【源平合戦】衣笠城の戦い

衣笠城の戦い 三浦介義明、一人で城に残る 治承四年(1180)8月26日、畠山重忠は平氏の恩に報いるため、由井浦での敗戦の屈辱を晴らすために三浦の者たちを襲撃しようとしていた。重忠は河越重頼に武蔵国か … 続きを読む 【源平合戦】衣笠城の戦い