山海経に登場する妖怪たち〜中山経〜

山海経

中国に伝わる地理書『山海経』の中山経に登場する地名・妖怪・植物を出た順にまとめました。

  1. 中山経・薄山の首
    1. 甘棗山
    2. 歴児山
      1. 杤木
    3. 渠猪山
      1. 豪魚
    4. 葱聾山
    5. 涹山
    6. 脱扈山
      1. 植褚
    7. 金星山
      1. 天嬰
    8. 泰威山
    9. キョウ谷山
    10. 呉林山
    11. 牛首山
      1. 鬼草
      2. 飛魚
    12. 霍山
      1. 朏朏
    13. 合谷山
    14. 陰山
      1. 雕棠
    15. 鼓鐙山
      1. 栄草
  2. 中山経の二の巻・済山経
    1. 煇諸山
    2. 発視山
    3. 豪山
    4. 鮮山
      1. 鳴蛇
    5. 陽山
      1. 化蛇
    6. 昆吾山
      1. 蠪蚔
    7. 荔山
      1. 芒草
    8. 独蘇山
    9. 蔓渠山
      1. 馬腹
  3. 中山経の三の巻・萯山の首
    1. 敖岸山
      1. 夫諸
    2. 青要山
      1. 武羅
      2. 荀草
    3. 騩山
      1. 飛魚
    4. 宜蘇山
    5. 和山
      1. 泰逢
  4. 四の巻・釐山の首
    1. 鹿蹄山
    2. 扶猪山
    3. 厘山
      1. 犀渠
      2. 〔ケツ〕ダツ
    4. 箕尾山
    5. 柄山
    6. 白辺山
    7. 熊耳山
      1. 葶苎
    8. 牡山
    9. 讙挙山
  5. 五の巻・薄山の首
    1. 苟床山
    2. 首山
      1. 䲦鳥
    3. 県斸山
    4. 葱聋山
    5. 条谷山
    6. 超山
    7. 成候山
    8. 朝歌山
    9. 槐山
    10. 歴山
    11. 尸山
    12. 良余山
    13. 蛊尾山
    14. 升山
    15. 陽虚山
  6. 六の巻・縞羝山の首
    1. 平縫山
      1. 驕虫
    2. 縞羝山
    3. 廆山
      1. 鴒【要鳥】
    4. 瞻諸山
    5. 娄涿山
    6. 白石山
    7. 穀山
    8. 密山
      1. 旋亀
    9. 長石山
    10. 傅山
    11. 橐山
      1. 脩辟
    12. 常烝山
    13. 夸父山
    14. 陽華山
      1. 苦辛
  7. 七の巻・苦山の首
    1. 休与山
      1. 帝・台の棋
      2. 夙条
    2. 鼓鐘山
      1. 焉酸
    3. 姑媱山
      1. 女尸
    4. 苦山
      1. 山膏
      2. 黄棘
      3. 無条
    5. 堵山
      1. 天匾
    6. 放皋山
      1. 蒙木
      2. 文文
    7. 大苦山
      1. 牛傷
    8. 半石山
      1. 嘉栄
      2. 鯩魚
      3. 䲢魚
    9. 少室山
      1. 帝休
      2. 【魚帝】魚
    10. 泰室山(中嶽)
      1. 栯木
      2. 䔄草
    11. 講山
      1. 帝屋
    12. 嬰梁山
    13. 浮戯山
      1. 亢木
    14. 少陉山
      1. 【艹冈】草
    15. 太山
    16. 末山
    17. 役山
    18. 敏山
      1. 蓟柏
    19. 大騩山
      1. ロウコン
    20. 八の巻・荊山の首
    21. 景山
    22. 荊山
    23. 驕山
      1. 鼉囲
    24. 女几山
    25. 宜諸山
    26. 綸山
    27. 陸䣀山
    28. 光山
      1. 計蒙
    29. 岐山
      1. 涉鼉
    30. 銅山
    31. 美山
    32. 大尧山
    33. 霊山
    34. 竜山
    35. 衡山
    36. 石山
    37. 若山
    38. 彘山
    39. 玉山
    40. 讙山
    41. 仁挙山
    42. 師毎山
    43. 琴鼓山
  8. 九の巻・岷山の首
    1. 女几山
    2. 岷山
    3. 崃山
    4. 崌山
      1. 窃脂
    5. 高梁山
    6. 草(草の名を欠く)
    7. 蛇山
      1. 【犭也】狼
    8. 鬲山
    9. 隅陽山
    10. 岐山
    11. 勾祢山
    12. 風雨山
    13. 玉山
    14. 熊山
    15. 騩山
    16. 葛山
    17. 贾超山
  9. 十の巻
    1. 首陽山
    2. 虎尾山
    3. 繁缋山
    4. 勇石山
    5. 復州山
      1. 跂踵
    6. 楮山
    7. 又原山
    8. 涿山
    9. 丙山
  10. 十一の巻・荊山の首
    1. 翼望山
    2. 朝歌山
      1. 莽草
    3. 帝囷山
    4. 視山
    5. 前山
    6. 豊山
      1. 雍和
      2. 耕父
    7. 兔床山
      1. 鶏穀
    8. 皮山
    9. 瑶碧山
    10. 支離山
      1. 嬰芍
    11. 祑簓山
    12. 堇理山
      1. 青耕
    13. 依轱山
    14. 即谷山
    15. 鶏山
    16. 高前山
      1. 帝の奨水
    17. 遊戯山
    18. 従山
    19. 嬰䃌山
    20. 篳山
    21. 楽馬山
      1. 【犭戾】
    22. 葴山
    23. 嬰山
    24. 虎首山
    25. 嬰侯山
    26. 大孰山
    27. 卑山
    28. 倚帝山
      1. 狙如
    29. 鯢山
    30. 雅山
    31. 宣山
      1. 帝女の桑
    32. 衡山
    33. 豊山
      1. 羊桃
    34. 妪山
    35. 鮮山
      1. 【犭多】即
    36. 章山
    37. 大支山
    38. 区呉山
    39. 声匈山
    40. 大騩山
    41. 踵臼山
    42. 歴石山
      1. 梁渠
    43. 求山
    44. 丑陽山
      1. 【鸟只】鵌
    45. 奥山
    46. 服山
    47. 杳山
    48. 几山
      1. 聞膦
  11. 十二の巻・洞庭の首
    1. 篇遇山
    2. 雲山
    3. 亀山
    4. 丙山
    5. 風伯山
    6. 夫夫山
      1. 于児
    7. 洞庭山
    8. 暴山
    9. 即公山
    10. 尧山
    11. 江浮山
    12. 真陵山
    13. 陽帝山
    14. 柴桑山
    15. 栄余山

