平安時代

【源平合戦】金砂城の戦い

【前回までのあらすじ】千葉常胤・三浦義澄・上総広常の進言を受けた頼朝は、まず東国を平定してから上洛することにした。
弟・義経との再会も果たし、頼朝は常陸国に向けて出発した……。

金砂城の戦い

治承四年(1180)10月27日、頼朝は佐竹秀義を追討するため常陸国へ向けて出発した。
この日は御衰日のため周りから反対されたが、日柄を気にする必要はないとした。

御衰日
陰陽道で慎むべきとされた日取り。
行年衰日(その人の年齢によって決まるもの)と生年衰日(生まれ年によって決まるもの)の2種類あるが、通常は行年衰日が用いられる。
この年、頼朝は34歳のため子・午の日が御衰日にあたる。

佐竹の権威は国外にまで及び、国中に郎従がいるので、軽率な行動はせず計略を練って倒そうと話し合った。
常陸国府に到着した頼朝は、まず佐竹の考えを探るために上総介広常を遣わし事情を聞いたところ、佐竹義政(秀義の兄)はすぐに参上すると言った。
しかし、佐竹秀義はすぐには参上できないと言って常陸国の金砂城に籠もった。

義政が広常の誘いに乗って大矢橋の辺りまで来ると、頼朝は義政の家人らを外に退かせ、義政一人を橋の上に招いたところで広常に誅殺させた。
とても素早い処置だったので、義政の家人のある者は首を垂れて降伏し、ある者は早々に逃げていった。

その後、秀義を倒すために軍兵を遣わした。

佐竹秀義追討に向かった武士
  1. 下河辺行平
  2. 下河辺政義
  3. 土肥実平
  4. 和田義盛
  5. 土屋宗遠
  6. 佐々木定綱
  7. 佐々木盛綱
  8. 熊谷直実
  9. 平山季重 他

秀義は金砂山に城壁を築き防戦の備えをしていたので、少しも動揺せずに戦いを始めた。
金砂城は高い山の頂上にあったが頼朝の軍勢は山麓の渓谷を進んでいたので、両軍の位置は天と地の隔てであった。

そうしているうちに城から矢石が飛んできて、頼朝軍の兵士に当たった。
頼朝軍から射た矢は、ほとんど山の上に届かなかった。
巌石に道を塞がれて、進むことができなかった。
兵士の心労は募り、どう戦えばいいのかわからなくなった。退去することもできず、様子をうかがっているうちに一日が終わった……。

佐竹の防御を打ち破る

11月5日寅の刻、土肥実平・宗遠が頼朝に使者を送ってきた。

土肥実平・土肥宗遠

佐竹の要塞は人の力で破ることはできません。
城の中に籠もっている兵士もまた、一人が千人に値するほどの強者です。
よくよくお考えください。

老将たちの意見を聞くと、上総介広常が佐竹義季の力を借りるよう提案した。

上総介広常

秀義の叔父に佐竹義季という者がいます。
義季は智謀に優れ、人並み外れた欲心をもっています。
恩賞をお授けになるという約束があれば、きっと秀義を滅ぼすための計略を練るでしょう。

頼朝は広常の提案を受け入れ、すぐに広常を義季のもとに遣わした。
義季は喜び、すぐに広常に会った。

上総介広常

近頃、東国の親しき者もそうでない者も、武衛(頼朝)に従わない者はいない。
しかし秀義は独りで敵対しており、理解できない状況である。
親族でありながら、あなたはどうして秀義の不義に味方なさるのか。
早く武衛のもとに参じて秀義を討ち取り、その遺跡を手にすべきである。

義季はたちまち頼朝側に付くことを決め、広常と共に金砂城の背後に回り、時の声を上げた。
これを予測していなかった秀義とその郎従たちは防御する術を失い、逃亡した。

6日丑の刻、広常は秀義が逃亡した跡に入り、城壁を焼き払った。
その後、秀義を探しだしたところ、奥郡の花園城に向かったという噂が聞こえてきた。

合戦の経過報告と勲功

7日、広常らが宿所に帰参し、合戦の経過や秀義の逃亡、城郭を焼き払ったこ事などを報告した。
熊谷直実平山季重には特に勲功があったので、彼らの恩賞は他の武士たちよりも厚くすることになった。
また、佐竹義季が配下に加わった。

8日、秀義の所領である常陸国奥七郡(那珂東・那珂西・久慈東・久慈西・佐都東・佐都西・多珂)太田・糠田・酒出を収公し、恩賞に充てた。

佐竹氏を御家人に加える意義

新たな領地を得たことによって頼朝は御家人たちの所領欲求に応えられるようになり、家人統制の基盤が強化された。

また、地理的関係から佐竹氏と奥州藤原氏が手を組む可能性もあったため、関東では最大勢力を有する平氏方武士団である佐竹氏を倒し、その一部である義季を御家人として取り込んだことは大きな意義があった。

岩瀬太郎が配下に加わる

8日、逃亡していた佐竹の家人が現れたという噂が流れたので、上総介広常と和田義盛に生け捕らせ、庭に召し出した。
もし危害を加えようとする者がその中にいたら、顔色を見て心中を察しようとしたところ、紺の直垂を着た男が顔を伏せて泣いていたので、理由を聞いた。

佐竹の家人

死んだ佐竹のことを思うと、首がつながっていてもどうしようもありません。

源頼朝

そう思うならば、佐竹が誅される時になぜ自らの命を絶たなかったのか。

佐竹の家人

主人が殺された時、我々家人は橋の上には行かず、ただ主人ひとりが橋の上に呼び出されて首を取られたので、後日のことを思って逃げ出したのです。
そして今ここに参上しているのは本意ではありませんが、ぜひとも拝謁のついでに申し上げたいことがあるからです。

佐竹の家人

平家追討の計画を差し置いて一族に過ぎない佐竹を滅ぼされるとは、全くあってはならないことです。
国の敵に対しては、天下の勇士が一致団結して力を合わせるべきです。
しかし過ちのない一門を誅されては、御身の敵は誰に命じて倒されるつもりですか。
また、ご子孫は誰がお守りしていくのでしょうか。この事をよくよくお考えください。
今のような状態では、人々はただ恐れをなすだけで心から従う志を持つことはなくなり、そしりを後代に残すだけでしょう。

広常はこの家人が謀反を起こそうとしているのは疑いないので早く誅すべきだと言ったが、頼朝はその男を許したばかりか、御家人に加えた。
この男の名前は、岩瀬太郎という。

そうして、頼朝は鎌倉に向かった。
途中で、小栗御厨の八田館に入った。

参考資料

  • 上杉 和彦「源平の争乱 (戦争の日本史6) 」吉川弘文館、2007
  • この記事を書いた人

やみみん

FGOの考察ブログです。 妄想9割、真面目な考察が1割なので基本当たりません。 Twitter→ @yamimiin

-平安時代
-

© 2021 Studio Yamimin Powered by AFFINGER5