角色 鎌倉時代

大姫

略歴

義高との結婚

墨俣川の戦いに敗れた源行家は、頼朝からの待遇に不満があって義仲方に付いた。
頼朝と義仲は衝突寸前までいったが、義仲の子清水義高が頼朝の娘大姫と結婚し、人質として鎌倉に入ることで事態は収まった。

元暦元年(1184)4月21日、義仲の息子・義高は頼朝の聟となっていたが、父義仲がすでに勅勘を蒙り誅されていたので、その息子である義高も誅殺するべきだと頼朝は内々に決めた。
頼朝が御家人たちにその命令を下していたちょうどその時、女房たちがこのことを聞いて密かに大姫に報告した。
義高は計略をめぐらし、その日の夜に女装して大姫の女房に囲まれて御所を抜け出した。
その後、他の場所に隠しておいた馬に乗り、気付かれないように蹄を綿で包んで出発した。

一方、義高と同い年である海野幸氏は、義高と入れ替わって帳台に入り、宿衣の下に臥して髻だけを出していた。
朝になると義高がいつもいた場所に来て、普段と変わらない様子で独りで双六を打っていた。
義高は双六が好きで、幸氏はいつもその相手をしていたのである。

ところが、夜になって事態が顕になった。
頼朝は激怒し、すぐに幸氏を拘禁し、堀親家らの兵士をいくつかに分けてそれぞれの道に派遣し、義高を討ち取るように命じた。
大姫は魂が消えるような思いであった。

そうして26日、堀親家の郎従である藤内光澄が鎌倉に帰参し、入間河原で義高を誅殺したと報告した。
本来は内密の事だったのだが、すでに大姫の耳には届いていて、嘆きの余り食事も喉を通らなかった。
政子もまた大姫の心中を察し、深く悲しんだ。
殿中の者も皆、愁いに沈んだという。

義高を討ち取った御家人が罰される

義高が討ち取られて以後、大姫は悲しみの余り病床に臥し、日を追うごとに憔悴していった。
政子は「志水(義高)の誅殺によってこの病気が起こった。すべてはあの親家の郎従の不始末から起こったのである。たとえご命令に従ったとしても、なぜ内々に事情を大姫に知らせなかったのか」と非常に憤慨したので、頼朝も追求を逃れることはできなかった。

結局、元暦元年(1184)6月27日、自ら義高誅殺を命じておきながら、藤内光澄を斬罪に処すことになってしまった。

大姫の朝廷入内

建久5年(1194)8月14日、一条高能が京都から鎌倉にやって来た。
高能は頼朝の外甥であったため、頼朝と対面することとなった。

政子は大姫を高能に嫁がせようとしたが、大姫は「そんなことになったら、深淵に身投げする」と言った。
これを聞いた高能は、大姫との婚姻はまったく思いもよらないことだと女房を通じて断った。

さらに建久六年(1195)、頼朝は東大寺の大仏供養のために政子と大姫を連れて上洛した。
頼朝の目的は大姫を後鳥羽の後宮へ入れることであり、そのために丹後局に会って贈り物をしたり荘園の回復を申し入れ、援助を要請した。
こうした中で源通親とも協力関係が生じたことによって、すでに娘の任子を入内させていた九条兼実との関係が悪化していく。

九条兼実との関係悪化

建久七年の政変

建久七年(1196)冬、九条兼実が九条殿に閉じ込められ、藤原基通が関白・氏長者に返り咲き、兼実の娘中宮任子(宜秋門院)も代理から追い出された。

源頼朝が娘大姫を入内させようとして源通親に接近したのを利用して、通親・梶井宮承人法親王・丹後局らが共謀し、頼朝と後鳥羽のそうほうに別々のことを言い立てて兼実が失脚するように仕組んだのだという。

参考資料

 

  • 五味 文彦「鎌倉と京 武家政権と庶民世界」講談社、2014年
  • リスト2
  • リスト3
  • この記事を書いた人

やみみん

FGOの考察ブログです。 妄想9割、真面目な考察が1割なので基本当たりません。 Twitter→ @yamimiin

-角色, 鎌倉時代

© 2021 源氏画報 Powered by AFFINGER5