平安時代

【源平合戦】衣笠城の戦い

衣笠城の戦い

三浦介義明、一人で城に残る

治承四年(1180)8月26日、畠山重忠は平氏の恩に報いるため、由井浦での敗戦の屈辱を晴らすために三浦の者たちを襲撃しようとしていた。
重忠は河越重頼に武蔵国から兵を率いてくるよう伝えた。

卯の刻には三浦の者にも知れ渡ったので、一族はみな三浦の衣笠城(現・神奈川県横須賀市衣笠)に籠城し、それぞれが陣を張った。
三浦義澄・義連が東の木戸口の大手を、和田義盛金田頼次が西の木戸を、長江義景大多和義久が中陣を守った。

辰の刻になって河越重頼、中山重実、江戸重長、金子・村山党の者たち数千騎が攻めてきた。
義澄らは応戦したが、先日の由比の戦いと今日の合戦で疲れ切っていたので、夜になると城から逃げ出した。
義明も連れて行こうとしたが、義明は城に残るといったので、義澄らは涙ながらに義明に従い、やむなく散り散りに退却した。

三浦介義明

私は源家累代の家人として、幸いにもその貴種再興の時に巡り合うことができた。こんなに喜ばしいことがあるだろうか。生きながらすでに80年余り。これから先を数えても幾ばくもない。
今は私の老いた命を武衛(頼朝)に捧げ、子孫の手柄にしたい。
汝らはすぐに退却し、(頼朝の)安否をお尋ね申し上げるように。
私は一人で城に残り、軍勢が多くいるように重頼に見せてやろう。

渋谷重国の温情

一方、大庭景親は渋谷重国に「佐々木四兄弟を探している間、妻子らを捕らえるべきだ」と言った。
しかし、重国は断った。

渋谷重国

彼ら(佐々木兄弟)とは以前からの約束があったので助けました。
しかし今、彼らが旧好を重んじて源氏のもとに参上するのを止める理由はありません。
私は、あなたの催促に応じて外孫の佐々木義清を連れて石橋山に向かったのに、その功を考えずに定綱らの妻子を捕らえよという命令を受けるのは、本懐ではありません。

景親は重国の道理に屈して帰っていった。

その夜、佐々木定綱・盛綱・高綱らは箱根の山奥を出たところで醍醐禅師全成に遭遇し、連れたって重国の渋谷の館に到着した。
重国は喜んだが、この事が知られないように倉庫の中へ彼らを招き入れ、密かに食事を勧めた。
重国が佐々木経高は討ち取られてしまったのかと尋ねると、思うところがあって一緒に来なかったのだと定綱が答えた。

佐々木定綱

経高を我が子のように思って久しい。
先日、頼朝のもとに参上するというので、一度は止めたのだが、言うことを聞かずに参上してしまった。
合戦が敗戦に終わった今、重国の心中を恥じて来なかったのだろう。

重国は、郎従らに経高の行方を探させた。
みな、重国の情の厚さに感動したという。

三浦義明、討ち取られる

治承四年(1180)8月27日辰の刻、三浦義明が河越重頼・江戸重長らに討ち取られた。89歳であった。

その頃、義澄らは安房国へ向かっていた。
北条時政・義時、岡崎義実、近藤国平らも土肥郷の岩浦から安房国を目指して船出した。
海の上で両者の船は合流し、心中の心配事などを話し合った。
景親は数千騎を率いて三浦に攻め寄せたが、義澄らがすでに海を渡った後だったので、帰ったという。

頼朝もまた土肥の真鶴崎から船に乗り、安房国へ向かった。
土肥遠平を使者として政子のもとに遣わし、離れ離れになってからの憂愁を伝えたという。

上総介広常のもとを目指す

治承四年(1180)9月1日、頼朝は上総介広常のもとに渡ることにした。
まずはじめに、幼少の頃に側で仕えていた安房国住人・安西景益のもとに手紙を送った。

令旨は厳重なものなので、安房国の在庁官人らを誘って参上せよ。
また、安房国で京都から下ってきた輩は、全員捕らえて差し出せ。

同年9月3日、大庭景親の謀略について評議があった。
景親が源家譜代の御家人でありながら、あちこちで頼朝に敵対しているのは、平氏の命令を忠実に守っているのではなく、別のことを企てているようにも見える。
しかし、景親に従っている者たちは武蔵国・相模国の住人ばかりのため、大した謀略ではないだろうということだった。
そこで、小山朝政・下河辺行平・豊島清元・葛西清重らに「それぞれ志のある者を誘って参上せよ」という内容の手紙を送った。

こうして、頼朝たちは平北郡から上総介広常のもとを目指して出発した。
同年9月4日、手紙を受け取った景益が一族と在庁官人2〜3人を伴い宿所に参上した。

安西景益

すぐに上総介広常のもとにお入りになるのはよろしくありません。長狭六郎のように謀略を巡らす者はまだ多くいます。
まずは使者を出して、迎えのために参るようにお命じになるのがよいでしょう。

そこで、馬を引き返して景益の家を訪れた。
和田義盛を広常のもとへ、安達盛長千葉介常胤のもとへ遣わし、参上するよう命じた。
義盛が帰参し、広常は常胤と相談の上で参上するつもりと申したという。
盛長も帰参し、常胤からの伝言を伝えた。

安達盛長

常胤は盛長の話を聞いていましたが、しばらく言葉を発さず、眠っているかのようでした。
二人の子息(胤正・胤頼)が早く武衛のもとに参上する旨の文書を出そうと言うと、常胤は『承諾することに全く異議はない。源家が中絶した跡を興されようとするので、感激の涙が止まらず、言葉にすることもできないほどなのだ』と申しました。

安達盛長

その後、酒宴となった折に『今いる(頼朝の)居所は取り立てて要害の地ではなく、源氏ゆかりの地でもありません。早く相模国の鎌倉にお向かいください。常胤は、一族郎党を率いてお迎えに参ります』と申しました。

上総国へ出発

治承四年(1180)9月13日、安房国を出発し、上総国へ向かった。
上総介広常は軍士を集めているため、しばらく遅れるという。
千葉介常胤は子息・親類を伴い源家に参上しようとしたが、息子の胤頼が目代の誅殺を勧めたので、目代の追討を命じた。

千葉介胤頼

当国の目代は平家方です。我々一族がすべて国を出て源家に参れば、必ず危害を加えてくるでしょう。まず目代を誅殺すべきです。

胤頼と甥の成胤は郎従等を率いて目代を襲撃し、首を刎ねた。
目代が討たれたことを聞いた下総国千田庄の領家である判官代藤原親政は軍兵を率いて常胤を襲撃しようとしたが、常胤の孫である成胤が戦い、生け捕りにした。

下総国へ出発、千葉介常胤と合流

治承四年(1180)9月17日、下総の国府で千葉介常胤と合流した。
常胤は息子の長男胤正・次男師常・三男胤成・四男胤信・五男胤通・六男胤頼、孫の成胤を連れていた。

頼朝、上総介広常の遅参に激怒

治承四年(1180)9月19日、上総介広常は上総国の周東・周西・伊南・伊北・庁南・庁北の者たちを率いて2万騎の軍勢とともに隅田川の辺りに参上した。
しかし、頼朝は広常の遅参に腹を立て、まったく許す様子がなかった。

広常遅参の理由

日本国中が平清盛の支配下にあるにもかかわらず、頼朝はさしたる用意もなく流人の身で挙兵した。頼朝の形勢に高みに上る相がなければ、すぐに頼朝を討ち取り平家に差し出そうということで、内心では離反の思いを抱きながら、表面上は帰伏したように参上したのである。
数万の軍勢を見てさぞ喜ぶだろうと思っていたが、逆に遅参を咎められたので、人の主となるにふさわしいと思い進んで従ったという。

江戸重長に参上するよう命じる

治承四年(1180)9月28日、頼朝の味方となった軍兵は2万7千余騎に及んだ。
甲斐国の源氏と常陸・下野・上野国の者が参上すれば、おそらく5万騎となる。
しかし、江戸重長は大庭景親に味方したまま今になっても来ないので、御使を遣わして手紙を送った。

景親の催促を受け、石橋山で合戦をしたのはやむを得ないことだが、以仁王の令旨の通りに従いなさい。畠山親能(重忠の父)・小山田有重が折しも在京しており、武蔵国では汝が棟梁である。もっとも頼りにしているので、近辺の武士たちを率いて参上せよ。

評議の結果、追討することになり、葛西清重に大井の要害で会いたいと偽って重長を誘い出し、討ち取るよう命じた。

畠山重忠・河越重頼・江戸重長が参上

治承四年(1180)10月4日、畠山重忠が長井の渡で参会した。河越重頼と江戸重長も参上した。
彼らは三浦介義明を討った者だが、決して恨みを残してはならないと三浦一族に言うと、彼らも異心を抱かないことを約束し、互いに目を合わせ納得して席に並んだ。

源頼朝

重長らは源家に弓をひいた者だが、このような力のある者を取り立てなければ目的は成し遂げられないであろう。そこで、忠に励み真っ直ぐな心を持つならば、決して憤懣を残してはならない。

  • この記事を書いた人

やみみん

FGOの考察ブログです。 妄想9割、真面目な考察が1割なので基本当たりません。 Twitter→ @yamimiin

-平安時代
-

© 2021 源氏画報 Powered by AFFINGER5