中山経・薄山の首

全15山、6670里(937里)。
歴児が冢。
供え物には毛、太牢を用い、県には吉玉を用いる。
そのた13の山は一匹の羊を用い、県と嬰には桑封(桑で作った神主)を用い、埋めても糈はしない。

甘棗山

頂上に杻木が多い。

■読み:たく

■種類:草

■特徴:葵の本、杏の葉、黄色い花、莢の実

■効果:懵(めしい)を癒やす

■読み:な

■種類:獣

■特徴:キ鼠(未詳)のような姿、文様のある題

■効果:瘿を癒やす

歴児山

山には樫の木が多い。

杤木

■読み:れいぼく

■種類:木

■特徴:方茎(四角い茎)、丸い葉、黄色い花、毛がある、楝のような実

■効果:物忘れをしない

渠猪山

山には竹が多い。

豪魚

豪魚

■読み:ごうぎょ

■種類:魚

■特徴:鮪のような姿、赤い喙、尾に赤いひれが多い

■効果:白癣を癒やす

葱聾山

山中には大きい谷が多く、白土や黒・青・黄の色土が多い。

涹山

山には赤銅が多く、北には鉄が多い。

脱扈山

植褚

■読み:しょくちょ

■種類:草

■特徴:葵の葉のような姿、赤い花、棕の莢のような実

■効果:癙を癒やす、目が霞まなくなる

金星山

天嬰

■読み:てんえい

■特徴:竜骨のような姿

■効果:痤を癒やす

泰威山

山中に梟谷という谷があり、谷には鉄が多い。

キョウ谷山

山中に赤銅が多い。

呉林山

山中にフジバカマが多い。

牛首山

鬼草

■読み:きそう

■種類:草

■特徴:葵のような葉、赤い茎、禾のような秀

■効果:憂を消す

飛魚

■特徴:鮒魚のような姿

■効果:痔・下痢を癒やす

霍山

木には穀が多い。

朏朏

■読み:こつこつ

■種類:獣

■特徴:狸のような姿、白い尾、鬣

■効果:飼うと憂さ晴らしになる

合谷山

薝棘(未詳)が多い。

陰山

砺石・文石が多い。

雕棠

■読み:とうどう

■種類:草

■特徴:楡の葉のような四角の葉、赤菽のような実

■効果:聾を癒やす

鼓鐙山

赤銅が多い。

栄草

■読み:えいそう

■種類:草

■特徴:柳のような葉、鶏の卵のような本

■効果:風を癒やす

中山経の二の巻・済山経

全9山、1670里(1770里)
山の神はみな人面で鳥の体で、毛を用いて祀る。
吉玉をひとつ用いて、投げうって糈はしない。

煇諸山

山には桑が多い。
獣には闾(黒い羊)・麋が多く、鳥には鹖が多い。

発視山

頂上には金・玉が多く、麓には砥石が多い。

豪山

山には金・玉が多く、草木はない。

鮮山

金・玉が多く、草木はない。

鳴蛇

鳴蛇

■読み:めいだ

■特徴:蛇のような姿、四つの翼、磬のような声

■効果:邑が大いに旱する

陽山

石が多く、草木はない。

化蛇

化蛇

■読み:かだ

■特徴:人面のような顔、豺(山犬)の体、鳥の翼、喚くような声

■効果:邑に洪水が起こる

昆吾山

山には赤銅が多い。

蠪蚔

■読み:ろうち

■種類:獣

■特徴:彘のような姿、角、叫ぶような声

■効果:目が霞まない

荔山

頂上には金・玉が多く、麓には青雄黄が多い。

芒草

■読み:ぼうそう

■種類:木

■特徴:棠のような姿、赤い葉

■効果:魚を毒する

独蘇山

草木はなく、水が多い。

蔓渠山

頂上に金・玉が多く、麓には竹・箭が多い。

馬腹

馬腹

■読み:ばふく

■種類:獣

■特徴:人面のような顔、虎の体、嬰児のような声、人を食べる

中山経の三の巻・萯山の首

全5山、440里(80里)
一匹の牡羊を用いて泰逢・熏池・武羅を祀る。
嬰には吉玉を用いる。そのうち二神は一羽の雄鶏を用いて埋める。
糈には稌を用いる。

敖岸山

山の南には㻬琈の玉が多く、北には赭・黄金が多い。
神・熏池が住み、常に美玉がある。

夫諸

夫諸

■読み:ふしょ

■種類:獣

■特徴:白鹿のような姿、四つの角

■効果:現れた邑に洪水が起こる

青要山

帝の秘密の都であり、北に河曲(黄河のくま)を望み、駕鳥が多い。
南には禅渚を望み、僕累、蒲盧が多い。
この山は女子に良い。

武羅

武羅

■読み:ぶら

■種類:神

■特徴:人面、豹の文様、小さい腰、白い歯、耳を穿って耳輪で飾っている、鳴玉のように鳴く

■読み:よう

■種類:鳥

■特徴:凫のような姿、青い身、朱い目、赤い尾

■効果:妊娠しやすくなる

荀草

■読み:じゅんそう

■種類:草

■特徴:フジバカマのような姿、方茎、黄色い花、赤い実、藁のような茎

■効果:美人になる

騩山

山には見事な棗があり、山の北には㻬琈の玉がある。

飛魚

■特徴:豚のような頭、赤い文様

■効果:雷を恐れず、剣難を防ぐ

宜蘇山

頂上には金・玉が多く、麓には蔓居の木が多い。

和山

山には草木がなく、瑶・碧が多い。
九水が集まるところで、この山は5つに曲がり9つの水が流れ、合して北流し河に注ぐ。
水中には蒼玉が多い。

泰逢

泰逢

■読み:たいほう

■種類:神

■特徴:人形、虎の尾、萯山の南に住み出入りする時は発光する、天地の気を動かす

四の巻・釐山の首

全9山、1670里。
山の神は人面で獣身で、一羽の白い雉を用いて祀り祈っても糈はしない。
白雉には采を着せる。

鹿蹄山

頂上には玉が多く、麓には金が多い。水中には泠汵石が多い。

扶猪山

山には礝石が多い。

■読み:ぎん

■種類:獣

■特徴:貉のような姿、人間の目

厘山

山の南には玉が多く、北には蒐が多い。

犀渠

■読み:さいきょ

■種類:獣

■特徴:牛のような姿、蒼い身、嬰児のような声、人間を食べる

〔ケツ〕ダツ

■種類:獣

■特徴:怒った犬のような顔、鱗、彘の鬣のような毛

箕尾山

穀・涂石が多い。山には㻬琈の玉が多い。

柄山

頂上には玉が多く、麓には銅が多い。山には羬羊が多い。

■読み:ばつ

■種類:木

■特徴:樗のような姿、桐のような葉、莢の実

■効果:魚を毒する

白辺山

頂上には金・玉が多く、麓には青雄黄が多い。

熊耳山

頂上には漆が多く、麓には棕が多い。

葶苎

■読み:ていねい

■種類:草

■特徴:蘇のような姿、赤い花

■効果:魚を毒する

牡山

頂上には文様のある石が多く、麓には竹・箭・竹䉋が多い。
獣には㸲牛・羬羊が多く、鳥には赤鷩が多い。

讙挙山

水中に馬腸(腹?)の物が多い。

五の巻・薄山の首

全16山、2982里。升山が冢。
太牢(牛・羊・豚)を用いて祀り、嬰には吉玉を用いる。
首山は䰠で、稌、黒色の生贄、太牢、甘酒を用いて祀る。
干舞を奏し、鼓を連ねる。嬰には一璧を用いる。
尸水は天に続くので、一匹の肥えた黒犬を用いて祀る。
天には一羽の雌鶏、地には一匹の牝羊の血を捧げる。嬰には吉玉を用いる。
生贄は采で飾り、飲食を勧める。

