異聞帯の王が人類悪の理を持っている理由

スポンサーリンク
FGO2部

まだ6章と7章が残っているので早計ではありますが、異聞帯の王が各ナンバリングのビーストに対応する理を持っている(ように見える)理由を考察していきます。

先に言ってしまうと、ビーストというのは何かしら『敗者』としての側面を持っていたり、不要とみなされて切り捨てられた存在だからだと考えています。

そして今までに登場してきたビーストたちは皆、廃棄孔(虚数空間)と関わりを持っています。

スポンサーリンク

異聞帯とは

過った選択、過った繁栄による敗者の歴史。
”不要なもの”として中断され、並行世界論にすら切り捨てられた”行き止まりの人類史”

Cosmos in the Lostbelt|Fate/Grand Order 公式サイト
TYPE-MOONが贈る、新たな「Fate」RPG。「Fate/Grand Order」公式サイト

ビースト

ビーストⅠ(ゲーティア)

ソロモンの骸の内側に封じられていた七十二柱の魔神たちの集合体。

ビーストⅠと虚数空間

時間神殿ソロモンは通常の時間流とは隔絶した虚数空間に存在する。

ビーストⅡ(ティアマト)

ティアマトの子どもである神々は原父アプスーに反旗を翻し、母であるティアマトにも剣を向けた。
戦いの末、ティアマトと十一の魔獣は敗れた。

ビーストⅡと虚数空間

ビーストⅡは”創世後に切り捨てられた母胎”であり、生態系が確立されてからは不要なものとして虚数空間に追放されていた。

ビーストⅢ/R(殺生院キアラ)

“天の孔”の本質は廃棄孔で、この”天の孔”の名を冠したビーストⅢ/Rは身勝手な人間の悪性情報『この世全ての欲』を受け止め、広がり続ける。

ビーストⅢ/Rと虚数空間

ゼパルがキアラに見せた数多の並行世界から、月の裏側と呼ばれた虚数空間でムーンセルを手に入れた自分を知った。

ビーストⅢ/L(カーマ/マーラ)

カーマ:パールヴァティーとシヴァに子を為させるために瞑想中のシヴァに恋慕の矢を撃ち込んだが、怒ったシヴァの第三の目によって焼き尽くされて灰になった。

マーラ:菩提樹の下で修行に励む釈迦の悟りを阻止しようとしたが、結局阻止することはできなかった。

ビーストⅢ/Lと虚数空間

『宇宙の破壊』を司るシヴァの第三の目、『宇宙を焼く存在』としての力を直接受けて灰になったカーマは逆説的に宇宙たる資格を得た。『そうである力』によって自分自身のかたちが同種の無と化してしまったことによる無辺際の領域との概念的同化、宇宙という概念と繋がった(マテリアルⅧより)。

「宇宙と概念的に同化した」=概念宇宙であれば虚数空間となりますが、明言はされていませんでした。

ビーストⅤ? 愛玩の獣

愛玩の獣と虚数空間

タマモヴィッチはオリジナルの玉藻が虚数空間に切り捨てた尾のひとつ

廃棄孔

影や幻、夢の残骸。奥底に沈殿する暗きもの

異聞帯は王の見る夢

廃棄孔アンドロマリウス

冠位時間神殿ソロモンの廃棄孔アンドロマリウスは特異点X(特異店F)に対応している
(ロゴが同じ)

ここではあらゆるものが無価値となり、不要だと廃棄された(=廃棄孔)
誰もが諦観し投げ捨てる”意志の終わり”でこの世の果てとも言うべき末世、祈るべき神さえいない事象の地平
何人も希望を求めぬ流刑の地であり、人々より忘れ去られた人理の外

焼却炉

辺獄の薔薇園。廃棄物として捨てられたものの跡地。
よくないもの、悪夢を見る場所として知られる。

STORY | TVアニメ『Fate/EXTRA Last Encore』公式サイト
アニメ『Fate/EXTRA Last Encore』シリーズ構成 奈須きのこ、キャラクター原案 ワダアルコ、原作=TYPE-MOON/Marvelous、アニメーション制作シャフト

宙の外

時間神殿は宙の外=虚数空間の工房

オルガマリーの決戦の日

オルガマリーの決戦の日は宙の外(事件簿マテリアルより)
宙の外=廃棄孔=特異点Fなら、異星の神(U-オルガマリー)との決戦の地が特異点Fということもありうる

大樹の虚

堕天の檻(10/10)より
2部3章 第16節「紅の月下美人」より

宙の外=廃棄孔=大樹の虚

英語版空想樹は『Tree of Emptiness』

Emptinessは「空虚」という意味