FGO

スポンサーリンク
2部5章

スキル『百獣母胎』から読み解くオリュンポスの社会構造

ティアマトやBBがもつスキル『百獣母胎』の説明文から、オリュンポスにいる神々がどのような形で都市を支配しているのか、オリュンポス大戦で生き残った女神たちが皆地母神としての性質を持っているのはなぜなのか?ということを考察していきます。
資料

なぜ、天照=大日如来=荼枳尼天=玉藻になるのか

Fateシリーズにおける玉藻の前は日本神話の最高神・天照大神と同一視され、さらに天照=大日如来=荼枳尼天となる設定がありますが、なぜそのような設定になったのか、稲荷神・宇迦之御魂や中国の妲己とはどのように結びつくのか?という考察をしていきます。
FGOアニメ

『Fate/Grand Order 絶対魔獣戦線バビロニア』第15話「新しいヒトのカタチ」感想・解説

第15話「新しいヒトのカタチ」はゲームだと「第15節 決戦」のゴルゴーンとの決戦から「第17節 新しいヒトのカタチ」でキングゥがラフムに刺されるまでの話でした。 今回から七つの人類悪、即ちビーストが登場するので解説や考察など書いていこうと思います。
ビースト

七つの人類悪(ビースト)が持つ理と『創世記』のあらすじの関係についての解説

ビーストはそれぞれ個別の『理』を持っていますが、その『理』は創世記と関わりがあるという説です。ビーストⅠが『知恵の実』、ビーストⅡが『楽園追放』、ビーストⅢが『アダムとイヴの生殖』、ビーストⅣが『カインとアベル』、ビーストⅤが『ノアの方舟』、ビーストⅥが『バベルの塔』に対応しています。
1.5部

伝承地底世界アガルタと星間都市山脈オリュンポスの共通点

FGO1.5部のアガルタと2部5章のオリュンポスは、アガルタ→ラピュタとアトランティス→オリュンポスで舞台が切り替わるところが共通していますが、剣豪やセイレムなどのように、アガルタのストーリーにオリュンポスにまつわる伏線があるのではないかと...
2部5章

ビーストⅤの正体に迫る!

クリフォトによると対の概念が存在するビーストⅤのうち一人はコヤンスカヤでほぼ確定ですが、もう一方のビーストがまだ明らかになっていないので考察していきます。
2部5章

ギリシャ神話の神々と星座〜十二星座編〜

2部5章アトランティスでアストライア(てんびん座)、ケイローン(いて座)、ディオスクロイ(ふたご座)などの星座に関係するサーヴァントが多数登場したので、オリュンポスの予習も兼ねてギリシャ神話に登場する神々と星座にまつわる神話を調べました。
2部5章

【⚠ネタバレ⚠】2部5章神代巨神海洋アトランティスまとめ

配信日(12/18)から1週間後(12/25)にネタバレを書こうと思っていたんですが、12/25にオリュンポスが始まるかもしれないのでここに書いていきます。(ふせったーは画像まで伏せてくれない)    オリュンポス大戦 生き残った神々 ...
2部5章

2部5章ストーリー予想と情報まとめ

2部5章の舞台・神代巨神海洋アトランティス 大部分が海 担当クリプター…キリシュタリア・ヴォーダイム ギリシャの神々と人間の宿痾・忘却 異聞帯の社会構造 異聞帯に欠けている人類悪は『愛玩』? バミュ...
2部5章

ギリシャ神話とローマ神話の関係

なぜ、ギリシャ神話とローマ神話は密接な関係を持つようになったのか? ローマ建国神話 水着イベント2019の演目『トルッファトーレ』 なぜ、ギリシャ神話とローマ神話は密接な関係を持つようになったのか? 紀元前6世紀、ローマ人は...
スポンサーリンク