牛頭天王とスサノオ

スポンサーリンク
陰陽道
スポンサーリンク

牛頭天王

インドの祇園精舎の守護神で薬師如来の化身でもあり、新羅の牛頭山の神ともいわれる疫病除けの神。
日本においては、最初に播磨国明石浦に垂迹、次に広峰〜京都東山瓜生山北白川東光寺〜東山の感神院に移り、これが現在の八坂神社となっている。

『備後国風土記』における蘇民将来の伝承

北海の疫病神だった天王は、南海の神の娘に求婚するために旅に出た。
旅の途中で夜になったので「将来」という名の一族の土地で泊まらせてくれないかと頼んだ。
裕福な兄・巨旦将来はこれを断ったが、貧乏な弟・蘇民将来は天王を泊めて食事も出した。

その後、8人の子供を作って北海に帰ろうとした天王は自分を歓待してくれた蘇民将来に自分の正体を明かし、彼に「茅の輪を作って腰に着ければ、疫病を免れることができる」と教えた。
そして茅の輪を身に着けていなかった巨旦将来の一族を疫病で滅ぼした。

茅の輪くぐり

この物語で登場した茅の輪は茅の輪くぐりという風習となり、6月に夏越祓(名越祓)の中で執り行われる。
この儀式は正月から6月までの半年間の穢れを祓うために行われ、下半期の穢れは年末に行われる大祓で落とすことになっている。

『簠簋内伝』の「序 牛頭天王縁起」

牛頭天王の前世の因縁〜妃探し

北天竺の摩訶陀国の霊鷲山の東北、波尸那城の西に当たる吉祥天の下に王舎城があり、その大王の名を商貴帝といった。
商貴帝はかつて天竺の神々の主である帝釈天に仕え、色欲や食欲から離れた者が住む善現天(天界)に住んでいた。
商貴帝は帝釈天から諸々の星の世界の目付役である探題と呼ばれる司法官職を授かり、欲界・色界・無色界の三界を飛び回っていた。この時の名を天刑星といって、人間界に転生した後に仏縁と深い縁で結ばれた王舎城の大王となった。

人間界に下った天刑星は名を牛頭天王と改めた。
鋭く尖った角と黄牛の面貌をもつ彼の姿は夜叉のようだったので、牛頭天王には妃がいなかった。
牛頭天王は夜叉のような姿ではあるものの優れた為政者であったため、国民は王を称え嘆いた。
「天王は一度も祭政を怠らなかったので、国は豊かに栄えている。天災もなく五穀は種をまかないのに実り、宝物も求めないでもやってくる。このような素晴らしい治世にも関わらず、天王にはお妃様がいない。これでは、天王の治世が子孫に受け継がれて安泰の世を楽しむことができないのではないか」

その時、虚空界から瑠璃鳥という一羽の青い鳥が牛頭天王の前まで飛んできて、こうさえずった。
「私は帝釈天の使者で、かつてあなたの同胞として天界で働いていたものです。あなたは天刑星と名乗り、私は毘首羅天子と名乗って、頭が二つ体は一つの共命鳥のように親密な間柄でした。
その後、あなたは人間界に生まれ変わり地上世界の王である転輪聖王の位に就いておられます。ところがあなたには妃や側室がいません。そこで天帝は妃となるべき女性の居場所をあなたに教えるために、私を使者に遣わしたのです」
瑠璃鳥は過去の因縁を語ってから、牛頭天王の未来の妃が住んでいるところを告げた。
「摩訶陀国から南に向かった海の向こうに、沙竭羅という龍宮城があり、頗梨采女という明妃がいます。紫磨黄金の肌、仏菩薩の身に現れる八十種の高貴で華麗な相を備え、閻浮檀金のように麗しい容姿は月桂に備わるという三十二の仏菩薩の相を引き写したかのようです。この頗梨采女こそが、あなたの妃となるべき女性です」
こう告げた後、瑠璃鳥に変化した昆首羅天子は虚空界へ帰っていった。

蘇民将来との出会い

牛頭天王は三日間物忌をして心身を清めた後、眷属を率いて南海へ向かった。
龍宮城は八万里先にあったが、三万里に達しない南天竺の夜叉国の辺りで馬は疲労困憊であった。
夜叉国の王は巨旦大王という鬼王で、国民は魑魅魍魎の類であった。それでも天王は一夜ぐらいは泊まれるだろうと城門を見やったが、巨旦大王に激しく罵倒され通過を拒まれてしまった。天王は仕方なくその場を去った。