苟床山

草木はなく、怪石が多い。

首山

山の北には穀・柞が多く、山の南には㻬琈の玉が多い。
草にはオケラ・芫が多く、木には槐が多い。北に机谷という谷がある。

䲦鳥

■読み:たいちょう

■種類:鳥

■特徴:梟のような姿、三つの目、耳がある、鹿のような声

■効果:冷え性に効く

県斸山

草木はなく、文様のある石が多い。

葱聋山

草木はなく、玤石が多い。

条谷山

木には槐・桐が多く、草には芍薬、蔓冬が多い。

超山

山の北には蒼玉が多く、南には井戸がある。冬に水があり、夏には枯れる。

成候山

山には櫄木が多く、草には芃(薬草)が多い。

朝歌山

谷には美しい色土が多い。

槐山

谷には金・錫が多い。

歴山

木には槐が多く、山の南には玉が多い。

尸山

蒼玉が多く、獣には麖が多い。

良余山

山には穀・柞が多く、石はない。

蛊尾山

砥石・赤銅が多い。

升山

木には穀・柞・棘が多く、草には藷藇・蕙・寇脱が多い。

陽虚山

金が多く、玄扈の水に臨む。

六の巻・縞羝山の首

全14山、790里(802里)。
6月に中央の嶽を祀る。諸嶽の祭法のようにすると天下太平になる。

平縫山

南には伊・洛を望み、東には穀城の山を望む。
草木はなく、水なく、沙石が多い。

驕虫

■読み:きょうちゅう

■種類:神

■特徴:人形、二つの首、螫虫(針を持つ虫)、一羽の雄鶏を用いて祀り、禳をして殺さない。

縞羝山

草木はなく金・玉が多い。

廆山

山の北には㻬琈の玉が多く、その西に雚谷という谷がある。
木には柳・楮が多い。

鴒【要鳥】

■読み:れいよう

■種類:鳥

■特徴:山鶏のような姿、長い尾、丹の火のように赤い、青い喙、自分の名で鳴く

■効果:目が霞まない

瞻諸山

山の南には金が多く、山の北には文様のある石が多い。

娄涿山

草木はなく、金・玉が多い。水中には茈石・文石が多い。

白石山

恵水が山の南より南流して洛に注ぐ。水中には美玉が多い。
澗水が山の北より西北流し、穀水に注ぐ。水中には麋石・栌丹が多い。

穀山

頂上には穀が多く、麓には桑が多い。水中には碧緑が多い。

密山

山の南には玉が多く、山の北には鉄が多い。草木はない。

旋亀

■読み:せんき

■特徴:鳥の首、鼈の尾、木を裂くような声

長石山

草木はなく、金・玉が多い。西に共谷という谷があり、ここには竹が多い。
水中には鳴石が多い。

傅山

草木はなく瑶・碧が多い。水中には人魚が多い。西に墦冢という林がある。

橐山

樗・备木が多い。山の南には金・玉が多く、山の北には鉄・萧が多い。

脩辟

■読み:しゅうへき

■種類:魚

■特徴:黾のような姿、白い喙、鸱のような声

■効果:白癣を癒やす

常烝山

草木はなく、色土が多い。水中には蒼玉が多い。

夸父山

木には棕・楠や竹・箭が多い。獣には【牛乍】牛、羬羊が多く、鳥には鷩が多い。
山の南には玉が多く、山の北には鉄が多い。山の北には桃林という林があり、ここには馬が多い。

陽華山

山の南には金・玉が多く、山の北には青雄黄が多い。草には藷藇が多い。

苦辛

■読み:くしん

■種類:草

■特徴:橚のような姿、瓜のような実、甘酸っぱい味

■効果:瘧を癒やす

七の巻・苦山の首

全19山、1184里(1056里)
うち16人の神は猪身で人面であり、一匹の羊を用いて祀る。
嬰には一つの藻玉を用いて埋める。苦山・少室・太室が冢である。太牢の供え物を用いて祀り、嬰には吉玉を用いる。神の姿は人面で三つの首がある。輩は猪身で人面である。

