平安時代

十月宣旨

寿永二年(1183)10月14日、後に寿永二年十月宣旨と呼ばれる宣旨が発布された。

この宣旨は東海道・東山道・北陸道の三道の治安を安定させるため、源頼朝に国衙在庁を指揮する権限を与えるというものであった。

十月宣旨

上洛を促す後白河の使者を鎌倉に迎え入れた源頼朝は、北方の王者として陸奥に君臨していた藤原秀衡の驚異と畿内の飢饉を理由として上洛の無期限延期を要請し、「東海・東山・北陸三道の国衙領・荘園は元のように国司・本所に返還せよ」との勅令発布を要請した。
治承・寿永の乱が始まってからというもの諸国の国衙領・荘園の郡司・郷司・荘官たちはある者は反乱に参加して年貢を納めず、ある者は倉庫を襲撃して食糧を奪った。
凶作・飢饉の打撃も大きく、中央の貴族たちは大いに苦しんでいた。

こうした京都の状況を見て頼朝が打ち出した案が、中央貴族の迎え入れであった。
義仲の株が下落するのとは対照的に、頼朝の評判はますます高くなっていった。
挙兵当時は頼朝の名前すら知らず「謀反の賊」「凶賊」と呼んでいた九条兼実も、「頼朝の体たらく、威勢厳粛、其の性強烈、成敗分明、理非断決」と賞賛している。

頼朝の提案はさっそく受け入れられ、義仲の支配下にある北陸道を一時的に除外した上で要請通りの勅令が宣旨として公布された。

10月9日、朝廷は頼朝の勅勘を解き平治の乱以前の本位だった従五位下に復位させ、頼朝は「朝敵」の名を逃れることとなった。

宣旨の内容

十月宣旨
  1. 東海道・東山道・北陸道の三道の荘園と国衙領を元の荘園領主に返還する
  2. 宣旨に従わないものは、頼朝の命により追討する

十月宣旨は東海・東山両道の荘園と国衙領を本来の荘園領主に戻すというものだった。(『百錬抄』寿永二年〈1183〉10月14日条)

さらに、宣旨に従わない者がいたら頼朝に連絡して従わせるという、頼朝の実力敵支配を前提として東国の荘園・国衙領を中央貴族や寺社に回復させるものだった。(『玉葉』寿永二年〈1183〉閏10月22日条)

頼朝はさっそく源義経と中原親能を伊勢国まで進軍させた。
鎌倉軍が京都に向かって来たことによって、木曽義仲はあわてて帰洛することとなった。

十月宣旨の影響

東国の支配権の公認

この宣旨は頼朝が東国で独自に築き上げてきた反乱軍の軍事体制(敵方の所領没収と没収地給与など)を朝廷が王朝のシステムとして認めたことを意味しており、頼朝の支配領域が西国に拡大していくきっかけとなった。
それまで、源頼朝の支配領域は伊豆国・相模国・上野国を西側の境界としていたことから考えても、この宣旨によって広大な軍事指揮権の範囲を獲得したのである。

義仲の怒り

頼朝に指揮権限が与えられた国々には、木曽義仲の勢力圏や義仲に味方する者の多い国々も含まれていた。
後白河は10月23日に頼朝に与えた北陸道の国衙在庁指揮権を召し返し、信濃・上野両国を義仲の知行国としようとしたが、義仲は納得しなかった。
頼朝の使者として源義経が伊勢国・伊賀国にやって来ていたからだ。

このことによって一度は決定に至った合意を覆された頼朝は、義仲との対立姿勢を強めていくことになる。

参考資料

  • 川合 康「源平の内乱と公武政権 (日本中世の歴史) 」吉川弘文館、2009年
  • 永井 晋「鎌倉源氏三代記―一門・重臣と源家将軍 (歴史文化ライブラリー) 」吉川弘文館、2010年
  • 五味 文彦「鎌倉と京 武家政権と庶民世界」講談社、2014年
  • この記事を書いた人

やみみん

FGOの考察ブログです。 妄想9割、真面目な考察が1割なので基本当たりません。 Twitter→ @yamimiin

-平安時代
-,