これといった宿も見つからないまま、一行はさらに千里進んだ。
松の生い茂る園に行き当たったので、そのまま林の中を進むと機織りの道具とざるを持ち、竿を担ぎながら松葉を拾っている貧しそうな女に出会った。
天王が女に泊まらせてくれないか頼むと、女が答えた。
「私は巨旦大王の奴隷でございます。ほんのささやかな寝場所があるだけで、それも王城内の従者長屋の一角でございますから、貴方様のようなお方にご休息いただけるようなところではございません。それより、ここから東方一里ばかりの庵をお訪ねになったらよろしいでしょう。粗末な庵ですが、蘇民将来という男が住んでおります。貧しい男ですが慈悲の志が厚く、困っているものを助けずにはいられない者ですから、その者に宿を求めるのがよろしかろうと存じます」

天王は大いに喜び、やがて蘇民将来の庵に行き着いた。
年老いた翁が庵を掃除して庭の雑草を刈り取っている姿が見えた。
天王が老翁に一夜の宿を頼むと、老翁は天王と群臣のための席を作り、食事を御馳走した。
老翁に感嘆した天王は彼に千金を与え、その志を称えた。

やがて朝が来て、天王は何回に向かう準備を始めた。それを見た蘇民将来が天王に旅の目的を尋ねたので、天王が南海の明妃を嫁に迎えに行くと言った。
老翁は馬車では南海の海底まで行けないと言って、天王に宝船を贈った。
天王は馬車を捨てて船に乗り込み、たちまち龍宮城に至ったのであった。

牛頭天王と巨旦大王の戦い

龍宮に着いた天王の来意を知った龍王は大いに喜び、急いで不老門を開いて天王を招き入れ、長生殿に導いた。そこで天王はようやく頗梨采女と出会い、千万年の幸福な契りの縁が結ばれたことを祝った。
天王と頗梨采女の中は睦まじいものとなり、昼夜を問わず互いにぴったりと寄り添って、一時も離れることなく夫婦の情を育み確かめあった。

かくして二十一年の歳月が流れた。
二人の間には八人の王子が生まれた。長男の総光天王を筆頭に、魔王天王、倶摩羅天王、得達神天王、良侍天王、侍神相天王、宅神天王、蛇毒気神である。子供を得ると牛頭天王に望郷の年が生じ、八王子を呼んでこう告げた。
「息子たちよ、私は北天竺の王である。かつて妃を求めて南海を訪れた時、途中で広遠国という国を通った。その国の王は巨旦大王という鬼王で、国民は魑魅魍魎の類であった。私が一晩泊めてもらおうと門前に進むと、巨旦は私を罵倒し弾き出したが、その時の私は物忌をして心身の穢れを祓った身であった。それゆえ、巨旦と争って穢れが降りかかるのを恐れてその場は黙って立ち去った。けれども、妃を得た今、私はあの鬼王の国と城を破壊しつくしたいと思う」

この言葉を聞いた八王子たちは直ちに出陣し、かの鬼王国に迫った。
突然、巨旦の顔に鬼の相が現れたので、巨旦は博士に占わせた。博士はこう答えた。
「これは国の滅亡の前兆でございます。昔、北天竺の牛頭天王が妻を求めて海に赴いた際、巨旦様は門を閉じて罵倒いたしました。その時の牛頭天王は物忌中であったため戦わず通り過ぎたのですが、天王と妃の頗梨采女との間に生まれた八人の王子たちが四衆八龍など数百数千の眷属を引き連れて我が君の国を滅ぼそうとしております」
鬼王がこの禍を解除うための祭祀はないか博士に尋ねると、博士は千人の僧侶を供養し、泰山府君の法を行うように言った。
鬼王は直ちに手を打った。豪華に飾り立てた高座で高僧たちは霊験あらたかな呪文を唱えた。

その時牛頭天王は巨旦の居城を眺めていたが、鉄で覆われた城はいかなる神力や法術をもってしても攻めがたいように思われた。そこで天王は、阿你羅と摩你羅の両鬼に城を偵察させた。
鬼は戻ってきて、修行僧の中に居眠りをしている者がいるため、呪文がいい加減なものとなり窓に大穴が生じていると報告した。

これを聞いた天王は神力の翼を得て鬼王の城に攻め入り、眷属とともに巨旦一族を滅ぼした。
その時かつて松林で出会った巨旦の女奴隷のことを思い出した天王は、あの女だけは助けてやろうと思った。
天王は邪気を避ける桃の木を削って札を作り、「急々如律令」と書き記した。
そして指で札を弾き飛ばすと、木札は彼女の袂に入り、その功徳で彼女だけが災禍から免れたのである。

