『Fate/Grand Order 絶対魔獣戦線バビロニア』第20話「絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ」感想・解説

FGOアニメ

第20話「絶対魔獣戦線メソポタミアⅡ」はティアマトが生み出した十一の子供、ビーストのネガスキル、幼年期の終わりについてです。

ティアマトの十一の怪物

ティアマトが生み出した11の子供は

  1. ムシュマッフ(七岐の大蛇)
  2. ウシュムガル(龍)
  3. ムシュフシュ(蠍尾竜)
  4. バシュム(毒蛇)
  5. クルール(魚人間)
  6. ウム・ダブルチュ(嵐の魔物)
  7. ウガルルム(巨大な獅子)
  8. ウリディンム / ウルマフルッルー(狂犬)
  9. ギルタブリル(蠍人間)
  10. ラフム(海魔)
  11. クサリク(有翼の牡牛)

ネガ・ジェネシス

ビーストⅡの固有スキル『ネガ・ジェネシス』とは

ビーストⅥが持つ『ネガ・メサイヤ』と同類のスキル。
現在の進化論、地球創世の予測をことごとく覆す概念結界。
これをおびたビーストⅡは、正しい人類史から生まれたサーヴァントたちの宝具を無効化してしまう。具体的に言うと「人」と「星」のカテゴリサーヴァントの宝具に対してバリアがつく。

FGO material Ⅳ より

ジェネシスは「jenesis」=『創世』という意味です。
ティアマトは創世の女神でありながら、地球創世の予測を覆す概念結界を持っている

ネガ・ジェネシス(創世)

ということでした。

山の翁は「人」属性だったので、宝具を使えませんでした。
(だからってあんな戦い方ある!?とは思いますが)

ビーストⅥの『ネガ・メサイヤ』

ビーストⅥはLRに分かれていますがマテリアルでは「ビーストⅥ」としか言及されていないので、

・ビーストⅥはLRでネガスキルが同じ

・ビーストⅥはLRが合体した状態で顕現する/合体した状態で戦う(最初は個別に現れるが戦闘突入前に合体する)

上記のどちらかだと考えられます。(個人的には後者だと考えている)

幼年期の終わり

元ネタ→イギリスのSF作家、アーサー・C・クラークの『幼年期の終わり』

母との訣別、神代からの卒業

多分オリュンポスでもやる…と思う