休与山

帝・台の棋

■種類:石

■特徴:五色、文様あり、鶉の卵のような姿、諸々の神々に祈る際に用いる

■効果:蛊(惑乱の病)にならない

夙条

■読み:しゅくじょう

■種類:草

■特徴:蓍のような姿、赤い葉、本は群がり生える

■効果:簳の材になる

鼓鐘山

帝・台が諸々の神々に觞をするところである。
頂上には砺が多く、麓には砥が多い。

焉酸

■読み:えんさん

■種類:草

■特徴:方茎、黄色い花、丸い葉の三つ重ね

■効果:解毒になる

姑媱山

女尸

■読み:じょし

■種類:草

■特徴:天帝の娘が死して䔄草になった姿、茂った葉、黄色い花、ネナシカズラのような実

■効果:人に愛される

苦山

山膏

■読み:さんこう

■種類:獣

■特徴:豚のような姿、丹の火のように赤い、よく人間を罵る

黄棘

■読み:こうきょく

■種類:木

■特徴:黄色い花、丸い葉、蘭のような実

■効果:子ができない

無条

■読み:むじょう

■種類:草

■特徴:丸い葉、茎はない、赤い花、実をつけない

■効果:首のこぶができない

堵山

神・天愚が住んでいる。怪しげな雨・風が多い。

天匾

■読み:てんぺん

■種類:木

■特徴:方茎、葵の姿

■効果:むせぶことがない

放皋山

水中には蒼玉が多い。

蒙木

■種類:木

■特徴:槐のような葉、黄色い花、実は付けない

■効果:惑わない

文文

■種類:獣

■特徴:蜂のような姿、分かれた尾、反り返った舌、よく叫ぶ

大苦山

㻬琈の玉・麋玉が多い。

牛傷

■読み:ぎゅうしょう

■種類:草

■特徴:楡のような葉、方茎、蒼い傷、蒼い文様のある根

■効果:のぼせず、剣難を防ぐ

半石山

嘉栄

■読み:かえい

■種類:草

■特徴:一丈余りの高さ、赤い葉、赤い花、花が咲いても実らない

■効果:雷を怖がらなくなる

鯩魚

■読み:りんぎょ

■種類:魚

■特徴:黒い文様、鮒のような姿

■効果:睡眠を少なくできる

䲢魚

■読み:とうぎょ

■種類:魚

■特徴:鳜のような姿、水中の穴に住む、蒼い文様、赤い尾

■効果:痈にならず、首の腫れ物を治す

少室山

たくさんの草木が群がり集まるところ。
頂上には玉が多く、麓には鉄が多い。

帝休

■読み:ていきゅう

■種類:木

■特徴:柳のような葉、五方に張った枝、黄色い花、黒い実

■効果:怒らなくなる

【魚帝】魚

■読み:ていぎょ

■種類:魚

■特徴:チュウイ(未詳)のような姿、長い蹴爪、白い足で向かい合う

■効果:惑乱の病にかからず、剣難を防ぐ

泰室山(中嶽)

山には美しい石が多い。

栯木

■読み:いくぼく

■種類:木

■特徴:梨のような葉、赤い木肌

■効果:嫉妬しない

䔄草

■種類:草

■特徴:オケラのような姿、白い花、黒い実、エビヅルのような沢

■効果:ぼけない

講山

山には玉が多く、柘・柏が多い。

帝屋

■種類:木

■特徴:椒のような葉、反り返った傷、赤い実

■効果:凶を避ける

嬰梁山

山には蒼玉が多く、黒石にくっついている。

浮戯山

山の東に蛇谷という谷がある。山には少辛(草)が多い。

亢木

■名前:こうぼく

■種類:木

■特徴:樗のような葉、赤い実

■効果:わくらんにならない

少陉山

【艹冈】草

■読み:こうそう

■種類:草

■特徴:葵のような葉、赤い茎、白い花、エビヅルのような実

■効果:愚かにならない

太山

■種類:草

■特徴:荻のような葉、赤い花

■効果:腫れ物を治す

末山

山には赤金が多い。

役山

山には白金・鉄が多い。

敏山

山の南には㻬琈の玉が多い。

蓟柏

■読み:けいはく

■種類:木

■特徴:荊のような姿、白い花、赤い実

■効果:寒がらない

大騩山

山の北には鉄・美玉・青土が多い。

ロウコン

■種類:草

■特徴:蓍のような姿、毛が生えている、青い花、白い実

■効果:早死せず、腹の病を治す

八の巻・荊山の首

全23山、2890里(3010里)。
山の神は鳥の体で人面、一羽の雄鶏を用いて祀る。一つの藻圭を用いて埋める。
驕山が冢。酒と少牢を用いて羞める。嬰には毛と一璧を用いる。

景山

山には金・玉が多く、木には柞・檀が多い。
水中には丹粟、文様のある魚が多い。

荊山

山の北には鉄が多く、南には赤金が多い。
山には犛牛、豹子、老虎が多い。木には松・柏が多く、草には竹、橘、柚が多い。
水中には黄金・鮫魚が多い。獣には黒い羊・大鹿が多い。

