牛頭天王の災いから逃れるために博士の薦めで泰山府君の法を行う様子が描かれていた。晴明も梨花に金烏玉兎集を見せられて牛頭天王縁起を読んだ。晴明はこの修法を行えば疫病を解決できるのではないかと思い立つ。晴明は保憲に泰山府君の法について尋ねると、かつて藤原忠平のもとで行われた七献上章祭という昔密教の経典で泰山府君の名前を見たことがあると教えられる。「焔羅王供行法次第」というその経典を見ると、病人に対して行う修法で、焔羅王に死籍から名前を削って生籍に加えてもらうように乞い、病人の家で泰山府君の呪文を唱えると書かれていた。陰陽道と密教の両方において、泰山府君は人間の生死を司る神だと信じられていたようだった。その後も陰陽寮は朝廷に命じられて四角祭・四角四境祭を行うが、疫病の勢いは一向に収まらない。そこで、忠行は藤原忠平に頼んで保憲が村上天皇のために七献上章祭を行う機会を設けてもらう。金烏玉兎集で鬼王は僧侶たちに命じて呪文を唱えさせていたので、僧百人が召された。鬼王が招請した僧の中に呪文を怠った者がいて牛頭天王に攻め込まれてしまったので、晴明は僧たちに呪文を怠らないよう注意した。七献上章祭が功を奏し、村上天皇の病が治った。疫病から天皇を救った功績によって、保憲は加階された。保憲は、七献上章祭を勧めた弟子の晴明にも褒賞を与えてほしいと奏上する。

参考:扶桑略記/前太平記/日本紀略/簠簋内伝/貞信公記抄

EP14 かくれ陰陽師

天暦二年(948)正月の除目により、藤原師尹は兄師氏を含む五人を飛び越えて昇進する。晴明は彗星を目撃した。秋になって、藤原伊尹が牛車から降りて参内するところへ一羽の鳥が飛んできて、伊尹の頭上に糞を落とした。ちょうど晴明がその光景を見ていたところ、伊尹と目が合ってしまった。伊尹は慌てて晴明の方へ近づいてきて、不吉な兆しではないかと不安になる。晴明は、兵革の兆しがあるから何者かと争うことになるだろうと答える。晴明は伊尹に助けを求められ、梨花とともに従者によって牛車に乗せられて伊尹の屋敷に向かう。晴明は伊尹に身固をして、一晩中加持祈祷を行った。夜が明けて、戸をはたはたと叩く音がしたので、梨花が戸を開けた。陰陽師の従者を名乗る男は、主人は先日妻と逢瀬を交わした男を呪詛するよう命じられて、悩んだ末に呪詛を行ったが、相手方の陰陽師の護りがあまりに協力だったために呪いが跳ね返って死んでしまったという。従者は相手が伊尹だとは知らなかったと詫びて帰って行った。晴明は、昨日自分が伊尹を見つけていなければ呪い殺されていただろうと言う。伊尹は晴明に礼をしてもしきれないと喜んだ。晴明と梨花は帰宅し、思いがけず呪詛返しをしてしまったことを話す。相手方の陰陽師は死んでしまったというが、陰陽寮に欠員が出た様子は見られない。忠行は、陰陽寮に所属している陰陽師は私的に呪詛を行ってはならないと定められているので安易に呪詛する者はいないと話す。それゆえに、呪詛したいものがいるとき貴族たちは陰陽寮に在籍していない民間の陰陽師に依頼するのだという。そのような陰陽師は通称”かくれ陰陽師”と呼ばれていた。中には、法師の身でありながら陰陽師を兼ねる者もいた。

参考:貞信公記抄/宇治拾遺物語

EP15 呪いの井戸(晴明が保憲の推挙で陰陽寮の生徒になる)

天暦三年(949)、賀茂保憲が暦博士に任じられた。保憲は陰陽頭に弟子の晴明を暦生にしてほしいと願い出て、認められる。ようやく晴明は陰陽寮の生徒になることができた。本来、晴明の夢は天文博士になることだったが、師匠の保憲が暦家だったので、それに応じて暦生になった。晴明は、自分はいつか天文生になることができるのかと保憲に尋ねる。三月、藤原師尹は藤原実頼、藤原師輔、藤原師氏とともに法性寺で藤原忠平の七十算を祝う。四月、陰陽寮は藤原師輔に命じられて霖雨の祟りについて占い、坤・艮の方角にある神社の不浄の気が祟りをなしているという結果が出た。晴明たちはその方角に当たる神社を調査しに行くことになる。六月、陰陽寮の井戸で女童の死体が発見された。このことを知らない諸司の役人が井戸の水を汲み上げたことにより、その穢が宮中に及んでしまった。

八月、藤原忠平は賀茂忠行に息子たちを託して亡くなる。藤原実頼が藤氏長者となる。

十一月、御暦奏が行なわれた。藤原伊尹が初めて番奏を奉仕した。

参考:日本紀略/九条殿記

EP16 暦の鞘当て(皇子憲平が誕生し、造暦の論争が起こる)

藤原忠平に息子たちを託されたものの、藤原実頼・師輔兄弟は相変わらず平野茂樹らを重用しており、晴明たちが取り入る隙はない。陰陽寮は長官にあたる陰陽頭が最も主導権を握っているが、この頃は陰陽頭が空席となっていたので、陰陽助の平野茂樹が重用されていた。

茂樹が急病を患ったので、晴明と保憲は彼を藤原安子が皇子を出産した。源高明は茂樹を召して出産後の雑事を行う吉日を選ばせようとしたが、病に臥せっている茂樹は参上することができない。そこへ、高明と師輔が訪ねてきて、晴明と保憲は茂樹の代わりに吉日を選ぶことになる。事が終わって、晴明たちは褒美として絹を渡された。
その後、皇子を東宮に立てることが決まった。藤原伊尹が師輔のもとへ来て、皇子の名を憲平と定めたことを伝えた。

同年六月、村上天皇の行幸に際し、藤原師輔は陰陽師を召して吉日を占わせることにした。藤原伊尹が誰に占わせるのか聞くと、師輔は延長三年の例を出した。そのときは陰陽頭が占ったが、今は陰陽頭がいないので、陰陽助の茂樹に占わせることにした。同年七月、陰陽寮が御殿祭・御井祭・鎮祭・御前所神を奉仕する日時と政始を行う日時を占うことになったが、人手不足により茂樹が一人ですべての日時を占うことになってしまう。

同年十月、賀茂保憲は大春日益光とともに藤原実頼によって陣頭に召され、造暦について問われた。このことは算の誤りだということで、藤原師尹は算博士を召して同席した。翌年五月の暦について、保憲は宣命暦を元に作成し朔日を丁酉としたが、益光は会昌革を元に作成し朔日を戊戌としていた。結局は宣命暦が採用され、忠行は二度も造暦の議論に敗北した大春日氏はこれ以後没落していくだろうと言う。造暦の論争は度々起こっており、保憲は暦の改革が必要だと考える。そして、この論争を解決すれば優秀な人材だと評価され、一段上の立場になれるであろうことは彼自身もよく理解していた。

参考:九暦/御産部類記/西宮記/北山抄

EP17 未定(嫉妬で鬼になりかけた女を晴明が救う)

ある男が若い女と懇ろになり、妻と喧嘩して出ていってしまった。妻の嫉妬と怒りはこの上なく、毎晩貴船神社へ参詣して丑の刻参りをした。ある晩、貴船神社の社人の夢に貴船明神が現れる。明神は、本当に鬼になりたいのならば、赤い衣を身に着けて前髪を二つに分けて角のように結い、顔に朱を差して体に丹を塗り、頭に鉄輪をかぶり松明を付ける。その格好で丑の刻参りを行えば呪詛が成功するという。社人は神社の入口で女を待ち、夢のお告げを知らせた。女はお告げのとおりにして、夜更けに貴船川の方へ歩き出した。彼女を目撃した者は恐怖のあまりその場に倒れ込んでしまった。
ある日、男が晴明のもとを訪ねてきた。男はこの頃ずっと悪夢にうなされているという。夢占いの結果、女の嫉妬による恨みが原因だった。晴明は男を脅かそうとして、男の妻は鬼となり男を呪詛して命を奪おうとしており、もはや手の施しようがないと話した。男は青ざめて晴明に助けを求めてきた。晴明は渋々加持祈祷を行うことになる。晴明は男の身代わりとなる人形を作り、祭壇に供えた。そして、北斗七星や二十八宿などのありとあらゆる陰陽道の神々に祈祷した。嵯峨天皇の時代、ある公卿の娘が貴船神社に七日間籠もって祈祷を行った。すると、彼女を哀れんだ貴船明神から鬼になる方法についてお告げがあり、女がその通りにしたところ生きながらにして鬼になったという。梨花は、晴明が祈祷している間に貴船神社へ向かった。ちょうど今にも女が丑の刻参りをしようとしているところだった。梨花は女を制止し、晴明のもとへ連れて行く。晴明と梨花の仲裁のもと夫婦は和解したのだった。

参考:安倍晴明物語/平家物語剣巻

EP18 

EP19 梨壺の五人

天暦五年(951)十月、後撰和歌集の編纂が始まった。藤原伊尹が和歌所別当に任ぜられ、清原元輔らが昭陽舎において編纂を行った。
十二月、月がとても明るい夜に晴明と梨花は縁側で月の光を浴びながら語り合っていた。やがて夜も更けて、人に見られたら気まずいと思った梨花は部屋の中へ入るが、晴明は引き籠らずに長い間月を眺めてぼうっとしていた。

晴明は梨花と結ばれたいと望んでいたし、彼女もまた同じ気持ちだということはわかっていたが、果たして師匠たちが認めてくれるのか気がかりだった。

EP20 七夕の契り(晴明と梨花が比翼連理の契りを交わし、結婚する)

