平安時代

【源平合戦】平清盛死去

【前回までのあらすじ】佐竹氏を倒した頼朝は平家追討の準備を進める。
そんな折、平清盛が亡くなったとの知らせが鎌倉に届いた……。

平清盛死去

養和元年(1181)閏2月4日戌の刻、平清盛が九条河原口の平盛国邸で亡くなった。
清盛は1月25日頃から病に臥せていたという。

清盛の遺言

三日後に葬儀を行い、遺骨は播磨国山田の法花堂に納め、七日ごとに作法通りの仏事を行うが、毎日してはならない。また、京都で追善の仏事を行ってはならない。
子孫は東国を帰服させる計略を立てて実行せよ。

19日、三善康信の書状が鎌倉に到着した。
清盛の遺骨を送るため播磨国へ下ったが、世の中の情勢が落ち着いた後に参上するとの事だった。

  • この記事を書いた人

やみみん

FGOの考察ブログです。 妄想9割、真面目な考察が1割なので基本当たりません。 Twitter→ @yamimiin

-平安時代
-

© 2021 Studio Yamimin Powered by AFFINGER5