驕山

頂上には玉が多く、麓には青雘が多い。
木には松・柏が多く、桃枝・鉤端が多い。

鼉囲

■読み:だい

■種類:神

■特徴:人面、羊の角、虎の爪、雎漳の淵に遊び、出入りする時は光を放つ

女几山

頂上には玉が多く、麓には黄金が多い。
獣には豹・虎、山驴、麋鹿、麖、麂が多く、鳥には白鷮・雉・鸩が多い。

宜諸山

頂上には金・玉が多く、麓には青雘が多い。

綸山

木には梓・楠・桃枝が多く、柤・粟・橘・柚が多い。
獣には山驴、麈、羚羊、㚟が多い。

陸䣀山

頂上には㻬琈の玉が多く、麓には色土が多い。木には杻・橿が多い。

光山

頂上には碧が多く、麓には水が多い。

計蒙

計蒙

■読み:けいもう

■種類:神

■特徴:人身、竜の首、漳の淵に遊び、出入りするときには必ず旋風、暴風を伴う。

岐山

山の南には赤金、山の北には白珉が多い。頂上には金・玉が多く、麓には青雘が多い。
木には樗が多い。

涉鼉

■読み:しょうだ

■種類:神

■特徴:人身、四角い顔、三つの足

銅山

山には金・銀・鉄が多い。
木には穀・柞・柤・栗・橘・柚が多く、獣には豹が多い。

美山

獣には兕・牛、山驴・麈・彘・鹿が多い。
頂上には金が多く、麓には青雘が多い。

大尧山

木には松・柏が多く、梓・桑・机が多い。
草には竹が多く、獣には豹・虎・麢が多い。

霊山

頂上には金・玉が多く、麓には青雘が多い。
木には桃・李・梅・杏が多い。

竜山

山には寓木が多い。頂上には碧が多く、麓には赤錫が多い。
草には桃枝・鉤端が多い。

衡山

◇山:寓木、穀、柞、黄土、白土

石山

◇頂上:金

◇麓:青雘

若山

◇山:㻬琈の玉、赭、封石、寓木、柘

彘山

美しい石、柘

玉山

◇頂上:金、玉

◇麓:碧、鉄

◇木:柏

讙山

◇木:檀

封石、白錫が多い。

仁挙山

◇木:穀、柞

◇山:(北)赭、(南)赤金

師毎山

◇山:(北)青雘、(南)砥石

◇木:柏、檀、柘

◇草:竹

琴鼓山

◇頂上:白珉

◇麓:洗石

◇木:穀、柞、椒、柘

◇生息:(獣)猪、鹿、白犀 (鳥)鸩

九の巻・岷山の首

全16山、3500里(3650里)。
山の神は馬の体で竜の首を持ち、一羽の雄鶏を用いて埋める。米には稲を用いる。
文山、勾祢山、風雨山、騩山が冢で、酒と少牢の供え物を羞める。嬰には毛を一つの吉玉を用いる。
熊山は帝で、酒と太牢の供え物を羞めて祀る。嬰には毛と一璧を用いる。干の舞には兵を用い、禳をする。玉を用いて、冠の舞をして祈る。

女几山

◇山:石涅

◇木:杻、橿

◇草:菊、オケラ

◇水中:雄黄

◇獣:虎、豹

岷山

◇頂上:金、玉

◇麓:白珉

◇木:梅、棠

◇水中:亀、鼍(ワニの仲間)

◇生息:(獣)犀、象、夔牛 (鳥)翰、鷩

崃山

◇山:(北)麋鹿、麈 (南)黄金

◇植物:(木)檀、柘 (草)大韭、韭、約、空奪

崌山

◇植物:(木)楢、杻、梅、梓

◇水中:怪蛇、䲀魚

◇生息:(獣)夔牛、羚羊、㚟、犀、兕

窃脂

◆読み:せっし

◆種類:鳥

◆特徴:梟のような姿、赤い身、白い首

◆効果:火を防ぐ

高梁山

◇山:(頂上)色土、(麓)砥石

◇植物:(木)桃枝、鉤端

草(草の名を欠く)

◆特徴:葵のような姿、赤い花、莢の実、白いがく

◆効果:馬がよく駆ける

蛇山

◇山:(頂上)黄金 (麓)色土

◇植物:(木)栒、予章 (草)嘉栄、少辛

【犭也】狼

◆読み:しろう

◆種類:獣

◆特徴:狐のような姿、白い尾、長い耳

◆効果:国内に戦が起こる

鬲山

◇山:(北)白珉 (南)金

◇水中:白玉

◇生息:(獣)犀、象、熊、罴、手長猿、尾長猿

隅陽山

◇山:(頂上)金、玉 (麓)青雘

◇植物:(木)梓、桑 (草)紫草

◇水中:丹粟

岐山

◇山:(頂上)白金 (麓)鉄

◇植物:(木)梅、梓、杻、楢

勾祢山

◇山:(頂上)玉 (麓)黄金

◇植物:(木)櫟、柘 (草)芍薬

風雨山

◇山:(頂上)白金 (麓)石涅

◇植物:(木)棷、椫、楊

◇水中:蛇

◇生息:(獣)山驴、麋、麈、豹、虎 (鳥)白鷮

玉山

◇山:(北)赤金 (南)銅

◇植物(木)予章、楢、杻

◇生息:(獣)猪、鹿、羚羊、㚟 (鳥)鸩

熊山

◇山:(頂上)白玉 (麓)白金

◇植物:(木)樗、柳 (草)寇脱

熊の穴があり、常に神が現れる。夏に開き冬に閉じるが、穴が冬に開くと戦が起こる。

騩山

◇山:(北)鉄 (南)美玉、赤金

◇植物:桃枝、荊、杞

葛山

◇山:(頂上)赤金 (麓)瑊石

◇植物:(木)柤、栗、橘、柚子、楢、杻 (草)嘉栄

◇生息:(獣)羚羊、㚟

贾超山

◇山:(北)美しい赭 (南)黄土 (中)竜の髭

◇植物:(木)柤、栗子、橘子、柚子

十の巻

全9山、267里(310里)。
山の神は竜の体で人面、一羽の雄鶏を用いて祀る。5種の米を用いる。
楮山が冢であり、少牢の供え物と酒を羞めて祀る。嬰には毛と一璧を用いて埋める。
騩山は帝であり、酒と太牢の供え物を羞め、巫と祝の二人が舞う。
嬰には一璧を用いる。

首陽山

◇山:金、玉

◇植物:なし

虎尾山

◇山:(北)鉄 (南)赤金

◇植物:(木)椒、椐、封石

繁缋山

◇植物:(木)楢、杻 (草)枝勾

勇石山

◇植物:なし

白金、水が多い。

復州山

◇山:(南)黄金

◇木:檀

跂踵

◆読み:きしょう

◆種類:鳥

◆特徴:梟のような姿、一本の足、彘の尾

◆効果:現れた国に疫病が流行る

楮山

◇植物:(木)寓木、椒、椐、柘、色土

又原山

◇山:(北)鉄 (南)青雘

◇生息:(鳥)クヨク

涿山

◇山:(南)㻬琈の玉

◇植物:(木)穀、柞、杻

丙山

◇植物:(木)梓、檀、弞、杻

十一の巻・荊山の首

全48山、3732里(4220里)
山の神は彘の体で人首、一羽の雄鶏を用いて祀る。
一珪を用いて祈り、埋める。5種の精(せいはく)を用いる。
禾山が帝で、太牢の供え物を羞めて祀る。逆さにした獣、一璧と牛を用いる。
無常・堵山・玉山が冢であり、みな逆さにして祀る。毛と少牢を羞め、嬰には毛と吉玉を用いる。