天暦六年(952)、晴明と梨花は賀茂社へ参詣する。途中で梨花が足を痛めたのを見て晴明は自分に寄りかかるように言うが、梨花はそれには及ばないと言って構わずに歩いて行く。二人が賀茂社から帰る途中で、梨花に一目惚れしたらしい貴族の男が声をかけてきた。男を警戒した晴明は、梨花を連れて急ぎ足で帰路につく。男は従者に後をつけていくように命じ、翌朝文を持って行かせた。梨花が応対しに行こうとするのを晴明が遮り、従者を追い返してしまう。それでも男はしつこく文を持って行かせたが、その度に晴明が追い返すので男もとうとう諦めてしまった。だが、それを知らない梨花は従者が文を持って来なくなったことを不思議に思う。晴明は梨花に見知らぬ男と文通をしてはいけないこと、あの男と文通を続けたらそのうち通ってきて大変なことになると伝えた。梨花も、自分も男と文を交わそうとは思っていなかったという。

朱雀上皇は重病を患ったので石清水八幡宮に病悩平癒の祈願が行なわれるが、一向に回復しない。上皇は病が治らないため出家する。同年四月、藤原師輔の推薦によって賀茂保憲が陰陽頭に任じられる。だが、保憲は父よりも先に息子の自分が陰陽頭となるのは不孝であると辞退しようとする。七夕の日、晴明と梨花は比翼連理の契りを交わし、ついに結婚する。晴明は吉日を占い、婚儀の日取りを決めた。

秋に入って、頻繁に天変が起こった。陰陽寮は天皇に病事・喪事がある兆しだと奏上し、その一ヶ月後に上皇は崩御された。

参考:石清水文書/醍醐寺雑事記/本朝文粋

EP21 新暦を求めて(梨花が懐妊し、賀茂保憲が新暦の伝来を請う)

天暦七年(953)、陰陽寮で火災が起こった。梨花は月の障りが来なくなったと言い、女房たちもただならぬ事だと噂し合う。忠行は保憲から晴明と梨花が愛し合っていること、梨花が懐妊したことを聞いて驚く。梨花が懐妊してから数ヶ月が経ち、出産の準備が始められた。安全のために着帯の儀が行なわれ、梨花の部屋も白一色に染まった。晴明はその部屋を見て、初めて梨花と出逢ったときのことを思い出す。保憲は人間の晴明とおそらく普通の人間ではないであろう梨花との間に子ができて大丈夫なのかと懸念する。忠行は、たまたま星のようなものが落ちた場所に梨花が風変わりな格好で倒れていたというだけで、最初に拾ってから今まで自分たちと何ら変わらない生活をしているのだから、心配しているようなことは起こらないと言う。そうはいっても、忠行も心の中では、普通の人間ではない者同士であろう晴明と梨花の間に果たしてどのような子が生まれてしまうのか気がかりではあった。出産が近づき、晴明は忠行・保憲とともに梨花の安産を願って加持祈祷を行った。

僧日延が呉越に留学することが決まった。保憲は新しい暦を日本に持ち込む機会が到来したと考えた。彼は、諸道の博士はみな不朽の書物によって技術を磨いているが、暦道においては、貞観元年に宣命暦が日本に伝来してから百年以上の時が流れ、その間に大唐では暦が改められているにもかかわらず、その暦を日本に持ち運んでくる人がいなかったので、新暦が伝わってきていないことを奏上した。村上天皇は保憲の願いを聞き入れ、日延に新暦を日本に持ち帰ってくるよう命じた。そうして、日延は呉越に渡った。

EP22 三尸の虫(日延が符天暦を持ち帰り、梨花が子育てに奮闘する)

天徳二年(958)、晴明と梨花が契りを交わしてから三年の月日が流れた。梨花は二人の男子を出産した。大がかりな初めての出産を終え、忠行と保憲は安堵する。男子が生まれたことで、晴明はゆくゆくはこの子に陰陽道を継がせたいと希望を抱く。賀茂保憲は陰陽頭に任じられ、晴明は保憲の指導の下で暦の作成に勤しみ、梨花も子育てに奮闘していた。

日延が符天暦を持って帰朝した。日延は呉越の司天台で暦本を学んできた。この暦は唐の時代に曹士蔿が編纂した暦法である。今まで日本に伝来した暦は唐土の王朝で定められた官暦だったが、符天暦は民間で作られた暦だった。官暦としては採用されなかったものの占星術に使用され、広く流行した。それまでの暦法では暦の計算起点を数万年前に置いていたが、符天暦は顕慶五年(660)に起点を置いていた。さらに、宣命暦では一日を八千四百分と数えていたのに対して、一日を一万分としていた。日延によると、唐の時代に安禄山が反乱を起こしてから私的に暦が作られるようになったという。この暦には、日・月・五星のほかに羅睺・計都という特殊な星が存在した。村上天皇は官暦ではないことを理由に符天暦を用いた暦の作成を見送ったため、保憲は当面の間は宣命暦によって暦を作り、確認用の暦として符天暦を用いることを定めた。
法性寺で火災が起こり、保憲は藤原師輔から火災の吉凶を占うように命じられる。占いによると兵革の兆しであり、火災があった日から二十五日以内の酉の日に争い事があるということだった。ある庚申の日の夜、晴明は天文観測の当番だったので家にいなかった。梨花の体から三尸の虫が抜け出し、天界にいる司命のもとへたどり着く。司命は庚申の夜に寝てしまった人々の体内から抜け出した三尸の虫からの報告を受けていた。梨花の虫を見たとき、司命は白雪と瓜二つの顔の人間がいることに驚いてすぐに炳霊帝君に報告する。司命と帝君は、どうやら白雪は何らかの事情で人間界で落ちたこと、記憶を失って梨花という人間として暮らしていたことを知った。梨花の人生を見ている中で、帝君は梨花が人間の男と契りを結んで子供を設けていたことにひどく衝撃を受けた。白雪を連れ戻しに人間界に向かおうとする帝君に、司命は梨花の歴劫を終わらせなければ白雪は戻ってこないこと、そのためには何らかの理由で梨花が死ななければならないと伝える。帝君に気付いた梨花は、仙人のような風貌の人がいると驚くが、彼が方術を披露したことによって本当に仙人だったのだとわかった。炳霊帝君は、何としても梨花を仙界に連れ戻すことを決める。

十月、藤原安子が中宮に冊立され、藤原師尹の娘芳子が女御になった。村上天皇は物忌の日に芳子を招き、古今和歌集をすべて暗誦しているというのは本当か確かめようとする。果たして、芳子は古今和歌集の歌をすべて覚えていた。芳子は、父師尹の教育の賜物だと語る。

梨花は子供を連れて赤山禅院に参詣し、安倍一族の繁栄を祈願する。炎のように紅く色づいた紅葉が敷き詰められた禅院の庭で梨花は炳霊帝君に出逢う。

参考:九暦抄/扶桑略記/日本紀略

EP23 未定

炳霊帝君は梨花を白雪と呼んで冥府に連れて帰ろうとするが、彼女は目の前にいる神がかつて自分が仙人であった頃の兄だったことを知らない。梨花は帝君の言葉の意味が理解できず、彼の腕を振り払って子供と一緒に家に帰った。藤原安子が小一条邸に移った。出産の時期が近づいているためである。保憲は陰陽頭として出産後の雑事を行う吉日を撰ぶ。安子が第五皇子(後の円融天皇)を出産した。皇子は守平という名前を賜り、親王宣旨を下された。年末になって、藤原師輔は白虹が太陽を貫く天変を目撃した。

EP24 梨の花の子別れ

梨花は、自分がかつて仙人であったこと、前世の宿縁によって普通の人間に生まれ変わったことを思い出す。
梨花は空を見上げて何やら思い悩んでいる様子であった。保憲は晴明に、この頃梨花はいつも空をしみじみと眺めており、ただ事ではないようだと言う。賀茂家の女房たちも悩み事でもあるのだろうかとひそひそ話し合うが、忠行にもどういうことか分からなかった。

天徳四年(960)正月、叙位が行なわれ藤原伊尹・兼通・兼家らが加階される。藤原師輔は兄弟三人以上が同時に加階された例は今までなく、栄華の極みだと感動した。春になって季節外れの霜が降り、人々は不思議に思った。賀茂保憲は天文博士に任じられ、それに伴って晴明も暦生から天文生に移った。さらに保憲は晴明を天文得業生に推薦する。この時から天変が頻繁に起こるようになり、疫病も流行り始めた。疫病による死者は多く、藤原師輔も病に倒れ亡くなった。生前、師輔は伊尹に自分の葬儀は簡素に行うように遺言を書いていたが、伊尹は遺言に従わず通例どおり葬儀を行った。疫病の猛威はこれだけに留まらず、賀茂忠行も病に臥してしまう。干ばつがひどく内裏では触穢が多発し、憂い事は多かった。あまりの憂い事の多さに、賀茂保憲は大きな災いが起こるのではないかと懸念する。

EP25 天徳四年の内裏焼亡(梨花が命と引き換えに災いを鎮め、天上に還る)

