二十六夜の月

 

 

二十六夜とは

旧暦7月26日の月。

f:id:ymm_520:20191105222817j:plain

 

月待ちの風習

江戸時代では二十六夜待ちといって、旧暦7月26日の月を阿弥陀三尊の出現と拝む風習があった。

所謂、江戸時代の「夏フェス」である。

wanosuteki.jp

 

上がってくるのは細い弓形の上限の月。

水平線から顔を出す一瞬、月の船の上に観音・勢至の両脇侍(わきじ)を従わせた阿弥陀如来の姿が見えるというのです。

宴に疲れ、眠い目をこすりながら待っていた江戸の人々はこの出現にざわめきたったことでしょう。

月にかかる仏の姿に、幸せを祈った瞬間です。

 

二十六夜月の化身・愛染明王

二十六夜は愛染明王の化身といわれている。

愛染明王は愛欲を司るため、二十六夜月は「愛の月」ともいわれる。

二十六夜の逆三日月の形をした月が、愛染明王が弓を引く姿を想起させるらしい…

 

月を幻視する祭壇

静岡県の南伊豆町に「二十六夜山」という山がある。

(「南伊豆の魔境」と呼ばれている)

はるかな昔、この山の山頂で月待ちの行事が催されたという言い伝えがある。

山頂には 「月を拝む祭壇」があるのだという。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました