「ポリス」とは何か

2部5章

ポリスとは

日本語で『都市国家』。

古代ギリシャにおいて建設・運営された政体。
各ポリスごとに異なる政治体制を持っているため抗争は耐えなかったが、言語・宗教、デルフォイの神託、オリンピアの祭典などによって同じ民族としての意識を持ち続けていた。

f:id:ymm_520:20191109134135j:plain
LB5には幾つかのポリス(都市国家)があることがわかっている

アクロポリス(小高い丘、城山)
ポリスの中心部にある丘で、丘の上に神殿や砦が築かれている。
敵の侵入を防ぐ要塞としての役割を持つ。
共同体のシンボルとして守護神が祀られた。

アゴラ(市場、公共広場)

ポリスの公共空間。人が集まり商取引が行われたため、市場として機能した。

シノイキスモス(集住)
有力貴族たちがアクリポリスの周辺に集まり住み、ポリスを建設したこと。

ポリス間で結ばれた『隣保同盟』

隣保同盟とは、隣接するポリスが神事など共同の行事を通じて同盟を結ぶこと。

デルフォイにあるアポロン神殿の隣保同盟が最も有名。 

神殿には多数の奉納物が保管されていたため、その管理権を巡って隣保同盟間やポリス間で戦争になることもあった。

デルフォイの神託とポリスの関係

デルフォイとは 

ギリシャ中部にある聖域で、アポロン神殿がある。

デルフォイの神託

『神託』とは神の予言のことで、すべてのギリシャ人にとって真実と尊ばれている。

そのため、多くのポリスがアポロン神殿に行き政治・外交について予言を貰いに行った。

ポリスにおいて重要な決定をする時は、この神託に判断を委ねていた。

f:id:ymm_520:20191109143431j:plain
キリシュタリアは『予言』の能力を持つサーヴァントを従えている

LB5にいる預言者のサーヴァント=アポロン?

f:id:ymm_520:20191109154320j:plain
右から2番目の月桂冠を被っているのがアポロンか

アポロンが月桂冠を被っている理由↓

art.pro.tok2.com

オリンピアの祭典

大神ゼウスに捧げる神事として行われた古代のオリンピック。

ポリスでは慢性的な争いが起こっていたが、この祭典のために休戦期間が設けられた。

ゼウスは男神であり参加者は裸体で参加するため、大会は女人禁制とされた。

考察

各ポリスは守護神を祀っているが、この守護神の役割を担っているのがギリシャ異聞帯の神霊サーヴァントではないかと考える。

ポリスに住む異聞帯住民(人間)が守護神に従うままの世界?

また、キリシュタリアが従えている預言者のサーヴァントがポリスの住民に神託を伝えているのではないかと考える。
(アポロンはパリスと共に実装されているので、預言者がアポロンではない可能性もある)

コメント