同年九月二十三日、庚申の日だったので殿上で御遊が催された。保憲も参上した。亥三刻、宣陽門内の北腋陣から出火があり、外へ燃え広がった。夜、侍臣たちが走ってきて叫ぶ声が聞こえた。藤原兼家が奏上して言うには、左兵衛陣門が燃えており、未だ消火できていなかった。村上天皇は内侍所に納められている大刀契を取ってくるように命じるが、火は温明殿に行き渡っていて持ち出すことができない。火はすでに燃え盛っていたので、人々はみな紫宸殿の庭に脱出した。憲平親王は侍臣に抱きかかえられて脱出し、消火のために藤原師氏と藤原師尹が参入した。師尹は輿を準備させ、村上天皇を太政官朝所へ避難させようとする。そこへ保憲が急いで来て、太政官は御忌方であり太白神の在る方位だと報告したので、天皇は職御曹司に移ることになった。晴明は保憲のことが心配になり、急いで内裏へ向かう。皆が慌てて逃げ惑うなか、多くの宝物が焼けてなくなった。三種の神器のうち神璽と宝剣は村上天皇が自ら手に持って脱出したが、神鏡だけは取り出せず宮中に残されたままだった。藤原実頼は急いで温明殿に向かったが、すでに焼亡していた。仁寿殿の棟木も半分焼け落ちていた。燃え盛る炎の中、実頼は神鏡を探し回ったが見つからない。やがて、灰燼の中から神鏡が飛び出し、ふらふらと浮かび上がって桜の木の枝に掛かった。神鏡は凄まじい光を放っていた。その光は都全体を照らし、夜であるはずなのに昼かと思える程だった。梨花は、この光は若藻の力によるものだと察し、急いで光が強く輝いている方へ向かう。
晴明は力を奮い立たせようとするが、手に力が入らずその場から動くことができない。梨花は、この災禍を鎮められるのは自分しかいないと言う。梨花の体内に封印されていた仙人の力が解放されて傘が上空に浮かんだかと思うと、やがて激しい雨が降ってきて内裏の炎を鎮まった。神鏡から放たれていたまばゆい光が消えた。しかしそれは、彼女の人間としての人生の終わりを意味していた。丑の刻になってようやく火が消えた。すべての力を出し切った梨花がふらふらと倒れそうになるのを、晴明が抱きかかえる。梨花は自分がいなくなっても子供たちを立派な陰陽師に育て、一家を繁栄させる願いを晴明に託す。そうして、梨花は晴明の腕の中で息を引き取った。

EP26 霊剣を修復せよ(晴明と保憲が霊剣を修復し、白雪が忘川の水を飲む)

内裏焼亡の翌朝、朝廷の貴族たちは神鏡をはじめとした宝物を灰燼の中で探し回った。藤原実頼は、温明殿の瓦の上で神鏡を発見した。神鏡はほとんど無傷だった。しかし、宣耀殿の宝物や仁寿殿の太一式盤はみな悉く灰燼となっていた。朝廷は内裏修復の作業に取り掛かる。内裏焼亡により、村上天皇は職御曹司から冷泉院へ遷御することになった。職御曹司から冷泉院は大将軍の方角にあたる。賀茂保憲は四十五日に満たないうちに冷泉院へ遷御してもよいか調べるよう命じられる。保憲は、一方分法によって方角を測ると、冷泉院は巽の方角に当たり、今年の大将軍は午の方角に在るので忌む必要はないと奏上した。また、冷泉院は古くから在る邸宅ゆえに新宅の儀は必要ないのではないかと問われた。しかし保憲は、旧い邸宅であっても犯土・造作があるのだから、新宅の儀を欠いてはいけないと答える。また、保憲が遷御の際に反閇を奉仕することになる。そして十一月、村上天皇は冷泉院へ遷御された。

晴明の家では、子どもたちが梨花の不在を不思議がり悲しんでいた。

内裏での火災によって温明殿にあった四十四柄の剣が焼損した状態で発見された。その中で、護身剣と破敵剣という二本の剣は特に重要な霊剣とみなされていた。内裏焼亡の際に梨花が災いを鎮めたのを、多くの貴族たちが目撃していた。依然として朝廷の人々の多くは彼女を保憲の式神だと認識していた。実頼は保憲であれば何か手がかりがつかめるかもしれないと考え、保憲と晴明に霊権の文様を修復するよう命じる。二本の剣には太陽や月、四神などの文様が刻まれていたが、火災によって焼けて見えなくなっていた。しかし、火災が起こる前に霊剣を見たことのない晴明と保憲には文様がわからない。晴明が不注意にも霊剣に触れると、霊剣からきらきらとした星のような霊気が立ち込めた。それは内裏焼亡で梨花が放った神識の残滓だった。霊気が剣の上から下まで辿っていくと、文様が明らかになった。朝廷からどうやって霊剣の文様がわかったのだと驚かれると、晴明は式神のおかげだと答えた。同年十二月、晴明は宜陽殿の作物所で鍛冶師に霊剣の鋳造を始めさせた。

天徳五年(961)二月、賀茂保憲が参内し改元が必要だと奏上する。今年は辛酉革命という王朝に災難が降りかかる年に当たり、現在の元号である天徳は陰陽道において火神の名前だからだ。そこで、天徳から応和に改元が行われた。

内裏の復旧作業中に新造した柱に虫食いが発見された。その虫食いは三十一字の和歌の体をなしており「造るとも またも焼けなむ 菅原や 棟の板間の合はぬかぎりは」と読めた。朝廷では「何度造り直してもまた焼けてしまうだろう、菅原道真の胸の痛みが癒えぬ限りは」という意味だと解釈し、大騒ぎになった。応和元年(961)六月、高雄山の神護寺において霊剣を再鋳造するための儀式が行われた。保憲が祭文を読み、晴明が進行役を務めた。

一方、炳霊帝君は眠っている白雪に薬を飲ませた。その薬には帝君が忘川で汲んできた水が使われていたので、白雪は人間界で梨花として過ごした記憶を失くしてしまった。目覚めた白雪は、どうやら長い眠りについていたらしいことを察する。帝君が言うには、白雪の体にはたくさんの穢れが染みついており、祓い清めなければならないのだという。泰山府君は白雪が上神に昇格したことを祝って天仙聖母碧霞元君の称号を与える。それに伴い、白雪の神器が傘から槍に変化した。白雪は以前よりも修為が格段に上昇していることを不思議に思って帝君に尋ねる。帝君は白雪が人間界で梨花として生きていたことを知っていたが、敢えて教えなかった。白雪は昔付けていた梨の花の髪飾りが片方なくなっていることに気づく。

参考:扶桑略記/塵袋/大刀契事/陰陽新書

EP27 雨の夜の夢(保憲が甲子革令を奏上し、晴明は再び竜宮を訪れる)

梨花が晴明の前から姿を消して三年が経った。夢の中でさえ、晴明は梨花に逢うことは叶わなかった。晴明が以前庭に植えた梨の木が花をつけていた。

藤原安子が皇女選子を出産して亡くなった。村上天皇の嘆きは甚だしかった。応和四年は甲子の年にあたり、陰陽道において変革が起こりやすいと考えられていた。藤原実頼の屋敷で改元についての議論がなされ、賀茂保憲は災いを鎮め徳を施すために改元が必要だと訴える。そこで、応和から康保へ改元が行われた。さらに、甲子の年は海若祭を行うことが定められていたので、保憲は祭祀を行うために摂津国難波浦まで行かなければならなかった。晴明も同行した。晴明は幼い頃に竜宮を訪れたことを話すが、保憲は信じなかった。

晴明と保憲は難波浦に到着したものの、雨が降っていて祭祀を行うことができなかった。晴明たちは摂津国にある草香の里という小さな村に案内される。その日の晩、里の長老がこの村に残る伝説について語り始める。昔、この里に住んでいたある男の妻は家が没落したため夫のもとを離れて京へ上り、貴族の家に乳母として仕えるようになった。生活が安定してきたので妻は夫を訪ねようと里帰りするが、夫は行方知れずになっていた。それでも妻は夫に会うことを諦めず、ついに夫と再会を果たし春の都へ帰って行ったのだった。

海若祭の当日、晴明と保憲は長老に用意された隼鷂という宝船に乗って竜宮に向かう。不老門が開かれ、侍女によって長生殿に案内される。晴明にとっては二度目の訪問だったが、竜宮の人々は成長した晴明がかつて竜宮に来たことに気付いていない。竜宮の中は、晴明が幼少の頃に訪れたときから全く変わっていなかった。保憲はお伽話でしか見たことのなかった竜宮が実在したことに驚く。晴明と保憲は梨花を探し回るが見つからない。東海竜王との再会を果たした晴明は梨の花の髪飾りを取り出し、これを身に着けていた仙人を知らないか尋ねたが、東海竜王は知らなかった。晴明たちは渋々竜宮を後にする。その後、竜王は竜宮に帰ってきた玄天上帝に髪飾りを見せた。長年の休息を経て上帝の元神は完全に修復され、人間の姿を保てるようになっていた。上帝はかつて碧霞元君が仙人だった頃に付けていたものだと気づき、竜王から髪飾りを受け取る。上帝から髪飾りを渡された元君は、ある人間の男が竜王に渡したことを知る。

参考:日本紀略/扶桑略記/革暦類/応和四年甲子革令勘文

EP28 小野篁の伝説(憲平親王が重病を患い、晴明は泰山府君に出逢う)

碧霞元君は玄天上帝から梨の花の髪飾りを渡される。その髪飾りは竜宮で日本人の安倍晴明という男から渡されたと聞いて、元君は驚く。元君は、まだ幼い頃に思いがけないできごとから日本を訪れた時はこの髪飾りを身に着けていなかった。最初は似ているだけだと思ったが、よく見ると自分の髪飾りとまったく同じ形をしており、天界の物質でできていた。さらに、髪飾りは晴明の妻が付けていたものだという。元君は上帝から竜宮で晴明から聞いた話をすべて伝えられた。元君は、急に修為が上昇していることと関係があるのではないかと考え、調べた結果歴劫修行という制度にたどり着く。歴劫修行は、仙人が人間に生まれ変わって試練を受け、その試練を乗り越えることができれば人間としての生を終えた後で上神に昇格することができる制度だ。しかし、人間であったときの名前を知らないので、調べようもなかった。元君は昔日本で出逢った少年のことを思い出し、今も元気にしているだろうかと思いを馳せるが、その少年が晴明だということに気づいていない。