翼望山

◇山:(頂上)松、柏 (麓)漆、梓 (北)珉 (南)赤金

◇水中:蛟

朝歌山

◇山:梓、楠木

◇水中:人魚

◇獣:羚羊、麋鹿

莽草

◆読み:ぼうそう

◆種類:草

◆効果:魚を毒す

帝囷山

◇山:(北)鉄 (南)㻬琈の玉 (麓)鳴蛇

視山

◇山:韭、天井(井戸の名前。夏に水があり、冬には枯れる)、桑、美しい色土、金、玉

前山

◇山:(北)赭 (南)金

◇植物:(木)櫧、柏

豊山

◇山:(頂上)金 (麓)穀、柞、杻、橿

九つの鐘があり、霜を感じて鳴る。

雍和

◆読み:ようわ

◆種類:獣

◆特徴:猿のような姿、赤い目、赤い喙、黄色い体

◆効果:国に大騒ぎが起こる

耕父

◆読み:こうほ

◆種類:神

◆特徴:清泠の淵で遊び、出入りする際に光を放つ

◆効果:国に災いが起こる

兔床山

◇山:(南)鉄

◇植物:(木)櫧予

鶏穀

◆読み:けいこく

◆種類:草

◆特徴:鶏の卵のような本、甘酸っぱい味

◆効果:食べたものは人に喜ばれる

皮山

◇植物:(木)松、柏

色土、赭が多い。

瑶碧山

◇山:(北)青雘 (南)白金

◇植物:(木)梓、楠木

◆読み:ちん

◆種類:鳥

◆特徴:雉のような姿、常に蜚(油虫)を食べる

支離山

◇生息:(獣)㸲牛、羬羊

嬰芍

◆読み:えいしゃく

◆種類:鳥

◆特徴:鵲のような姿、赤い目、赤い喙、白い体、勺のような尾、自分の名で鳴く

祑簓山

◇植物:(木)松、柏、桓、机

堇理山

◇山:(北)丹雘、金

◇植物:(木)松、柏、美しい梓

◇生息:(獣)豹、虎

青耕

◆読み:せいこう

◆種類:鳥

◆特徴:鵲のような姿、青い体、白い喙、白い目、白い尾、自分の名で鳴く

◆効果:疫病を防ぐ

依轱山

◇植物:(木)杻、橿、柤

◆読み:りん

◆種類:獣

◆特徴:犬のような姿、虎の爪、甲、よく跳ねてじゃれる

◆効果:風(しびれ病)にならない

即谷山

◇山:(北)青雘 (南)珉

◇生息:(獣)黒い豹、山驴、麈、羚羊、㚟

美しい玉が多い。

鶏山

◇植物:(木)美しい梓、桑 (草)韭

高前山

山:(頂上)金 (麓)赭

帝の奨水

◆特徴:冷たくて清らかな水

◆効果:心臓を痛めない

遊戯山

◇植物:(木)杻、橿、穀

玉、封石が多い。

従山

◇山:(頂上)松、柏 (麓)竹

◇水中:三足の尾が分かれた鼈(食べると惑乱・疫病にかからない)

