平安時代

福原遷都

治承四年(1180)6月2日早朝、平清盛は安徳天皇をはじめ高倉上皇と後白河院、藤原基通とともに福原へ向かった。

これは福原にある平氏一門の別邸に天皇たちが移動し、それから福原の南方に隣接する和田に新都を建設しようとする計画だった。

安徳天皇の福原行幸

治承四年(1180)6月2日早朝、安徳天皇の福原行幸(天皇が外出すること)が行われた。

この行幸には藤原実定・平時忠・藤原実守・源通親の4人の公卿、近衛府の上級官人として藤原泰通・藤原隆房、蔵人頭として平重衡・藤原経房らが付き従い、高倉上皇の行幸には藤原隆季や藤原邦綱らが従った。

3日の朝、一行は福原に到着した。
安徳天皇は頼盛邸、高倉上皇は平野殿(清盛の山荘)、後白河院は教盛邸、藤原基通は安楽寺別当安能の房に入った。
2日後には、安徳天皇が清盛邸、高倉上皇が頼盛邸に入れ替わった。

迷走する新都造営計画

遷都先が決まらない

当初は福原の南方に隣接する和田に新都を造営する予定だったが、この地は平安京と同じ規模の都にするには狭すぎるということで取りやめになった。
高倉上皇は広大な平野部を持ち、水陸交通の要衝でもある摂津国昆陽野への新都造営を提案したが、それも厳島内侍の託宣によって中止となり、清盛の権力基盤があった播磨国印南野に変更されたり新都造営計画は迷走し続けた。

結局、7月半ばには当面は福原を皇居とし、道路や宅地を開発・整備していく方針が示された。
8月4日、高倉上皇は九条兼実に平安京は維持した上で福原を離宮として一時的な皇居とし、大内や八省院は福原に設置しないと伝えた。

参考資料

 

  • 川合 康「源平の内乱と公武政権 (日本中世の歴史) 」吉川弘文館、2009年
  • リスト2
  • リスト3
  • この記事を書いた人

やみみん

FGOの考察ブログです。 妄想9割、真面目な考察が1割なので基本当たりません。 Twitter→ @yamimiin

-平安時代
-

© 2021 源氏画報 Powered by AFFINGER5