康保四年(967)二月、憲平親王が病を患ってから四ヶ月が経過した。藤原師尹は僧たちに加持祈祷を行わせたが、親王の病は一向に回復しない。そんな中、安倍晴明は現世と冥界を行き来していたという小野篁の伝説を耳にする。篁は、昼は朝廷で働いて夜になると六道珍皇寺の井戸から冥界へ行き、冥官として仕事をしていたという。その話を面白がって井戸に飛び込む者もいたが、戻ってきた者はいない。保憲らが晴明の身を案じるなか、晴明は珍皇寺の井戸を降りて冥界へ向かう。

井戸を降りると、薄暗い闇夜の中に広大な山河が広がっていた。山と河の間には非常に高くて太い鉄のようなものでできた樹がたくさん生えていた。よく見ると樹は刀剣でできていた。それは、かつて晴明が金烏玉兎集で見た挿絵の光景に似ていた。晴明は命からがら山河を越えて冥界の鄷都にたどり着く。鄷都の兵士たちは生者がこの地に訪れたことを小野篁以来のできごとだと驚く。晴明は兵士に来意を伝え、泰山府君のもとに案内してもらう。晴明は、人間界において泰山府君は人間の魂を支配する神だと信じられているが本当か尋ねる。すると泰山府君は本当だと言って、死者の中でもう一度会いたいと願う者はいるか聞かれる。晴明は、死んだ父と妻に会いたいと答える。泰山府君は獄卒に冥府を探させるが妻の姿はなく、あるいはすでに人間界に生まれ変わってしまったのではないかという。晴明から父の名を出されたことによって、泰山府君は晴明が九尾狐族と人間の血を引く者だと察する。泰山府君曰く、小野篁は確かに冥官として仕えていたが、輪廻の境に入ったので新しい生を迎えるということだった。晴明に興味をもった泰山府君は、小野篁のように冥府に仕えないか提案する。晴明はこれを承諾するが、井戸から険しい道を通って鄷都まで来るのは大変だったと語る。篁の死後、興味本位で井戸から鄷都へ来る者が現れないように敢えて困難な道のりにされていたのだった。そこで、泰山府君は晴明が鄷都を訪れやすいように京の一条戻橋に現世からの通り道を作った。晴明は泰山府君に死者の命籍から憲平親王の名前を削るよう嘆願する。しかし、泰山府君は何の代償もなしに憲平親王の寿命を延ばすことはできないと言う。地上に戻った晴明は参内して事情を説明する。すると、村上天皇が自分の寿命と引き換えに憲平親王を救ってほしいと頼んできた。晴明は一条戻橋から鄷都へ行き、泰山府君にこのことを伝える。泰山府君は司命に、死籍から冷泉天皇の名を削って生籍に移すように命じる。そうして冷泉天皇は病から回復した。晴明は鄷都で炳霊帝君に会い、梨の花の髪飾りを付けた仙人を知らないか尋ねるが、そのような者は見たことがないと言われてしまう。その後、晴明は京に戻った。五月になって、村上天皇が病に倒れてわずか数日で崩御した。

一方、碧霞元君は侍女から晴明が六道珍皇寺の井戸から生きたまま鄷都へたどり着いたことを知らされる。元君は晴明に会おうとするも、晴明はすでに地上に戻っていた。

参考:簠簋内伝

EP29 狂乱の君主(冷泉天皇の御代が始まり、藤原実頼が名ばかりの関白を嘆く)

六月、藤原兼家が藤原兼通の後任として蔵人頭に任じられる。安倍晴明は藤原実頼に命じられて政始の吉日を選び、冷泉天皇の御代が始まった。藤原実頼は関白に任じられたものの天皇との血縁をもたないため、実質的な政治の実権は藤原伊尹や藤原兼家が握っていた。
藤原師氏が実頼のもとを訪れて、除目が行われることを伝えた。実頼は、冷泉天皇が狂乱の病に侵されている中で公事を行うことを嘆いた。往古より武猛・暴悪の王はいたが、狂乱の君主は前代未聞であった。このような状況下で競って昇進を望む藤原伊尹らを外戚不善の輩であると非難した。藤原実頼は関白である自分を無視して政治を主導する伊尹と兼家を見て、名ばかりの関白だと嘆く。それからまもなくして、先帝の女御藤原芳子が卒去した。その後、為平親王と守平親王のどちらを東宮に立てるか議論がなされたが、為平親王の后は源高明の娘だったので、高明が実権を握ることを恐れた伊尹と兼家は守平親王を東宮に立てる。春宮大夫には藤原師氏、皇太弟傳には藤原師尹が任じられる。数日後には、伊尹の娘藤原懐子が冷泉天皇の女御となった。程なくして天変が相次いだ。晴明は、これらの天変はみな凶兆だと危ぶんだ。冷泉天皇の即位式の日になった。天皇の病を考慮して、実頼の判断で即位式は大極殿ではなく紫宸殿において行われた。その後、叙位によって兼家は兄兼通の官位を追い越し、人々は兄君よりも先に大臣になるのではないかと噂した。

安和元年(968)、懐子が出産のため里下がりした。その隙を見計らって、藤原兼家は娘超子を入内させる。さらに、十二月には超子が冷泉天皇の女御となった。公卿ではない貴族の娘が女御になったのは初めてのことだった。

参考:日本紀略/大鏡/一代要記

EP30 安和の変(源高明が左遷され、円融天皇が即位する)

安和二年(969)正月、藤原実頼の屋敷に人々が集まって宴会が行われ、村上天皇を偲んで涙した。二月、藤原師尹の家人と藤原兼家の家人が闘乱し、師尹の数百人に及ぶ家人が兼家の屋敷を打ち壊す事件が起こった。藤原兼通は正月の除目で参議になったものの、中納言と蔵人頭を兼任している兼家との差は依然として開いていた。世間の評判を面白くないと感じた兼通は、この頃から出仕を怠るようになる。三月、源高明が為平親王が立太子されなかったことを恨んで朝廷を転覆させようと企んでいるという噂が流れ始める。源満仲らが源高明の謀反を密告し、高明は太宰外帥に左遷された。藤原師尹が左大臣に、藤原在衡が右大臣になった。翌日、高明は出家した。人々は、この事件は藤原師尹による陰謀ではないかと噂した。四月には高明の西宮殿が焼失した。何者かが屋敷に火をつけたのではないかという噂も流れた。

八月、冷泉天皇が譲位して、守平親王が円融天皇として即位した。
師尹は年が明ける前に亡くなり、高明の祟りによるものだと噂されてしまう。
小一条邸の鶴の鳴き声を耳にした実頼は、主人に先立たれて哭くならば、どうして長寿を譲らなかったのだと嘆く。

十二月、賀茂保憲が主計頭に任じられる。これが、陰陽寮出身者が他の寮の官職を兼任するようになった最初の例になった。

EP31 泰山府君への手紙(晴明がかつての妻と再会し、神仙であったことを知る)

天禄元年(970)五月、藤原実頼が亡くなった。七月、藤原師氏が病に倒れた。師氏は自分の人生を振り返り、善行を積んでこなかったことを後悔していた。だが、今更後悔しても仕方ないと思い直して、師氏は自身の名前を書いた紙を空也上人に渡して「多忙ゆえに善行を修することができずにいたところへ、こうして病を患ってしまいました。今はただ、あの世に行くのを待つばかりです。地獄で報いを受けるのを逃れる術もありません。どうかお助けください」と懇願した。空也上人は師氏が亡くなったら棺の上にこの手紙を置き、お許しがあれば手紙は焼けずに残ると伝えた。また、空也上人は安倍晴明に事情を説明し、再び泰山府君のもとを訪れて師氏が無事に極楽浄土へ行くことができるよう説得してほしいと頼む。こうして、晴明は再び冥府へ行くことになる。晴明は一条戻橋から冥府へ向かった。

碧霞元君は冥府に晴明が来ていることを知った。炳霊帝君の制止を振り切り、元君は晴明に会いに行く。晴明は元君とようやく再会を果たすが、元君は梨花であった頃の記憶を失っていた。侍女から碧霞元君と呼ばれているのを聞いて、晴明はその人がかつての自分の妻ではなく神女であるということがわかった。元君は晴明を自分の宮殿に連れて行った。元君が晴明の手をとって床に上ろうとすると、侍女が卑しく汚らわしい凡人が床に上ってはいけないと言う。しかし、元君は晴明を床に上らせた。元君は懐から梨の花の髪飾りを取り出して、竜王に髪飾りを渡したのは晴明か尋ねる。晴明は元君が自分の妻にとてもよく似ていると言った。すると、元君から晴明の妻の名前について尋ねられた。晴明は元君とともに亡者の名前が載っている死籍を調べる。晴明は元君から梨花が死んだ時期など事細かに尋ねられるが、死籍に梨花の名前はなかった。さらに、晴明と元君は冥府の審判の間にある浄玻璃鏡を調べる。この鏡は亡者の人生を映し出す鏡で、亡者を裁くときに使われるのだが、その鏡にも梨花を映すことはできなかった。元君は泰山府君に死籍から晴明の妻の名前が消えていることについて尋ねた。泰山府君は、自分は消していないと答えた。元君は誰かが死籍から名前を削ったのかと尋ねるが、泰山府君は知らないと言う。晴明は泰山府君に、師氏を極楽浄土に行けるよう約束してほしいと願い出る。泰山府君は浄玻璃鏡で師氏の生前の行いを見て、これを認める。空也上人からの依頼は果たしたが、晴明は元君との別れを惜しんだ。元君は泰山府君に、調べたいことがあるので人間界に行かせてほしいと懇願する。泰山府君の許可を得て、晴明は元君を連れて都に帰った。

