【2部5章終了時点】ビーストの情報まとめ

ビースト

2部5章星間都市山脈オリュンポスでビーストⅤ、ビーストⅦが登場し”7つの人類悪”と称されるビーストもほぼ出揃ったので、改めてビーストとは何か整理します。

概要

ビーストとは

1部7章16節『終焉』より

  • 人類悪とは文字通り人類の汚点で、人類を滅ぼす様々な災害を指す
  • 人類が発展すればするほど強くなり、その社会を内側から食い破る癌のようなもの、人類史に溜まる淀み
  • 敵意によって人類を滅ぼすものではなく、『人類が滅ぼす悪』
    →いずれしかるべき者が解説する
  • 人類史を脅かす災害
  • 英霊召喚の元になった、人類の自滅機構と安全装置
  • 人間の獣性によって生み出された七つの災害”クラス・ビースト”

終局14節『Fate/Grand Order』より

  • ビーストのみが持つ特性『単独顕現』
  • 真に人理を脅かすものは人理を守ろうとする願いそのもの
    より善い未来を望む精神が今の安寧に牙を剥く
  • ビーストは連鎖的に顕現する
    人類悪の顕れた世界は”終局の悪”に向けて更なる災厄に見舞われる
    ⇒Ⅰが顕れた時点で、終局のⅦはこの世界のどこかに出現している

CCCコラボ『閉幕』より

  • 「真性悪魔のなりかけ、いえ、こちらでは人類悪のなりかけですか。」
  • ビーストのうち何体かには『対』の概念がある
    →左右、陰陽
    ※ビーストⅢの場合はL=Lapse(堕落) R=Rapture(随喜)

ビーストのみがもつスキル『単独顕現』

単独顕現とは

単独顕現=本来、ビーストのみが持つ特性
普通のサーヴァントはマスターがいないと魔力が尽きて消滅してしまいますが、ビーストはマスターがいなくても単独で顕現できるということです。

特殊スキル。単独行動のウルトラ上位版。
また、存在が確定しているため、即死耐性、時間操作系の攻撃に対して耐性を持つ。
このスキルを持つ者は特異点による人理焼却も、◯◯◯◯◯による人理編纂にも影響を受けず、条件が揃ってさえいれば顕現する。

FGO material Ⅳ 『ゲーティア』より

◯◯◯◯◯による人理編纂とは

神による人理編纂

異星の神による人理編纂
→異星の神の正体は5文字
「U-オルガマリー」や「オルガマリー」では合わない
(そもそも、オルガマリーは異星の神の依代というだけ)
異星の神=カルデアスなら5文字になる

ビーストがもつ理

ビーストはそれぞれ異なる『理』を持っています。
今のところ、Ⅲだけ『快楽』の一側面『愛欲』と、大我と小我に分かれています。

ビースト
  • ビーストⅠ
  • ビーストⅡ
  • ビーストⅢ
  • ビーストⅣ
  • ビーストⅤ
  • ビーストⅥ
  • ビーストⅦ
  • 憐憫
  • 回帰
  • 快楽/愛欲
  • 比較
  • 愛玩?
  • ???
  • ???

ビーストⅢまでに明らかにされている人類悪は
『回帰』:やり直したい、原初に戻りたいと願う心。リセット願望
『憐憫』:人が人を憐れに思い、情けをかける心。利己的な博愛
『比較』:己と他人を比べる心。果てのない計り。虚栄心
そしてビーストⅢの『快楽』から分かれた側面、『愛欲』だった。
愛は良いもの。欲も良いものだ。けれど『愛を快楽にする』事はしてはならない。本来、愛と欲は切り離して考えるべきもの。
これを一つのものとした時、アポトーシスは発現する。

FGO material Ⅴ 『ビーストⅢ/R』より

ビーストとの戦闘

バトル突入時の演出

ビーストⅢ/Lの演出

ビーストはそれぞれ戦闘に入る前に『人類悪 ◯◯』という文字が出ます。
◯◯に入る文字はビーストによって異なります。

ビースト
  • ビーストⅠ
  • ビーストⅡ
  • ビーストⅢ/R
  • ビーストⅢ/L
  • ビーストⅤ
演出
  • 人類悪顕現
  • 人類悪顕現
  • 人類悪変生
  • 人類悪氾濫
  • 人類悪蒐集

ビーストのクラスアイコン

ビーストもセイバーやアーチャーのようにひとつのクラスとして存在するので、ビーストにもクラスアイコンが存在します。
ビーストのクラスアイコンには7つの穴が空いていて、ビーストのナンバリングごとに点滅する場所は異なります。

ビーストのクラスアイコン

ネガスキル

ビーストはそれぞれ『ネガ・◯◯』という名前の固有スキルを持っています。

ビースト
  • ビーストⅠ
  • ビーストⅡ
  • ビーストⅢ/R
  • ビーストⅢ/L
  • ビーストⅤ
  • ビーストⅥ
  • ビーストⅦ
ネガスキル
  • ネガ・サモン
  • ネガ・ジェネシス
  • ネガ・セイヴァー
  • ネガ・デザイア
  • ネガ・ウェポン
  • ネガ・メサイヤ
  • ???

創世記対応説

ビーストと創世記

ビーストと創世記は下のように対応しています。

ビースト
  • ビーストⅠ
  • ビーストⅡ
  • ビーストⅢ
  • ビーストⅣ
  • ビーストⅤ
  • ビーストⅥ
  • ビーストⅦ
創世記
  • 知恵の実
  • 楽園追放
  • アダムとイヴの生殖
  • カインとアベル
  • ノアの方舟
  • バベルの塔
  • アブラハム?

クリフォトの樹対応説

ビーストとクリフォト

クリフォトに沿えば10体いるはずなのに「七つの人類悪」と呼ばれる理由

単純に理が7つあるからなんだと思いますが…

LRに分かれているビーストは合体すると一体の獣になるor元々は一体の獣だったと考えれば「七匹の悪性霊基」に収まります。
対の概念を持つビーストは元々1体だった獣が2体に分かれたものだと考えると下のようになります。

七つの人類悪
  1. ゲーティア
  2. ティアマト
  3. マーラ
  4. キャスパリーグ
  5. 天照 or 白面金毛 or 稲荷明神?
  6. マザーハーロット
  7. Uーオルガマリー

ビーストの出典

ビースト
  • ビーストⅠ
  • ビーストⅡ
  • ビーストⅢ
  • ビーストⅣ
  • ビーストⅤ
  • ビーストⅥ
  • ビーストⅦ
出典
  • 旧約聖書
  • メソポタミア神話
  • インド神話
  • アーサー王伝説
  • 日本神話
  • 新約聖書
  • (オリジナル)