平安時代

平安時代

壇ノ浦の戦い

2021/6/9    

壇ノ浦の戦い 合戦に至るまで 元暦元年(1185)3月21日、源義経が平氏追討のため壇ノ浦へ出陣しようとしたが雨で先延ばしとなった。そこへ、周防国の舟船奉行であった五郎正利が数十艘の船を献じたので、義 ...

平安時代

屋島の戦い

2021/6/9    

4月29日、源頼朝は使節として中原親能を上洛させ、土肥実平・梶原景時へは兵船を整えて、6月海上の天候が穏やかな時期に合戦を行うよう命じた。 屋島の戦い だが、依然として瀬戸内海の制海権を握っていた平氏 ...

平安時代

一ノ谷の戦い

2021/6/6    

寿永三年(1184)1月21日、平氏追討の方針を話し合うために院御所評定が開かれたが、三種の神器が平氏の手元にある以上、神器の返還を優先すべきだという主張も多かった。評定の結果、26日に朝廷は頼朝へ平 ...

平安時代

鵯越の逆落とし

2021/6/6    

鵯越ひよどりごえは兵庫県神戸市須磨区の鉄拐てっかい山にあるにある山路である。 合戦の経過 鵯越に至った背景 三草山の戦いに勝利した義経は一万騎の軍勢を二手に分けた。三千騎の指揮を土肥実平に取らせて山陽 ...

角色 平安時代

安倍晴明

2021/5/26  

平安時代に陰陽道が成立し、数多の陰陽師が活躍した。『今昔物語集』で晴明は卓越した呪力を持つ陰陽師として伝えられたが、その他にも陰陽道の達人や多数の民間陰陽師の話もあり、晴明はそのような陰陽師の一人にす ...

資料 平安時代

源九郎たぬき

2021/5/15  

源九郎たぬきの伝説 源九郎たぬきの伝説 昔々、源九郎狸は大鵬薬品の公園(東邦レーヨン跡)の近辺に住んでいた。旧東邦徳島レーヨン工場にあった頃は、居場所を奪われた源九郎の魂を鎮めるために祠が建てられた。 ...

陰陽道 平安時代

安倍晴明VS蘆屋道満

2021/5/16  

室町時代前期に書かれた播磨国の地誌『峯相記』では、「晴明・道満は一条院の御宇、一双の陰陽の逸物なり」とある。道満は、一条天皇の時代を代表する優秀な陰陽師として安倍晴明と対をなす存在であった。 呪詛事件 ...

© 2021 Studio Yamimin Powered by AFFINGER5