その後、師氏が亡くなり葬儀が行なわれた。翌朝になって晴明が灰の中を見ると、手紙は少しも焼けていなかった。師氏は極楽浄土に行くことができたのだとわかった。

十一月、賀茂保憲の推薦で安倍吉昌が天文得業生になった。

参考:古事談/日本紀略/類聚符宣抄

EP32 思いがけぬ再会(晴明が源高明の祟りを奏上し、藤原兼通が円融天皇に関白を要求する)

晴明の家で、元君は日記らしきものを発見する。それは、平安貴族の間で具注暦と呼ばれているものだった。日記は全部で十八冊あり、一冊に一年分の出来事が書かれていた。晴明のいない間に元君は具注暦を読み、晴明と梨花が出逢ってからのことを知った。最後の一冊には、梨花が神仙から自分の正体を教えられ、晴明のもとを離れなければならない苦悩と離別の悲しみについて記されていた。元君は、これまでは自分と晴明の妻が同一人物であったとは信じなかったが、その日記を読んでようやく疑念を抱き始める。そうしているうちに、晴明が天文観測から帰ってきた。元君は、具注暦を元あった場所に戻し、何も見なかったふりをして鄷都に帰った。元君は、梨花に正体を教えた神仙が炳霊帝君ではないかと思って尋ねるが、はぐらかされてしまう。しかし、その際の帝君の様子を見て元君は自分の推測が間違っていなかったことを確信したのだった。

天禄二年(971)、立て続けに藤原氏が亡くなることについて晴明はその原因を問われる。晴明は、左遷された源高明の祟りだと奏上する。さらに、このまま高明を太宰府に流したままならば、菅原道真のように都に雷が落ちてきたり、内裏が炎に包まれるだろうと脅かす。こうして、朝廷は源高明を太宰府から召還することを決めた。

天禄三年(972)閏二月、藤原兼家は権大納言に任じられた。このとき、兼家は右大将も兼任していたので、もうじき大臣になるだろうと噂されていた。八月、藤原伊尹が飲水の病に倒れる。十月、伊尹は摂政を辞任する表を提出した。その後、兼通・兼家も参内して摂政の辞任を認めるべきだと奏上した。しかしその後、兼通と兼家はどちらが伊尹の後を継ぐのかということについて口論になり、次第に激しい罵り合いになった。そうして、伊尹は摂政を辞任した。辞表が一度で認められたのは異例のことだったので、人々は驚き非難した。十一月の夜、伊尹は薨去した。その後まもなく、藤原兼通が安子の遺言状を携えて参内すると、円融天皇は鬼の間で戯れていた。兼通が近づいていくと、天皇は兼通の方をちらっと見てそのまま奥の方へ入ってしまう。めったに参内してこないので、天皇は面倒に思ったのだ。兼通は天皇に追いすがって安子の遺言状を見せた。そこには、安子の字で「関白のことは、兄弟の順序通りに任じるように」と書かれてあった。天皇は少しの間亡き母を懐かしみ、文を持ったまま奥の間へ入っていった。兼家は栄進を期待したが、意外にも兄の兼通の方が先に内大臣に任じられ、関白にまでなった。後になって兼家は兼通が策略を巡らせたことを知る。一方、藤原兼通は娘媓子の入内を急ぐ。

参考:大鏡/済時記

EP33 大乗院点地(晴明と保憲が大乗院を点地し、保憲が従四位に叙される)

賀茂保憲は暦道を光栄に継がせ、天文道を晴明に譲ると話した。円融天皇の御願により比叡山に大乗院を建てることが進められていたが、担当の藤原典雅が障りを称して動かない。そこで、平親信が現地に向かうことになった。保憲は大乗院点地の日時を選び、晴明も同行することになった。夜、親信は保憲の家を訪問し、翌日のことを案内した。その夜は庚申の日だったので、寝ることができなかった。翌朝、晴明たちは都を出発して比叡山に登った。一通り視察を終えた後、阿闍梨の房でもてなされた。本来であれば衣冠を着用すべきところを、保憲が視察する場所が多く不便だと言った。そこで、土地を鎮める儀式を行う時だけ衣冠を着用することになった。酉の刻に下山した。皆で帰京しようとしたところ、保憲が疲労で動けなくなってしまったので親信だけが帰り、晴明と保憲は現地で一泊してから帰ることになった。保憲は、晴明が自分に弟子入りした時のことを思い出す。

六月、晴明は天文博士の任を解かれ、保憲の息子光国が新たに天文博士に就任した。

十一月、保憲が陰陽師としては異例の従四位に叙された。しかし、保憲は位を光栄に譲った。

参考:親信卿記

EP34 宇治の橋姫(都で失踪者が相次ぎ、渡辺綱が鬼の腕を切り落とす)

天延四年(976)一月、冷泉上皇の女御藤原超子が皇子居貞を出産した。同年春、都に妖怪が多数出没し、老若男女問わず失踪者が続出した。失踪した人々は掻き消えるようにいなくなり、二度と帰ってこなかった。これによって、都の人々は申の刻を過ぎると家の門をきつく閉ざして外に出なくなった。朝廷は比叡山から大勢の僧綱を召して、清涼殿において仁王会を行わせた。また、源頼光をはじめ諸国の武士たちが禁門の警固にあたった。朝廷は安倍晴明を召して失踪者が多数出たのは神仏の祟りによるものか、あるいは悪霊の仕業か占わせた。晴明が占ったところ、宇治の橋姫の仕業であることがわかった。宇治の橋姫はとても嫉妬深い性格で、貴船神社に参詣した際、妬ましい女たちを殺めるために自分を鬼神にしてほしいと祈願した。すると貴船明神の神託があり、宇治の川原で鬼神になるための儀式を行うよう告げた。橋姫はお告げに従い、生きながらにして鬼神となったのです。五月になって再び内裏で火災が起こり、激しい魔風が吹いて炎が辺り一面に飛び散った。さらに六月には大地震が起こり、空が黒雲に覆われて大地は激しく震動し、民家が次々に倒壊した。この地震は二ヶ月間止まなかった。未曾有の災害が続き、人々はこの世の終わりだと泣き叫んだ。菅原道真の祟りだと言う者もいた。災害により、天延から貞元へ改元が行なわれた。ある晩、渡辺綱は源頼光の使いとして一条大宮まで行くことになりました。頼光は綱に髭切を持たせました。任務を終えた綱が一条戻橋を渡ろうとすると、橋の東詰を南の方へ渡っていく女の姿が見えました。綱が橋の西詰を渡っていると、女が馴れ馴れしく声をかけてきて、こんな夜更けに独りでは心細いので、家まで送ってくれないかと泣きついてきました。綱は女を馬に乗せました。途中で、女は一瞬のうちに鬼の姿となって綱の髻を掴み空高く飛ぼうとしました。綱は少しも動じず、髭切を抜いて髻を掴んでいた鬼の腕を斬りました。鬼は愛宕山へ逃げていきました。綱が鬼の腕を頼光に見せると、頼光は驚いて晴明を呼びました。晴明は綱に七日間物忌するように伝え、鬼の腕には厳重に封をして仁王経を読経するように言いました。綱が家に籠もってから六日目の夕方、門をたたく音がしました。訪問してきた女は綱の母親を名乗ったので、綱は門の前まで出ていきました。綱は物忌中だから会えないと言いましたが、女にしつこく頼まれたので仕方なく門の中にいました。女は、綱に鬼の腕を見せてほしいと頼んできました。綱が渋々鬼の腕を取り出して差し出すと、女は自分の腕だからもらっていくと言ってたちまち鬼の姿となり、逃げていきました。

参考:愚管抄/改元部類記/平家物語〈剣巻〉

参考平家物語 剣巻 宇治の橋姫伝説 現代語訳

あらすじ 源満仲の嫡子・摂津守源頼光の時代には、不思議な事が多かった。 第一の不思議は、多くの人々が行方不明になることだった。それも死ぬわけではなく、今まで一緒にいた者が忽然と姿を消してどこへ行ったの ...

続きを見る

EP35 土蜘蛛退治(源頼光が土蜘蛛を倒し、碧霞元君が晴明出生の秘密を知る)

秋の夜、源頼光の身体に冷たい風が吹き付けて、激しい頭痛に苛まれた。ようやく宿所に帰り着いたかと思うと寒気が増して、身体中が燃えているかのように汗が湧き出て倒れてしまった。安倍晴明や頼光四天王たちも必死に看病した。医師が頼光の脈を診てただの風邪だと薬を渡したが、一向に効果は見られなかった。あらゆる薬を試したが、熱は下がらなかった。夜になって、頼光は夢か現かも定かでない状態で、誰かが「我が背子が来べき宵なりささがにの蜘蛛の振る舞いかねてしるしも」と古今和歌集の歌を口ずさむ声が聞こえた。頼光が不審に思って目を開けると、燈火の影から見知らぬ法師が現れた。無数の糸筋を頼光に向かって投げつけてきたので、頼光が枕元に置いていた膝丸で蜘蛛を斬りつけると、跡形もなく消え失せた。燭台の下に血の跡があったので辿っていくと、大きな塚の前で巨大な山蜘蛛が傷を負って倒れていた。頼光は膝丸を蜘蛛切と改名した。

参考:平家物語剣巻/前太平記

土蜘蛛退治
参考源頼光の土蜘蛛退治

平安時代中期、源頼光は重病で病に臥しており、あらゆる薬を処方しても回復しなかった。ある夜、頼光の前に見知らぬ法師が現れ、病状を尋ねてきた。法師の正体は土蜘蛛の妖怪だと見抜いた頼光は、枕元に置いてあった ...

