ビースト FGO

未だ正体が明かされないビーストⅤの名は

ビーストⅤ考察についてメモした内容を全載せします!

ビースト紹介文コピペ

以上の○○を以って○○のクラスは決定された。
○○など偽りの○○。其は人間が○○した、人類史○最も○○した大災害。
原罪の○。その名をビースト○。
冠位クラス七騎を以てしか対抗できない、人理を喰らう抑止の獣、七つの人類悪の一つ、『○○』の理を持つ獣である。

ビーストⅤの理

2部1章〜2部4章までを振り返ると異聞帯の王だけが各ナンバリングの人類悪の理を持っているように見えますが、2部5章では「愛玩」というワードが頻繁に出ていたこと、異聞帯の王ゼウスは人を支配する神であり、神を支配する神でもあることからゼウスだけが「愛玩」を持っていたので、ビーストⅤの理は「愛玩」だと思われます。

ビーストⅤの理は「愛玩」

愛玩とは・・・

①大切にしてかわいがること
②おもちゃにして慰みとすること

「クリフォトの樹」に沿えばビーストⅤは二体いる

クリフォトの樹対応説に沿えばビーストのうちⅢ、Ⅴ、Ⅵに対の概念が存在するので、ビーストⅤは二体いることになります。

クリフォトの樹

上のクリフォトの樹を左右反転させたものがビーストに対応するので、
ビーストⅤ/R → 4i アディシェス(無感動)
ビーストⅤ/L → 5i アクゼリュス(残酷)
となります。

ビーストⅤ?『愛玩の獣』

2部5章で戦った『愛玩の獣』の情報

バトル突入時の演出は『人類悪蒐集』

人類悪蒐集

『蒐集』とは「(保管を目的に)ものを集める」という意味で、これはコヤンスカヤが各異聞帯で魔獣を集めていたことに由来すると思われます。

また、ビースト創世記対応説においてビーストⅤに対応するのは「ノアの方舟」ですが、ノアも動物たちを集めて方舟に入れていました。

ノアが方舟に動物を一対ずつ入れたのが「蒐集」のはじまりだったといわれています。

https://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/j_1403/index.html

固有スキル「ネガ・ウェポン」

①〔ヒト科のサーヴァント〕に対して攻撃相性有利となる
②〔魔獣型のサーヴァント〕に対して防御相性不利となる【デメリット】

コヤンスカヤはビーストⅤ/L?

オリュンポスでコヤンスカヤは「残酷」という意味でならアフロディーテと気が合いそうと言っていたこと、クリフォトの樹においてちょうどビーストⅤ/Lに対応する悪徳が「残酷」なので、コヤンスカヤはビーストⅤ/Lではないかと思われます。

ビーストⅢ/LのLはLapse(堕落)を示していて他者愛(愛を与える)の方向性でしたが、「人類を玩ぶ」とは愛玩を与えるということだと思うので、方向性的な意味でもLでいいのかなと思います。

玉藻前退治

『絵本三国妖婦伝』では、最初は藻女と呼ばれたとされ、子に恵まれない夫婦の手で大切に育てられ、美しく成長した。18歳で宮中で仕え、のちに鳥羽上皇に仕える女官となって玉藻前と呼ばれる。その美貌と博識から次第に鳥羽上皇に寵愛されるようになった。
しかしその後、上皇は次第に病に伏せるようになり、朝廷の医師にも原因が分からなかった。しかし陰陽師・安倍泰成が玉藻前の仕業と見抜く。安倍が真言を唱えた事で玉藻前は変身を解かれ、九尾の狐の姿で宮中を脱走し、行方を眩ました。
その後、那須野(現在の栃木県那須郡周辺)で婦女子をさらうなどの行為が宮中へ伝わり、鳥羽上皇はかねてからの那須野領主須藤権守貞信の要請に応え、討伐軍を編成。三浦介義明、千葉介常胤、上総介広常を将軍に、陰陽師・安部泰成を軍師に任命し、軍勢を那須野へと派遣した。
那須野で、既に九尾の狐と化した玉藻前を発見した討伐軍はすぐさま攻撃を仕掛けたが、九尾の狐の妖術などによって多くの戦力を失い、失敗に終わった。三浦介と上総介をはじめとする将兵は犬の尾を狐に見立てた犬追物で騎射を訓練し、再び攻撃を開始する。
対策を十分に練ったため、討伐軍は次第に九尾の狐を追い込んでいった。九尾の狐は貞信の夢に娘の姿で現れ許しを願ったが、貞信はこれを狐が弱っていると読み、最後の攻勢に出た。そして三浦介が放った二つの矢が脇腹と首筋を貫き、上総介の長刀が斬りつけたことで、九尾の狐は息絶えた。

三浦義明

相模国における義朝の覇権確立の有力な後ろ盾となり、久寿2年(1155年)に義朝の子・義平が叔父の義賢と戦った大蔵合戦では、後方からこれを支援したとされる
 治承4年(1180年)に義朝の遺児・源頼朝が挙兵すると、一族挙げてこれに合流しようと居城の衣笠城を出撃する。しかし、途中で石橋山の戦いにおける頼朝の敗戦を聞き、引き返して篭城。ほどなくして敵方に参加していた畠山重忠率いる軍勢と衣笠城合戦となり、一族郎党を率いて奮戦する。だが、最終的には刀折れ矢尽き、義澄以下一族を安房に逃した後、独り城を守って戦死した。