嬰䃌山

◇山:(頂上)松、柏 (麓)梓、椿

篳山

◇山:㻬琈の玉

◇水中:水玉、蛟

楽馬山

【犭戾】

◆読み:れい

◆種類:獣

◆特徴:ハリネズミのような姿、丹の火のように赤い

◆効果:現れた国に疫病が流行る

葴山

◇水中:人魚、蛟、颉

嬰山

◇山:(頂上)金、玉 (麓)青雘

虎首山

◇植物:(木)柤、椆、椐

嬰侯山

◇山:(頂上)封石 (麓)赤錫

大孰山

◇水中:白土

卑山

◇山:桃、李、柤、梓、藤

倚帝山

◇山:(頂上)玉 (麓)金

狙如

◆読み:そじょ

◆種類:獣

◆特徴:鼣鼠(未詳)のような姿、白い耳、白い喙

◆効果:国に大戦が起こる

鯢山

◇山:(頂上)金 (麓)青雘

◇水中:美しい色土

雅山

◇山:(頂上)美しい桑 (麓)柤、赤金

◇水中:大魚

宣山

◇水中:蛟

帝女の桑

周囲五十尺、四方に張り出した枝、尺余りの葉、赤い木肌、黄色い花、青いがく

衡山

◇山:青雘、桑

◇生息:(鳥)クヨク

豊山

◇山:封石

◇植物:(木)桑

羊桃

◆読み:ようとう

◆種類:果物

◆特徴:桃のような形、四角い茎

◆効果:皮膚のハリを治す

妪山

◇山:(頂上)美玉 (麓)金

◇植物:(草)鶏穀

鮮山

◇山:(北)鉄 (南)金

◇植物:(木)楢、杻、柤 (草)蔓冬

【犭多】即

◆読み:いそく

◆種類:獣

◆特徴:膜犬(未詳)のような姿、赤い喙、赤い目、白い尾

◆効果:邑に火災が起こる

章山

◇山:(北)美しい石 (南)金

◇水中:脃石

大支山

◇山:(南)金

◇植物:(木)穀、柞 (草)なし

区呉山

◇植物:(木)柤

声匈山

◇山:封石

◇植物:(木)穀

玉が多い。

大騩山

◇山:(北)砥石(南)赤金

踵臼山

草木なし。

歴石山

◇山:(北)砥石(南)黄金

◇植物:(木)荊、杞

梁渠

◆読み:りょうきょ

◆種類:獣

◆特徴:狸のような姿、白い首、虎の爪

◆効果:国に大戦が起こる

求山

◇山:(北)鉄 (南)金

◇植物:(木)柤、䉋

◇水中:赭

丑陽山

◇山:椆、椐

【鸟只】鵌

◆読み:きよ

◆種類:鳥

◆特徴:烏のような姿、赤い足

◆効果:火を防ぐ

奥山

◇山:(南)㻬琈の玉

◇植物:(木)柏、杻、橿

服山

◇山:(頂上)封石 (麓)赤錫

◇植物:(木)柤

杳山

◇山:金、玉

◇植物:(草)嘉栄草

几山

◇植物:(木)楢、檀、杻 (草)香草

聞膦

◆読み:ぶんりん

◆種類:獣

◆特徴:彘のような姿、黄色い体、白い頭、白い尾

◆効果:天下に暴風が吹く

十二の巻・洞庭の首

全15山、2800里(1849里)。
山の神は鳥の体で竜首、一羽の雄鶏を用い、一匹の雌豚を傷つける。
稲を用い、夫夫山、即公山、尧山、陽帝山が冢である。
毛や玉を並べて埋め、酒と毛を用いて祈り、少牢を用いる。
嬰には毛と一つの吉玉を用いる。洞庭・栄余山が神であり、毛や玉を並べて埋める。
酒と太牢を用いて祈り、嬰には圭・璧を15個用いる。生贄は五色の色衣で飾る。

篇遇山

草木はなく、黄金が多い。

雲山

◇山:(頂上)黄金 (麓)㻬琈の玉

◇植物:草木なし、桂竹がある(毒性で人を傷つけると必ず死ぬ)

亀山

◇山:(頂上)黄金 (麓)青雄黄、扶竹(杖にする竹)

◇植物:(木)穀、柞、椆、椐

丙山

桂竹、黄金、銅、鉄が多く、木はない。

風伯山

◇山:(頂上)金、玉 (麓)痠石(未詳)、文石、鉄

◇植物:(木)柳、杻、檀、穀

山の東に莽浮林という、美しい木や鳥獣の多い林がある。

夫夫山

◇山:(頂上)黄金 (麓)青雄黄

◇植物:(木)桑 (草)竹、鶏鼓

于児

◆読み:うじ

◆種類:神

◆特徴:人形、体に二つの蛇がいる、常に江の淵で遊び、出入りする際は光を放つ

洞庭山

◇山:(頂上)黄金 (麓)銀、鉄

◇植物:(木)柤、梨、橘、柚子 (草)フジバカマ、蘪蕪、芍薬、芎窮

帝の二女がここに住み、江の淵、澧沅の風邪に遊び、湘の淵に行き交う。九江の間にあり、出入りの際はつむじ風・暴風を伴う。怪神が多く、人形で頭に蛇を戴き、左右の手に蛇を持っている。また、怪鳥も多い。

暴山

◇山:(頂上)黄金、玉 (麓)文石、鉄

◇植物:(木)棕、楠木、荆、杞、竹、箭、䉋、箘

◇生息:(獣)麋、鹿、麂、就(鷲)

即公山

◇山:(頂上)黄金 (麓)㻬琈の玉

◇植物:(木)柳、杻、檀、桑

◆読み:き

◆種類:獣

◆特徴:亀のような姿、白い体、赤い首

◆効果:火を防ぐ

尧山

◇山:(北)黄土 (南)黄金

◇植物:(木)荊、杞、柳、檀 (草)山芋、オケラ

江浮山

◇山:銀、砥石

◇植物:なし

◇生息:(獣)彘、鹿

真陵山

◇山:(頂上)黄金 (麓)玉

◇植物:(木)穀、柞、柳、杻 (草)栄草

陽帝山

◇植物:(木)橿、杻、山桑、楮

◇生息:(獣)羚羊、麝香鹿

美しい銅が多い。

柴桑山

◇山:(頂上)銀 (麓)碧、汵石、赭

◇植物:(木)柳、杞、楮、桑

◇生息:(獣)麋鹿、鹿、白蛇、飛蛇(霧に乗って飛ぶ)

栄余山

◇山:(頂上)銅 (麓)銀

◇植物:(木)柳、杞

◇生息:(虫)怪蛇、怪虫