続きを見る

EP36 占事略决(藤原兼通が最後の除目を行い、晴明が占事略决を執筆する)

賀茂保憲が亡くなった。晴明も彼の弟子として賀茂家の一族に混ざって葬儀を行った。師匠亡き後、晴明は完全に賀茂家と決別する。晴明は賀茂氏の所有していた陰陽道の本を片っ端から書写し、これまでに学んできた知識と併せて一冊の本にまとめる計画を立てる。保憲が生きている間は読ませてもらえなかったのだ。

兼通は重病を患ってもなお、自らの地位を弟兼家に渡さない方法ばかり考えていた。ある時は兼家が冷泉院の御子を即位させようと企んでいると讒言し、またある時はひたすらに兼家の無能ぶりを訴えた。さらには、兼家から官位を取り上げて左遷する方法はないか思案を巡らせていた。同年十月、藤原兼通が病に臥していたとき、外から先払いの声がした。兼通は兼家が見舞いに来たのかと思って待っていると、兼家は屋敷の前を通り過ぎて参内したのだった。それをよく思わなかった兼通が参内したところ、ちょうど兼家が円融天皇に拝謁していた。兼家は兼通がすでに亡くなったものだと思っていたのだ。そこへ不意に兼通が現れたので、兼家はひどく驚いた。兼家は兼通をちらっと見て、鬼の間の方へそそくさと逃げていった。兼通は最後の除目を行うと宣言し、次の関白に藤原頼忠を指名する。それから兼家の右近衛大将の官職を取り上げ、藤原済時を大将に任じ、さらに兼家を治部卿へ降格した。この除目に衝撃を受けた兼家は天皇に長歌を奏上する。その歌には、自分は長きに渡って誰よりも天皇を支えてきたこと、年内に元の職に戻してほしいと書かれていた。天皇は、この月だけは我慢するように伝える。退出してまもなく、兼通は亡くなった。翌年の除目で、兼家は右大臣に任じられる。兼家は、自分が冷遇されていた当時は藤原氏が絶えてしまうのではないかと思えたと円融天皇に歌を奏上した。それに対して、円融天皇は昔から川の流れのように延々と続いてきた藤原氏なのだから、嘆くことはないと返した。そんな中、兼家は夢の中で兼通の屋敷からおびただしい数の矢が東の方へ向かっていくのを目撃した。よく見ると、矢は悉く兼家の屋敷に落ちていった。兼家は不吉な夢だと恐ろしく思った。晴明は兼家から夢占いを命じられる。占いの結果、兼家が見た夢は悪夢ではなく、天下が兼通から兼家に移り、兼通に仕えている人々がそのままそっくり兼家の方へ参るという吉夢だった。

天元二年(979)、晴明の執筆した『占事略决』が完成した。晴明は、この書を安倍家に代々伝えようと吉平と吉昌にも読むように伝えた。

藤原媓子が崩御した。

EP37 初めての弟子(晴明が芦屋道満を弟子に迎え入れ、泰山府君が新たな冥官を登用する)

播磨国の法師陰陽師芦屋道満は、仏法のことはまったく知らなかったが占いに優れており、度々奇特を起こしては人々を驚かせた。道満は、地元で自分と肩を並べる者はいないだろうと慢心した。そんな時、道満は晴明の噂を聞きつけ、都に上って晴明を打ち負かそうと思い立つ。ある日、一人の法師が晴明のもとを訪ねてきた。法師は従者として二人の童子を連れていた。晴明がどこから来たのか問うと、法師は播磨国からきた芦屋道満という法師で、晴明が優れた陰陽師だという噂を聞きつけて、陰陽道を習おうと志して来たのだという。晴明がふと道満の従者を見ると、人間のものではない気配を放っていた。そこで、晴明は道満に今日は忙しくて時間がとれないから吉日を選んでまた来るように伝えた。道満は手をすり合わせて感謝して帰っていった。しばらくして道満が戻ってきて、従者の童子が二人ともいなくなったので返してほしいと言ってきた。晴明は従者を道満に返し、他の者ならともかく自分にこんなことをしてはいけないと忠告した。道満は自分を晴明の弟子にしてほしいと懇願してきた。晴明は妖術を使う道満を野放しにはしておけないと思い、弟子に迎えることにした。

天元三年(980)六月、藤原詮子が皇子懐仁(後の一条天皇)を出産した。

天元五年(982)、藤原遵子が入内し、賀茂光栄が反閇を奉仕する。一向に懐妊の気配が見られなかったので、人々は遵子を「素腹の后」だと非難した。十月、慶滋保胤は『池亭記』を記した。保胤は長年の夢であった自分の家を持つことができて感じ入る。永観二年(984)十一月、源信は『往生要集』の執筆を始める。晴明は、自分が見てきた地獄の有様を源信に伝える。寛和元年(985)四月、『往生要集』が完成した。

冥府では、以前は小野篁や菅原道真などの優秀な冥官がいたが、皆生まれ変わることを望んで冥府を去ってしまった。泰山府君は碧霞元君に、彼らに代わる優秀な冥官を登用することができたと話す。

参考:安倍晴明物語/扶桑略記/日本紀略/小右記/往生要集

EP38 花山院出家(晴明が花山天皇の出家を察知し、吉昌が天文博士に任じられる)

花山天皇は重い頭痛を患い、特に雨の降っている日はひどく痛んだ。ありとあらゆる治療が施されたが、一向に治らなかった。安倍晴明が占ったところ、花山天皇の前世によるものであった。晴明は天皇の前世は優れた行者であったこと、前世の髑髏が大峰の岩の隙間に挟まっていること、雨が降ると髑髏が岩に押されるので痛みを感じるので、御頭を取り出して広い場所に置けば痛みが治まるであろうことを奏上した。天皇が現地に使者を遣わしたところ、谷底に髑髏が挟まっていた。使者が髑髏を取り出して都に帰ってくる頃には、天皇の頭痛は平癒していた。寛和元年(985)十一月、安倍晴明は大嘗会において吉志舞を奉納した。寛和二年(986)四月、慶滋保胤が出家した。
同年六月の夜、花山天皇は出家のため密かに内裏を出発した。その夜は月がとても明るく輝いていたので、天皇は人に見つかってしまわないか危惧したが、神璽と宝剣が懐仁親王に渡ってしまった今、後戻りすることはできなかった。弘徽殿の女御からもらった手紙を忘れてきたことに気づいた天皇は手紙を取りに戻ろうとしたが、出発するほかなかった。その頃、晴明は家の縁側で涼んでいたところに、帝座の星が突然移動したのを目にした。晴明が帝の退位を示す兆しだと驚いているところに、家の前を花山天皇が通り過ぎた。晴明は大急ぎで参内し、このことを奏上した。官女たちは天皇がいなくなったことに気付いておらず、御座所や御寝所をはじめあらゆる宮舎を捜して回ったが天皇の姿はない。貞観殿の小門がたった今人が出ていったかのように細く開いていた。さてはこの門を出て出家に向かったのだろうと、女御や更衣は泣いて悲しんだ。天皇の出家を伝え聞いた公卿たちも参内し、呆然とした。御車屋には乗り物があったので、徒歩で向かったのであればまだ遠くには行っていないだろうと、追手が差し向けられた。

花山寺に到着して、花山天皇が剃髪した。すると、藤原道兼は父に出家前の姿を最後に見せてから剃髪したいと申し出て退出した。その時、天皇は騙されたことに気付いて戻ろうとしたが、源頼光らに阻まれてどうすることもできなかった。これは、藤原兼家がもしもの事態に備えて頼光ら源氏の武者を天皇に同行させていたのだ。翌日、一条天皇即位の儀式が行なわれた。
同年九月、安倍吉昌が天文博士に任じられる。

参考:古事談/園太暦/安倍晴明物語/前太平記/大鏡

EP39 花山院の熊野参詣

花山院は出家の思い出作りに熊野へ参詣し、熊野三山を巡礼した後、瀧本に卒塔婆を立てました。その銘文には「智證門人阿闍梨滝雲坊 行真」と書かれていました。花山院が修行のために籠もっているとき、天狗が襲いかかってきて修行を妨げようとしました。そこで、晴明は狩籠の岩屋にたくさんの魔類を祭り置き、天狗を撃退しました。こうして、花山院は千日間に渡る修行を成し遂げました。花山院の信心深さに感銘を受けた東海竜王は老人の姿となって地上に現れ、花山院に如意宝珠と水精の念珠、九穴の鮑貝をそれぞれ一つずつ授けました。しかし、花山院は自分のものにはせず、未来の行者のためにと、宝珠を岩屋に納め、念珠を千手堂に納め、鮑貝は滝壺に放ちました。

初めての北野祭が行われた。この祭は、故菅原道真を天満天神として祀る祭祀である。

晴明は泰山府君に、泰山府君を祀る儀式を行わせてほしいと願い出る。泰山府君はこれを承諾し、祭祀を行う時に必要な供物や呪文について伝える。死籍から生籍に名前を移す作業が必要になるため、紙・筆・硯・墨などの筆記用具を供えてほしいのだという。また、延命祈願の際の依代として鏡や木製の人形を求められる。晴明は日本に泰山府君の名を広めることを約束して冥府を後にした。

参考:源平盛衰記/権記

EP40 泰山府君祭(晴明が泰山府君祭を行い、陰陽寮の祭祀に加える)

永延三年(989)二月、この頃円融法皇は一条天皇のことで夢見が悪かったので、尊勝御修法・焔魔天供・代厄御祭を行うことになった。そこへ、晴明は焔摩天供と代厄御祭の代わりに泰山府君祭を奉仕させてほしいと願い出て、泰山府君は人間の生死福禄を司る陰陽道の最高神だと説明する。実資は往古の記録を辿ってもそのような祭祀は聞いたことがないと反対するが、晴明はかつて自分が非公式な形式であるもののこの祭祀を行ったことによって、村上天皇や朱雀上皇を疫病から救い、冷泉天皇の寿命を延ばすことができたのだと語る。藤原兼家は祭祀の実施を認め、陰陽寮に尊勝御修法と泰山府君祭を行う日を勘申させる。陰陽寮も泰山府君祭のことを聞いてざわめく。こうして、晴明は公の場で初めて泰山府君祭を行うことになる。祭祀の場で、晴明は泰山府君に言われたとおりの供物を準備し、祭文を唱えた。泰山府君と司命などの神々も冥府から祭祀の様子を見物した。碧霞元君もまた、物陰から晴明を見守っていた。天皇を延命させる代わりに、法皇の寿命が削られた。果たして泰山府君祭は無事に終わり、数日後に法皇の夢見はすこぶる良くなった。晴明は泰山府君祭を陰陽寮の祭祀に加えたいと奏上し、認められる。

こうして泰山府君祭は陰陽寮に受け入れられたものの、現状では数ある陰陽道の祭祀の一つにすぎなかった。そこで、晴明は自分が生み出した祭祀を盛り上げるために、碧霞元君に天女の役を務めてほしいと頼み、元君も快諾する。一ヶ月後、朝廷で花宴が催された。晴明は、泰山府君祭の効験は人間以外にも及ぶので、桜の花に泰山府君祭を延ばして花の命を延ばしてみせようと宣言する。晴明が祭祀を行うと、空から天女に扮した元君が降りてきてその場にいた人々は驚いた。天女は桜の美しさに感嘆し、花びらを袖に隠して天に上っていった。数日後、本来であれば散っているはずの桜がまだ咲いていた。人々は晴明の泰山府君祭によるものだと感動した。晴明は、これは自分にしか出来ない秘術なのだと述べた。

参考:小右記

第41話:永祚の風

永延三年(989)六月、彗星が出現したことにより改元が行なわれた。同年八月、都で暴風雨が起こり、酉の刻頃から子の終刻まで続いた。激しい風によって普門寺が焼亡し、右馬寮が倒壊して馬が下敷きになってしまった。安倍晴明が占ったところ、この災害は西の山に棲む幻術を得意とする鬼の仕業であり、源頼光を辺境に下向させれば鬼はいよいよ勢いを増して、必ずや朝廷に災いを及ぼすと奏上した。藤原兼家は、源頼光を奥州に向かわせることは考えていたもの口には出していなかったところ、このようなお告げあったのならば神託にちがいないと大いに驚嘆した。まずは年号を改めて災いを消そうと永祚に改元が行われ、源頼光の奥州下向も延期となった。

十月、遍照寺で大般若経の供養が行なわれた。多くの貴族が参列した。音楽の演奏があり、大唐・高麗楽の舞が童舞があった。若い貴族や僧たちが晴明に話しかけてきた。彼らは式神を用いて人を殺めたりすることもできるのか聞いてきたので、晴明は虫などであれば殺められるが、生き返らせる方法がないから罪づくりなことをしても仕方がないと答える。そこへ、庭から蛙が池の方へ飛び跳ねて行った。貴族の一人が、晴明の力がどれほどのものか見たいので、あの蛙を殺めてみてくれないかと行ってきた。晴明は、自分を試そうというのであれば仕方がないと行って草の葉を摘み取り、呪文を唱えるようにつぶやいて蛙の方へ投げやった。すると、草の葉は蛙の上にかかったところで、蛙はぺしゃんこに潰れてしまった。その場にいた人々はみな真っ青になって怖気づいた。

藤原兼家は太政大臣に任じられ、その御礼参りとして先祖の御墓所へ参詣した。藤原道長も同行したが、道長は多くの先祖が葬られている御墓所に寺がないのは非常に残念だと思い、いつか自分が偉くなった時にこの地に三昧堂を建てることに決める。

参考:愚管抄/今昔物語集/小右記

EP42 酒吞童子との戦い

藤原道隆の娘定子が入内し、一条天皇の女御となった。

都の人々が次々に失踪する事件が起こった。安倍晴明が占ったところ、大江山に棲む鬼の仕業だとわかった。大江山には鬼神が住んでおり、日が暮れると都だけではなく近隣諸国の者までも数知れぬ程さらって行くという。攫われるのは、決まって見目麗しい女房であった。そこで、一条天皇は源頼光に鬼神を退治するよう命じた。頼光は勅命を承ったものの、自分たちの力だけでは無理だと思い神仏の加護を祈願することにした。大江山の翁たち曰く、この山の鬼神はよく酒を呑むことから酒吞童子と名付けられ、酒を呑ませれば前後不覚になるという。晴明は翁から神便鬼毒酒を受け取り、この酒を鬼が呑めば力を失い、晴明たちが呑めば薬になると伝えられた。翁たちは、八幡・住吉・熊野の三社の神が人の姿をとって顕れたのであった。晴明たちが翁に言われたとおりに河上を登ると、貴族の娘たちを発見した。彼女たちは家族を恋しく思い、さめざめと泣いていた。河上をさらに登ると酒吞童子の居城があり、夜になると娘たちが召される。入口では酒吞童子の眷属として星熊童子・熊童子・虎熊童子・金熊童子の四天王が見張り番を務めている。彼ら四人の力は例えようがないほどだという。晴明たちは酒吞童子の居城にたどり着き、頼光が都から持参した酒を酒吞童子に勧めた。酒吞童子は盃を受け取って呑んだ。その味は甘露のようであった。酒吞童子は女たちにも呑ませると言って、姫君たちを呼び寄せた。彼女たちもまた、都の貴族の娘であった。酔いが回った酒呑童子は、身の上話をし始めた。さらに、自分の眷属である茨木童子を都に行かせた際に渡辺綱に遭遇したことを話した。その後、酒呑童子は眷属の四天王にも酒を呑ませ、鬼たちは泥酔して床に転がった。この様子を見た頼光は姫君たちに近づき、今夜必ず鬼を倒して都へ返すと約束した。鬼の手足を鎖で繋いで四方の柱に縛り付け、頼光が首を切った。酒呑童子の断末魔は、雷が天地に響くかのようであった。星熊童子や金熊童子など十人余りの鬼たちも倒した。晴明たちは捕らえられていた娘たちを連れて都に帰った。同年十月、晴明は賀茂光栄から、光栄の弟光輔が裸で抜刀し藤原道隆の邸宅に乱入する騒ぎを起こしたという噂を耳にする。

参考:御伽草子/大江山絵巻/小右記

EP43 羅城門の鬼(羅城門の鬼神が疫病を引き起こし、渡辺綱が鬼神と対峙する)

正暦四年(993)二月、一条天皇が急病を患ったので、安倍晴明が御禊を奉仕したところすぐに平癒した。その功績によって、晴明は正五位上に叙される。

年が明けて、都では疫病が流行り始め、世の中がとても騒がしくなった。その勢いは次第に増していき、四位や五位の貴族までもが病で亡くなった。藤原道隆が亡くなり、藤原道兼が関白を引き継いだがわずか数日後で道兼も亡くなってしまう。晴明が占ったところ、羅城門にいる鬼神の仕業ではないかということになった。
ある春の夜、晴明は源頼光から酒宴に招かれた。そこには頼光四天王もいた。頼光が近頃珍しいことはないかと聞くと、平井保昌が羅生門に鬼が棲んでいるという噂について話し始める。綱はそんなことがあるはずがないと反論し、口論になってしまう。その結果、綱は噂の真偽を確かめるため羅生門に行くことになる。夜更けに雨が降りしきる中、綱は羅生門へやって来た。その証拠として頼光から賜った標の札を門の壇上に置いて帰ろうとした。すると、何者かが綱の兜を掴んで引き止めた。それはまさしく羅生門の鬼神だった。綱は鬼と渡り合い、鬼神の腕を切り落とし、鬼神は黒雲の向こうに逃げ去った。

長徳元年(995)七月、陣の座において藤原道長と藤原伊周が口論になった。その様子は闘乱かと思うほどであった。その数日後には、道長の従者と藤原隆家の従者が闘乱を起こし、道長の従者が隆家の従者に殺された。八月、晴明のもとに高階成忠の邸宅において法師陰陽師が道長を呪詛したとの報せが届く。その呪詛は、藤原伊周の命によるものだったという。

EP44 長徳の変(長徳の変が起こり、道満が藤原道長を呪詛する)

長徳二年(996)一月、藤原伊周は故藤原為光の三の君のもとへ通っていた。同じ頃、花山法皇はその妹の四の君のもとへ通っていた。ところが、伊周は花山法皇も三の君のもとに通っているのだと誤解し、隆家に相談する。隆家は花山法皇を脅そうと弓に秀でた従者に命じて、四の君のもとから帰ろうとする花山法皇に矢を射させた。藤原隆家の従者が射た矢が花山法皇の衣の袖に当たった。驚いた法皇は慌てて帰った。互いの従者同士が闘乱になり、隆家の従者が花山法皇の従者を殺めた。花山法皇は女のもとに通っていたことを知られたくなかったので事件を公にせず包み隠していたが、結局のところ大勢の人々に知られることとなった。二月、伊周の家人の屋敷が捜索され、藤原道長は一条天皇から伊周・隆家の罪科を定めるよう命じられる。三月、藤原定子が職曹司から里へ退出した。同行する者は少なく、里第における宴会もなかった。その後、藤原詮子が病にかかり、大赦を行うことになる。安倍晴明が道長の命で詮子の病の原因について占ったところ、呪詛の可能性があるため、寝殿を捜索した。すると、板敷の下から呪物が縛り付けられた土器を発見した。また、藤原伊周が太元帥法を私的に行っている噂もあった。この修法は私的に行ってはいけないものだった。