千葉常胤

保元元年(1156年)の保元の乱に出陣し源義朝指揮下で戦う。
 ※少なくともこの時点では常胤を義朝の郎党とする見方もあるが、保元の乱での後白河天皇側の武士の動員は官符によって国衙を通じた公式動員であることに注意が必要である。
 治承4年(1180年)、伊豆国で挙兵した源頼朝が石橋山の戦いに敗れた後に安房国へ逃れると頼朝は直ちに常胤に加勢を求める使者として安達盛長を送った。 『吾妻鏡』によれば、常胤は胤正・胤頼以下の子息とこれを丁重に迎え入れて、盛長の言伝を聞いたものの何の反応も示さない。そこで胤正・胤頼が早急の返事を進めたところ、「自分の心中は勿論その積りだ。ただ、頼朝殿が源氏中絶の後を興されたことを考えると、感涙が眼を遮り、言葉も出ないのだ」と言って、盛長に相模国鎌倉を根拠にすることを勧めたとされる。

上総広常

広常は、鎌倉を本拠とする源義朝の郎党であった。保元元年(1156年)の保元の乱では義朝に属し、平治元年(1159年)の平治の乱では義朝の長男・源義平に従い活躍。義平十七騎の一騎に数えられた。平治の乱の敗戦後、平家の探索をくぐって戦線離脱し、領国に戻る。

その他

出典

コヤンスカヤ→タマモヴィッチ(タマモナイン)→玉藻前(白面金毛九尾の狐)→天照大神

⇒ビーストⅤの出典は日本神話

人類悪は特異点に対応している説

ジル・ド・レェとゲーティアは互いに共にあった神の啓示を受けた者の偽物を作り上げ、彼(彼女)が抱くことのなかった感情の元に行動した
ロムルスとティアマトは互いに自らの子達に自身へと回帰することを促した
イアソンは民を幸せにするのが夢=人々の救済 がキアラとの共通点かな
テスラの人生はエジソンとの比較と言えなくもないかもしれない
テスラとフォウは科学技術のことかも。自然界や人間を比較して高みに至る。
5章はクーフーリンオルタあるいは女王メイヴでビーストⅤ。分からない
6章は獅子王でビーストⅥ。IF故のビーストとか →マザハはネロの別側面
7章はゴルゴーンとキングゥなら同一人物の相対、模倣 →オルガマリー or カルデアス(異星の神)?

検証

・国家を成立させるための機構、敵対するものを殺戮する武器に徹する(第17節)

ビーストは自分のためにしか生きられない説

・ビーストは「他人に夢を見せない」で、自己の欲を満たすためにだけに力の方向を傾けているのではないか?

観測者的な立場

ゲーティア…人間性を大幅に排除されたソロモンの中から人間を見ていた
ティアマト…虚数世界から帰還した太古の母として人間を見ていた
キアラ…自分とは違う蟲レベルの存在として人間を見ていた
カーマ…自分にはけして与えられないものを与え続ける対象として人間を見ていた

⇒これまでに出現したビーストは皆、「人間」という群れの外側から観測する立場

神代と人代

神代が究極の一の王の世界⇔人代はその他全ての民の世界
宇宙であるキアラとカーマが本来は一つのビーストであるように神代と人代はどちらかではなく両方必要なのかもしれない

・ただの人間が神の視点あるいは力を手にしながら人間性を維持してしまった場合

天敵がいる

ティアマト←マルドゥク
ゲーティア←ソロモン(ソロモンを72柱としたら自らを従えた者)
キャスパリーグ←ケイ兄さんorアルトリア(原典によって討伐したのが異なる)
キアラ&カーマ←仏陀(度々キアラはマーラと同じ様に語られる)
コヤン←安倍晴明
バビロン&黙示録の獣←キリスト

ビーストと魔法

第五魔法とは?

・因果律改竄系という説と物質、概念問わず、あらゆるものをエネルギーに変換する説
 消費を司るらしいから、何かを消失させてその対価を引き出す系統の魔法っぽい
・第五は「新世界の創造」=「旧世界の破壊」?

クロスビッキの魔法姫と怪物

ギル「……怪物が姫一人のために命を散らせるとは……よくある王道展開だが、しかし……」 

ギル「この背景の描き込みが凄い……!胸にくるわ、こんなん!」 

デオン「私には怪物の心もよく理解できます。この異形では、愛する者を不幸にしてしまう」 

デオン「それならばーーーと、思いこんでしまうのも、仕方ないのでは」 

ギル「たわけ、王道が許されるのはウルク王である我のみよ!」 

ギル「……それはともかく続きだが、怪物が死んだ以上はもう、終わりであろう」 

ギル「待て。なぜ、こやつは生きている?」 

シバ「ふふふ。ちゃんと数ページ前に伏線がありましたわ、英雄王」 

シバ「グッドエンドへの香り、私は見逃しませんでした。女の勘で分かっちゃう☆」 

デオン「良かった……戦場で儚く散った怪物はいないんだ……」 

デオン「あ、でももう戦えないみたいですね」 

ギル「そうだな。怪物が獣性を失えば、ただの生物に過ぎぬ」 

ギル「そしてこの姫も、冠を捨てた以上、もはや姫ではなくなった訳だ」 

シバ「駆け落ち……浪漫ですねえ。でも、この二人は幸福になれるんでしょうか?」 

デオン「なれるんじゃないかなあ。この船出は、良き旅になるという暗示では」 

シバ「だといいですねぇ」 

  • この記事を書いた人

やみみん

FGOの考察ブログです。 妄想9割、真面目な考察が1割なので基本当たりません。 Twitter→ @yamimiin

-ビースト, FGO
-

© 2021 源氏画報 Powered by AFFINGER5