巨旦調伏の祭儀

その後、天王は巨旦の死骸を五つに分けて五節句に配当し、巨旦調伏の祭儀を執り行った。
北天竺へ帰る途中で蘇民将来の家に立ち寄ったところ、蘇民将来は以前とは打って変わって、五つの宮と八つの宮殿を造営して天王と八王子たちの帰国を待っていた。
天王は、三日間蘇民将来の歓待を受けた。蘇民将来のもてなしぶりを喜んだ天王は彼に夜叉国を与えた。さらに、蘇民将来の子孫の守護を約束した。
「将来よ、私は末の世には疫病神となるだろう。その時、八王子や眷属が諸国に乱入することもあろうが、お前の子孫が『私は蘇民将来の子孫です』と言えば、その者たちを苦しめるようなことはしないと約束しよう。お前を守護するしるしとして、二六の秘文を授ける。末法時代の衆生は三毒に耽って煩悩を募らすことになり、天地を形作る四大は調和を乱して崩れ、人は寒熱の二病に冒されることになる。もし、これらの病苦から免れたいと思うなら、五節句の祭礼を正しく執り行い、心の内に二六の秘文を守って厚く信敬するように」

天王は五節句の祭礼の意味を蘇民将来に教えた。
一月一日に用いる紅白の鏡餅は巨旦の骨肉、三月三日に供えるよもぎ餅は巨旦の皮膚、五月五日の菖蒲のはちまきは巨旦の髭と髪、七月七日の小麦の素麺は巨旦の筋、九月九日の黄菊の酒は巨旦の血脈で、蹴鞠の鞠は巨旦の頭、的は巨旦の目、門松は巨旦の墓じるしであり、修正の導師、葬礼の威儀は巨旦を調伏するための儀式であると告げ、天王は北天竺へと帰っていった。

長保元年(999)6月1日、祇園社で安倍晴明によって30日間、巨旦調伏の儀式が行われた。この祭儀は、現在に至るまで継承されている。
6月1日の歯固めの儀式は五体を分断された巨旦を噛み砕くという密意が込められているので、しっかり行うことが肝要である。

憎んでも憎むべきは巨旦の邪気と残族の魑魅魍魎の類であり、信じても信ずべきは牛頭天王と太歳・大将軍・太陰・歳刑・歳破・歳殺・黄幡・豹尾の八王子なのである。

蘇民将来と『備後国風土記』

『簠簋内伝』の牛頭天王縁起は『備後国風土記』を下敷きにしている。

祇園祭

毎年京都で行われている祇園祭は、本来は疫病神である牛頭天王を疫病を防ぐ神と解釈し、牛頭天王の祭りとして始めたものである。
祭の最後では、夏越祓も行われる。

スサノオとの習合

本地垂迹思想において、牛頭天王は素盞鳴尊と同一視される。

スサノオは最後に新羅国の牛頭山に鎮まった。
斉明天皇二年(656)、スサノオの御霊を日本に勧請して八坂郷に祀り、牛頭山から勧請したことから牛頭天王と呼ぶようになったという。

また、『備後国風土記』において、牛頭天王は蘇民将来に正体を明かした際「我は素盞鳴尊なり」と名乗ったという。

疫病除けの神としての性質

スサノオが高天原を追放される時に髭や手足の爪を切られるのは、穢れを落とす禊祓いの意味を持つと考えられている。
古代社会で魔除けの呪法を体現する存在であったため、スサノオは疫病除けの神として信仰されるようになった。

牛神信仰

牛は牛頭天王の神使であるため、本地垂迹で同一視されているスサノオを祀る神社でも神使として祀られている。

撫牛信仰

農村地帯では牛の霊である農耕神を祀る牛神信仰があった。
牛神は農耕生活を助け、稲作の神として信仰されている。

神社の境内に祀られているうずくまった牛の像の、自分の体の悪いところと同じ部分を撫でると病気が治ったり、撫でるだけで心の病が治る撫牛という風習がある。

この撫牛信仰は、陰陽道の呪法である撫物と牛の霊力が結び付けられたものである。

参考資料

  • 高平 鳴海「図解 陰陽師」新紀元社、2007

  • 戸部民夫「『日本の神様』」がよくわかる本 八百万神の起源・性格からご利益までを完全ガイド」PHP研究所、2004

  • 戸部民夫「神様になった動物たち」大和書房、2013

  • ・藤巻一保 「安倍晴明『簠簋内伝』現代語訳総解説」戎光祥出版、2017