四月、隆家と伊周は花山院を射た罪、藤原詮子を呪詛した罪と私的に太元帥法を行った罪で配流されることとなった。だが、隆家と伊周は定子の御所に籠っており命令に従わなかった。そこで一条天皇は宣旨を下し、夜に大殿の戸を取り壊して隆家を捕らえさせた。一方、伊周は御所を脱出して愛宕山に逃げ隠れたという。すぐに検非違使が山に登って伊周を捕らえ、配所に行かせた。十二月、法師陰陽師が道長を呪詛したことがわかった。

参考:小右記/安倍晴明物語

EP45 泣不動縁起(晴明が園城寺の師弟のために泰山府君祭を行う)

園城寺の智興阿闍梨は疫病にかかって心身ともに苦しみ、高熱にうなされた。しかし、大法秘法や医療鍼灸のかぎりを尽くしても、一向に効果が見られない。大いに悲嘆した弟子たちは、晴明を呼んで師匠を助けてほしいと懇願した。晴明は智興の様子を見た後、弟子の中から誰かが師の身代わりになればその者の名を都状に記し、泰山府君に祈祷して寿命を取り替えると言った。智興には大勢の弟子がいたが、なかなか名乗り出る者はいなかった。晴明の言葉を聞いてもなお身代わりになろうとする者はいないのであった。弟子たちは互いに顔を見合わせ、しばらくの間静寂が続いた。そこへ、十八歳になる證空という弟子が晴明に身代わりを申し出た。彼は、長年師匠に付き従っていた弟子だった。しかし、師匠に特別気に入られていたわけではなかった。證空は、自分は人生の半分以上を生きたのだから残りの人生もそう長くなく、貧しくて善行を積むこともできないため、自分が身代わりになると決めたのであった。晴明は、證空の志は大いに師の恩に報いるだろうと感動し、ほかの弟子たちも涙を流した。身代わりの祈祷を行う前に、證空は故郷の母に別れの挨拶したいを申し出たので、晴明はこれを許可した。證空の母は證空が身代わりになることを嘆いたが、證空の師匠への想いを受け入れて送り出した。證空が戻ってくると、晴明は泰山府君祭を行い、香の煙が燻るなか祈祷した。すると、智興の病はたちまち平癒し、證空が苦しみだした。師匠が助かったので、弟子たちは證空の死に備えて死穢に触れても構わない部屋を用意し、證空も自分の持ち物を整理して遺言を書き、部屋の中で念仏を唱えた。證空は高熱にうなされ、計り知れないほどの苦しみに苛まれた。眠りについた證空の夢の中に神託があり、證空は助かった。夜が明けても證空が生きていたので、周囲の人々は驚いた。晴明は泰山府君の慈悲によって師匠と弟子ともに助かったと伝えた。師匠と證空は泣いて喜んだ。長徳四年(998)九月の庚申の夜、晴明が殿上に伺候していると、一条天皇をはじめ若い殿上人の多くが眠気を覚えて長い夜を持て余していました。晴明は天皇に何とかして皆の眠気を覚ますよう命じられます。晴明がしばらく祈祷を行うと、天皇の御前にあった剪灯台をはじめありとあらゆるものが一ヵ所に集まって踊り跳ね出しました。しかし、ものすごく激しい動きだっだので皆驚いて震え上がってしまいました。天皇から皆が怖がらないことをするように命じられた晴明は、それならば皆を笑わせてみると申しました。晴明は明るい場所へ算木を運んでいき、置き広げました。殿上人たちは嘲笑しましたが、晴明が算木を置き終えると皆は不思議と可笑しい気持ちになって笑い出しました。天皇も笑いが止まらなくなり、部屋の奥へ入っていきました。笑い声は宮中に響き渡り、笑うのをやめようとしてもやめられませんでした。殿上人たちが晴明に向かって手をすり合わせながら笑いを止めるように懇願すると、晴明は算木を押し崩しました。すると、何事もなかったかのように笑い声は止みました。

参考:今昔物語集

EP46 道長を襲う呪詛(晴明が道長呪詛の犯人を探す)

長保二年(1000)五月、藤原道長が病に倒れた。安倍晴明が占ったところ、道長の病は式神による呪詛ではないかということになった。その後、道長の邸宅で呪物が発見された。
寂心が材木を求めて播磨国へ赴くと、紙冠を被って祓えを行っている法師陰陽師がいた。寂心は慌てて法師陰陽師のところへ走り寄って何をしているのか尋ねたところ、祓えをしているのだと答えた。さらに、寂心がなぜ紙冠を着けているのか尋ねると、祓戸を守護する神々は法師を嫌うからだという。寂心は声を上げて法師陰陽師に掴みかかり、驚いた陰陽師は祓えを中断してしまった。寂心は、仏の弟子の身でありながら仏の忌み嫌うことをするのは無間地獄に落ちる業をなすことだと法師陰陽師にすがりついて泣き崩れた。法師陰陽師は寂心の言葉を聞き入れながらも、こうしなければ生活していけないのだと言った。寂心は人々から寄付されたものを法師陰陽師に与えて都に帰った。

参考:小記目録/宇治拾遺物語

EP47 陰陽の達者(晴明の追儺に人々が呼応し、賀茂光栄が暦道伝授の勅命を受ける)

長保三年(1001)閏12月、藤原詮子が亡くなったことによって、藤原顕光は天応・延暦の先例に倣って追儺を停止すべきだと奏上した。その結果、年末は大祓だけ行い、追儺は中止となった。しかし、安倍晴明が自宅で追儺の祭文を読み始めたところ、都の人々も晴明に呼応してそれぞれ追儺の儀を行った。その噂は朝廷に届き、人々は晴明を陰陽の達者だと評価した。

賀茂光栄は一条天皇からの勅によって、賀茂光国に暦道を伝授するよう命じられる。しかし、光栄は暦道については子息に習い継がせるべきだと勅命を拒否しつつも、光国の才も認めて陰陽助あるいは博士に欠員が生じたときに任じられるのがよいと答える。晴明は藤原行成のために泰山府君祭を奉仕することになる。晴明は行成に必要な供物を伝え、延年益算を願った。

参考:政事要略/権記

EP48 道満の厭術(晴明は道長呪詛の犯人が道満と知り、道満は播磨の国へ追放される)

藤原道長のもとに早瓜が献上されたが、物忌の期間中だったので、受け取っても良いか晴明が占った。晴明が瓜を調べたところ、一つの瓜から毒気が感じられた。晴明が祈祷をさせると瓜は左右にゆらゆらと揺れ始めた。源頼光が刀で瓜を叩き割ると、瓜の中で小さな毒蛇がとぐろを巻いていた。頼光が瓜を割ったときに蛇の頭も切られていた。長保六年(1004)二月、藤原道長が法性寺の修理巡検のために門に入ろうとした時、連れていた白い犬が道長の前に立ちはだかり、門の中に入れないように吠え回った。道長はしばらく立ち止まって様子を見ていたが、特に変わったことはなかったので再び入ろうとした。すると、犬が道長の衣の裾を加えて引き止めようとした。何か理由があるのだろうと思った道長は晴明を呼び、吉凶を占うよう命じた。晴明はしばらくの間占い、犬が道長を引き止めたのは道の下に厭物が埋められていたからだと伝えた。さらに、晴明は道長に命じられて厭物が埋まっている場所を占い掘り起こすと、土を五尺程ほったところに厭物が埋められていた。そこには、土器を二つ打ち合わせたものに黄色い紙が十文字に縛り付けられていた。土器の中には何も入っていませんでしたが、底に朱砂で一文字が書かれていた。道満の仕業だと察した晴明は懐から紙を取り出し、鳥の形に折って空へ投げた。紙の鳥はたちまち白鷺になり、南方へ飛んでいった。晴明たちが鳥を追っていくと、古民家の中に落ちていくのが見えた。そこは道満の家だった。道満は播磨国へ追放された。

寛弘元年(1004)の夏、晴明は五龍祭を奉仕した。夜になって大雨が降り、人々は晴明の祭祀に効験がみられたのだと感動した。翌日、晴明は褒美を賜った。

参考宇治拾遺物語 御堂関白御犬晴明等奇特事 現代語訳

犬が神通力によって藤原道長を呪詛から救った説話は、『宇治拾遺物語』『古事談』『十訓抄』などに収録されています。道長が法成寺に入ろうすると連れていた犬に引き止められたので、道長が安倍晴明を呼んで占わせた ...

続きを見る

第49話 決戦!平安京

第50話:最終回

三年後、碧霞元君は年に一度狐仙の登用試験を行い、合格した者を狐仙とする制度を設けることに決める。修行を終えた狐仙は月に何日か元君の下で働くことになった。さらに元君は、九尾狐族の皇女を人間の姿に戻す。

安倍晴明ゆかりの地

ゆかりの地の数

↓安倍晴明ゆかりの地MAPを見る↓

no image
参考安倍晴明ゆかりの地

安倍晴明ゆかりの地 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 東京 茨城 神奈川 栃木 千葉 群馬 山梨 埼玉 新潟 長野 富山 石川 福井 静岡 岐阜 愛知 三重 滋賀 京都 兵庫 大阪 奈良 和 ...

続きを見る

晴碧花園 - にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

安倍晴明を大河ドラマに
安倍晴明関係の年表
安倍晴明関係の説話一覧
安倍晴明ゆかりの地
陰陽師たちの活動記録
Twitterをフォローする
平安時代について知る
TOPページに戻る
購読する
follow us in feedly rss
SNSで共有する